イ−361型 潜水艦(潜丁型)

"I-361" Class Submarines (Type"Sentei" or "Sen'yu-Oo")


潜丁型(側面図)
「潜丁型」(側面図)
スペックデータ(潜丁型)
 水上水中 
排水量:(常)1,779t2,215t全長:(全)73.50m
出力:1,850hp1,200hp全幅:8.90m
最大速力:13.0kt6.5kt吃水:4.76m
航続距離:10kt-15000浬3kt-120浬乗員数:55名
燃料搭載量:重油 302t安全潜行深度:75.0m
主機関:艦本式23号乙8型ディーゼル機関×2基、2軸推進
武装:
【魚雷2発搭載】53cm魚雷発射管2門(艦首2)(「イ−372」は魚雷装備せず)
40口径14cm単装砲1基、25mm単装機銃2基
(貨物等を艦内に65t(「イ−372」は90t)、艦外に20t搭載可能)
スペックデータ(潜丁型改)
 水上水中 
排水量:(常)1,926t2,240t全長:(全)74.00m
出力:1,750hp1,200hp全幅:8.90m
最大速力:13.0kt6.5kt吃水:5.05m
航続距離:13kt-5000浬3kt-100浬乗員数:55名
燃料搭載量:重油 搭載量不明安全潜行深度:100.0m
主機関:艦本式23号乙8型ディーゼル機関×2基、2軸推進
武装:
14口径8cm連装迫撃砲2基、25mm連装機銃3基、25mm単装機銃1基
(貨物等を艦内に100t、艦外に10t、また航空機用揮発油を150t搭載可能)

同型艦名(12隻+改型2隻(うち1隻未竣工):背景色灰色のものは未竣工艦)
イ−361"I-361"イ−362"I-362"イ−363"I-363"イ−364"I-364"イ−365"I-365"
イ−366"I-366"イ−367"I-367"イ−368"I-368"イ−369"I-369"イ−370"I-370"
イ−371"I-371"イ−372"I-372"   
(以下の艦は改型)
イ−373"I-373"イ−374"I-374" 

イ−361型潜水艦(潜丁型)について
 昭和17年(1942年)の改マル5計画で計画建造された輸送潜水艦。計画当初には陸戦隊や上陸用舟艇を搭載する強襲用として予定されていたが、ガダルカナルなどで孤立した陸軍部隊への輸送任務に通常の潜水艦を投入した結果、本来とは異なった運用により潜水艦隊の被害が増大し、また通常の巡洋潜水艦で運べる輸送量も知れていたもともあり、当クラスは輸送任務用として建造されることになった。
 当初は「魚雷発射管のない潜水艦なぞ建造するだけ無駄である」との意見があったため、自衛用に魚雷発射管を二門装備していたが、最終艦の「イ−372」では魚雷発射管を搭載せずに貨物搭載容積を増やしており、改型である「イ−373」以降の艦でも魚雷発射管は搭載されなかった。また連合軍の対潜レーダーが発達してきていたので、当クラスでは電探防止塗装や傾斜形状の艦橋(司令塔)などステルス艦のはしりとも言える設計が行われており、また日本潜水艦としては初となるシュノーケルによる水中充電装置も搭載されていた。
 全部で14隻(改型含む)が起工され終戦までに13隻が就役したが、うち10隻が戦没してしまっている。なお「イ−361」他六隻が後に「回天」搭載艦として改造された。

イ−361型潜水艦(潜丁型)の歴史
「イ−361」 
1943年 2月16日呉工廠にて起工
      10月30日進水
1944年 5月25日竣工
       8月23日〜ウェーキ島への輸送任務のため横須賀を出港。9月7日ウェーキ到着
9月17日横須賀へ帰還
      10月17日〜ウェーキ島への輸送任務のため横須賀を出港。10月29日ウェーキ到着
11月9日横須賀へ帰還
1945年 1月 9日〜ウェーキ島への輸送任務のため横須賀を出港。2月7日横須賀へ帰還
       2月〜回天搭載のための改修工事を実施
       5月23日回天轟隊(5基)を搭載して沖縄方面へ出撃後、消息不明となる
(5月30日(28日説あり)沖縄南東で米空母機の攻撃を受け沈没)
       8月10日除籍(6月25日戦没認定)
「イ−362」 
1943年 3月17日三菱重工神戸にて起工
      11月29日進水
1944年 5月23日(5月25日説あり)竣工
       8月23日〜ナウル、トラック方面への輸送任務のため横須賀を出港。9月14日ナウル到着
9月21日トラック到着。10月3日横須賀へ帰還
      10月24日〜南鳥島への輸送任務のため横須賀を出港。11月6日横須賀へ帰還
1945年 1月 1日〜メレヨン島への輸送任務のため横須賀を出港後、消息不明となる
(1月18日東カロリン諸島北方で米護衛駆「フレミング」の攻撃を受け沈没)
       4月10日除籍(2月15日戦没認定)
「イ−363」 
1943年 5月 1日呉工廠にて起工
      12月12日進水
1944年 7月 8日竣工
      10月 9日〜トラック、メレヨン方面への輸送任務のため横須賀を出港。11月15日横須賀へ帰還
      12月10日〜南鳥島への輸送任務のため横須賀を出港。26日横須賀へ帰還
1945年 3月 5日〜南鳥島への輸送任務のため横須賀を出港。30日横須賀へ帰還
       4月〜回天搭載のための改修工事を実施
       5月28日〜回天轟隊(5基)を搭載して沖縄方面へ出撃
       6月15日沖縄南東沖にて敵輸送船を雷撃、撃沈する(未確認)
       6月28日回天の発進機会を得られないまま本土へ帰還
       8月 8日〜回天多聞隊(5基)を搭載してパラオ方面へ出撃
12日ソ連軍参戦のため目的地を日本海へ変更するよう指令を受ける
       8月14日浮上航行中、敵機の銃撃を受け損傷を負うが呉へ帰還
       8月15日呉にて終戦を迎える
      10月29日呉から佐世保へ回航中、宮崎沖にて触雷沈没
      11月10日除籍
「イ−364」 
1943年 7月26日三菱重工神戸にて起工
1944年 2月15日進水
       6月14日竣工
       9月14日〜ウェーキ島への輸送任務のため横須賀を出航後、消息不明となる
(9月15日房総半島沖で米潜水艦「シー・デヴィル」の雷撃を受け沈没)
      12月10日除籍(11月2日戦没認定)
「イ−365」 
1943年 5月15日横須賀工廠にて起工
      12月17日進水
1944年 8月 1日竣工
      11月 1日〜トラックへの輸送任務のため横須賀を出港。15日トラック到着
物資等を揚陸後、16日に帰還のためトラックを出港
      11月25日位置通信後、消息不明となる
(11月28日東京湾南方で米潜水艦「スキャバードフィッシュ」の雷撃を受け沈没)
1945年 3月10日除籍(44年12月10日戦没認定)
「イ−366」 
1943年 8月26日三菱重工神戸にて起工
1944年 3月29日進水
       8月 3日竣工
      12月 3日〜パガン島への輸送任務のため横須賀を出港。28日横須賀へ帰還
1945年 1月末トラック島へ進出
       2月16日〜メレヨン島への輸送任務のためトラックを出港。3月3日横須賀へ帰還
       3月〜回天搭載のための改修工事を実施
       5月 6日改修後、回天搭載試験を実施中に光基地沖で触雷損傷
修理実施のため回天振武隊の出撃は中止となる
       8月 8日〜回天多聞隊(5基)を搭載して沖縄南東海域へ出撃
       8月11日パラオ北方にて敵船団を発見。回天3基を発進させる(戦果未確認)
       8月15日〜終戦のため本土へ帰還する。18日呉に帰還
      11月30日除籍。翌年4月1日、五島沖で海没処分される
「イ−367」 
1943年10月22日三菱重工神戸にて起工
1944年 4月28日進水
       8月15日竣工
      10月31日〜南鳥島への輸送任務のため横須賀を出港。11月12日横須賀へ帰還
      12月 4日〜ウェーキ島への輸送任務のため横須賀を出港。翌年1月1日横須賀へ帰還
1945年 1月〜回天搭載のための改修工事を実施
       5月 5日〜回天振武隊(5基)を搭載してサイパン北西海域へ出撃
       5月27日南大東島沖にて敵船団を発見。回天2基を発進させる(戦果未確認)
6月5日呉へ帰還
       7月19日〜回天多聞隊(5基)を搭載して沖縄南東海域へ出撃
       8月15日〜終戦のため本土へ帰還する。16日呉に帰還
      11月30日除籍。翌年4月1日、五島沖で海没処分される
「イ−368」 
1943年 7月15日横須賀工廠にて起工
1944年 1月29日進水
       8月25日竣工
1945年 2月20日〜回天千早隊を搭載して硫黄島方面へ出撃後、消息不明となる
(2月27日硫黄島南方で米空母機の攻撃を受け沈没)
       4月10日除籍(2月27日戦没認定)
「イ−369」 
1943年 9月 1日横須賀工廠にて起工
1944年 3月 9日進水
      10月 9日竣工
1945年 1月21日〜南鳥島、父島への輸送任務のため横須賀を出港。3月21日横須賀へ帰還
       3月末〜補給用揮発油の搭載改修を実施
       4月16日〜トラック、メレヨンへの輸送任務のため横須賀を出港。5月24日横須賀へ帰還
       5月末〜航空揮発油輸送のための改修を実施
       8月15日改修工事未完了のまま終戦を迎える
       9月15日除籍。米軍に接収され本国へ回航される。後に海没処分
「イ−370」 
1943年12月 4日三菱重工神戸にて起工
1944年 5月26日進水
       9月 4日竣工
1945年 2月20日〜回天千早隊(5基)を搭載して硫黄島方面へ出撃後、消息不明となる
(2月26日硫黄島南方で米護衛駆「フィネガン」の攻撃を受け沈没)
       4月10日除籍(3月24日戦没認定)
「イ−371」 
1944年 3月22日三菱重工神戸にて起工
       7月21日進水
      10月 2日竣工
      12月30日〜トラック、メレヨンへの輸送任務のため横須賀を出港。45年1月18日トラック到着
1月21日メレヨン到着。物資揚陸後トラックへ帰還
1945年 1月31日横須賀へ向けトラックを出航後、消息不明となる
(2月24日豊後水道にて米潜「ラガルト」の雷撃を受け沈没説と3月23日硫黄島
沖にて米駆「ハガード」の体当たりにより沈没説があるが、どちらも確証に欠ける)
       4月10日除籍(3月12日戦没認定)
「イ−372」 
1944年 2月10日横須賀工廠にて起工
       6月26日進水
      11月 8日竣工
1945年 2月中旬〜航空揮発油輸送のための改修を実施
       4月 1日〜ウェーキ島への輸送任務のため横須賀を出港。29日横須賀へ帰還
       6月15日〜ウェーキ島への輸送任務のため横須賀を出港。7月10日横須賀へ帰還
       7月18日横須賀に停泊中、敵機の爆撃を受け沈没
(人的損害なしとする資料と、戦死1名とする資料がある)
       9月15日除籍
「イ−373」(改型)
1944年 8月15日横須賀工廠にて起工
      11月30日進水
1945年 4月14日竣工
       6月16日〜横須賀を出港し、佐世保へ移動
       8月 9日〜台北へ向け佐世保出航後、消息不明となる
(8月13日東シナ海で米潜水艦「スパイクフィッシュ」の雷撃を受け沈没)
       9月15日除籍(8月14日戦没認定)
「イ−374」(改型)
1944年10月24日横須賀工廠にて起工
1945年 4月17日進水
       8月15日工程約4割の時点で終戦を迎える。後に解体処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,08,22(First Up 1999,07,11)