敷設艦「むろと」(2代)

ARC "Muroto(1)"


むろと
ARC483「むろと」(2代)Copyright JMSDF 海上自衛隊公式ホームページから転載
スペックデータ
排水量:(基)4,950t 主機:ダイハツディーゼル・ディーゼル機関×3基
       発電機×2基 2軸推進
出力:7,500馬力
全長:131.0m
全幅: 19.0m
武装:
武装なし
敷設装置を搭載
吃水:  5.7m
最大速力:18.0kt
乗員定数:110名

敷設艦「むろと」(2代)について
 老朽化により退役した敷設艦「むろと」の後継として建造された艦。当艦の進水(命名)前に旧「むろと」が退役しているため、艦名を引き継いでいる(退役前であれば重複するため同じ艦名が使えなかった)。旧「むろと」と同様、水中聴音機器や海中ケーブルなどの敷設揚収が任務と思われるが、詳細は開示されていない。
 船体は建造コスト縮減のため商船形式とされており、旧「むろと」にあった艦首部の大型ガントリーは廃止され艦尾からの敷設揚収のみとなっているため、これまでの海自敷設艦とは若干イメージの異なる外見となっている。敷設時の運用を容易とするためバウスラスター(艦首部に取り付けられた横向きの推進装置)やアジマススラスター(360度旋回が可能なポッドにスクリューを装備した推進装置)が装備されている。
 平成25年に竣工した当艦は、海洋業務群(母港:呉)に配備された。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工除籍建造所艦名の由来
483むろと(2)
"Muroto(2)"
H23.9.??H24.7.5H25.3.15 三菱下関高知県の室戸岬から取った


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2016,01,09