敷設艦「むろと」(初代)

ARC "Muroto(1)"


むろと
ARC482「むろと」(初代)Copyright JMSDF
スペックデータ
排水量:(基)4,500t 主機:川崎V8V22/30ATLディーゼル×4基 2軸推進
出力:8,800馬力
全長:133.0m
全幅: 17.4m
武装:
武装なし
敷設装置を搭載
吃水:  5.7m
最大速力:18.0kt
乗員定数:135名

敷設艦「むろと」について
 海上自衛隊の初代敷設艦「つがる」の代替艦として建造された敷設艦。旧海軍の敷設艦のように機雷敷設を行うのではなく、主に水中機器や海中ケーブルなどの敷設揚収が任務となる。
 艦首部には敷設・揚収に使用する大型ガントリーを備えているが、長距離の敷設が容易に行えるように艦後部にも敷設装置が取り付けられている。敷設時の低速運用を容易とするため可変ピッチプロペラやサイドスラスタを装備している。また、長期任務にも耐えられるよう、乗員の居住環境も改善が図られている。平時には敷設作業の他に観測任務にも従事できるよう各種観測機器も装備されている。
 当艦は老朽化のため、平成24年に退役している。

同型艦一覧
艦番艦名起工進水竣工除籍建造所艦名の由来
482むろと(1)
"Muroto(1)"
S53.11.28S54.7.25S55.3.27H24.4.4三菱下関高知県の室戸岬から取った


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2016,01,09(FirstUp 2000,09,16)