潜水艦救難艦「ふしみ」

ASR "Husimi"


ふしみ
ASR402「ふしみ」
スペックデータ
排水量:(基)1,430t 主機:川崎・MAN V6V22ディーゼル×2基 1軸推進
出力:3,000馬力
全長: 76.0m
全幅: 12.5m
武装:
潜水艦乗員救難装置(チェンバー型)1基
吃水:  3.8m
最大速力:16.0kt
乗員定数:100名

潜水艦救難艦「ふしみ」について
 海上自衛隊の潜水艦勢力が増加され、呉の他に横須賀へ潜水艦基地が置かれるようになると、潜水艦救難艦として緊急対応するのに「ちはや」1隻では不十分であると考えられるようになった。そこで昭和42年度予算で計画建造されたのが海上自衛隊潜水艦救難艦2隻目となる「ふしみ」である。
 当艦は「ちはや」の拡大版として設計されており、搭載救助装置などは「ちはや」と同等である。ただし機関は若干強化されているため速力は若干高くなっている。またディーゼル機関が2基搭載されているので「ちはや」の1本煙突から2本煙突へ変更されている。
 竣工後は横須賀の第2潜水隊群に配属され東日本地域での任務に就いたが、昭和60年に就役した「ちよだ」と交替し、呉へ配属替えとなり西日本地域を担当することになった。
 当艦は代艦の「ちはや」(2代)の就役に伴い平成12年3月に除籍された。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工除籍建造所艦名の由来
402ふしみ
"Husimi"
S43.11.5S44.9.10S45.2.10H12.3.24住重浦賀京都府にある伏見城から取った


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2016,01,10(FirstUp 2000,09,28)