潜水艦救難艦「ちはや」(2代)

ASR "Tihaya(2)"


ちはや
ASR403「ちはや」 Copyright JMSDF 海上自衛隊公式ホームページから転載
スペックデータ
排水量:(基)5,450t 主機:三井12V42M−Aディーゼル×2基 2軸推進
出力:19,500馬力
全長:128.0m
全幅: 20.0m
武装:
武装なし
深海救難装置を搭載
吃水:  3.0m
最大速力:21.0kt
乗員定数:125名

潜水艦救難艦「ちはや」(2代)について
 老朽化した潜水艦救難艦「ふしみ」の代艦として平成8年度計画で建造された艦。これまでの潜水艦救難艦「ちはや」(初代)や「ふしみ」では釣り鐘型の救助装置(レスキューチェンバー)しか搭載していなかったが、この「ちはや」(2代)からは潜水艦救難母艦「ちよだ」と同様にDSRV(Deep Submergence Rescue Vehicle:深海救難艇)を搭載し救難能力を向上させている。ただし「ちよだ」搭載のDSRVと本艦搭載のものとは互換性はない。
 DSRVの格納装置や医療施設の充実を図った結果、これまでの潜水艦救難艦に比べかなり船体が大型化している。救難装置としてはDSRV以外に深海潜水装置や大気圧潜水装置、探索用ソナーなどを装備しており医療施設も手術室やレントゲン装置、減圧設備などが備えられている。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工除籍建造所艦名の由来
403ちはや(2)
"Tihaya(2)"
H9.10.13H10.10.8H12.3.23 三井玉野大阪府の千早城から取った


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2016,01,10(First Up 2000,09,16)