イ−201型 潜水艦(潜高型)

"I-201" Class Submarines (Type"Sentaka")


イ−202
「イ−202潜水艦」(1945年)
スペックデータ
 水上水中 
排水量:(常)1,291t1,450t全長:(全)79.0m
出力:2,750hp5,000hp全幅:5.80m
最大速力:15.8kt19.0kt吃水:5.46m
航続距離:14kt-5800浬3kt-135浬乗員数:31名
燃料搭載量:重油 145t安全潜行深度:110.0m
主機関:マ式(MAN)1号ディーゼル機関×2基、2軸推進
武装:
【魚雷10発搭載】53cm魚雷発射管4門(艦首4)
25mm単装機銃2基

同型艦名(3隻+未竣工5隻:背景色灰色のものは未竣工艦)
イ−201"I-201"イ−202"I-202"イ−203"I-203"イ−204"I-204"イ−205"I-205"
イ−206"I-206"イ−207"I-207"イ−208"I-208"  

イ−201型潜水艦(潜高型)について
 太平洋戦争中期以降、高性能化する米軍対潜兵器により日本潜水艦の被害が増大し、昭和18年(1943年)末に軍令部は「米軍の執拗な爆雷攻撃から逃れるためには水中速力の高速化しかない」との結論を出し、水中高速型の潜水艦建造に着手した。
 昭和19年3月には早速第一号艦の建造に着手し突貫工事で建造が進められた。船形は「ロ−35」型に近いスタイルであるが、水中速力を高めるためモーターは1,250馬力のものを四基直列に配置し水中での出力を5,000馬力にまで高めた。このため水中速力19ノットという当時としては驚異的な速力を発揮している。さらに船体はドイツから技術提供された高張力綱の全溶接構造としたため、安全潜行深度は日本海軍潜水艦で最高の110メートルとなっている。また水中抵抗を減少させるため司令塔を小型化したり、上甲板の備砲も船体内部への引き込み式に改められるなどの工夫もされた。
 終戦までに潜高型は八隻が起工され、うち三隻が完成したが結局戦場へ出ることはなく、終戦後米軍に接収され研究調査の後海没処分されている。
 主機関故障の多さや蓄電池の整備性の悪さなど信頼性に欠ける部分や、水上航行時の安定性が悪い・潜航時間が遅いなど問題点も多く残されており、まだまだ技術的に未完成な艦であったが、戦後に建造された海上自衛隊初の国産潜水艦「おやしお」型も当クラスを参考にして設計が行われたと言われている。  なお、小型の「ハ−201」型を『潜高小型』と呼称することから当タイプを『潜高大型』と呼ぶこともある。ちなみに『潜高』は『潜水高速』の略なので「せんこう」と読むべきであろうが、なぜか読みは「せんたか」である(他クラスの甲型などとの混同を嫌ったためか?)。

潜水艦 イ−201型(潜高型)の歴史
「イ−201」 
1944年 3月 1日呉工廠にて起工
       7月22日進水
1945年 2月 2日竣工
       4月15日第11潜水戦隊に編入
       6月15日第34潜水隊に編入
       8月15日第15潜水隊に編入。舞鶴で終戦を迎える
      11月30日除籍。米軍に接収され、米本国へ運ばれる
1946年 1月米軍の調査後、ハワイ沖で海没処分される
2005年 3月20日ハワイ大学の研究チームが沈没位置を特定、船体を発見する
「イ−202」 
1944年 5月 1日呉工廠にて起工
       9月 2日進水
1945年 2月12日(14日説あり)竣工
       4月10日主電池火災のため損傷を負い、呉工廠にて修理を実施
同日第11潜水戦隊に編入
       6月15日第34潜水隊に編入
       8月15日第15潜水隊に編入。舞鶴で終戦を迎える
      11月30日除籍。米軍に接収される。翌年4月5日向後岬にて海没処分
「イ−203」 
1944年 6月 1日呉工廠にて起工
      10月20日進水
1945年 5月29日(6月25日説あり)竣工。同日第11潜水戦隊に編入
       8月15日呉で終戦を迎える
      11月30日除籍。米軍に接収され、米本国へ運ばれる
1946年 1月米軍の調査後、ハワイ沖で海没処分される
「イ−204」 
1944年 8月 1日呉工廠にて起工
      12月16日進水
1945年 6月22日工程約9割の時点で米軍機の攻撃を受け沈没
1948年 2月〜引き揚げ後、播磨造船にて解体
「イ−205」 
1944年 9月 4日呉工廠にて起工
1945年 2月15日進水
       7月28日工程約8割の時点で工事中止。倉橋島で敵機の攻撃を受け沈没
1948年 5月〜引き揚げ後、播磨造船にて解体
「イ−206」 
1944年10月27日呉工廠にて起工
1945年 3月25日(26日説あり)進水
       8月15日工程約8割5分の時点で工事中止。終戦を迎える
1946年10月〜解体処分される
「イ−207」 
1944年12月27日呉工廠にて起工
1945年 4月17日工程約2割の時点で工事中止
1946年 4月〜解体処分される
「イ−208」 
1945年 2月17日呉工廠にて起工
       4月17日工程約5分(4割5分説あり)の時点で工事中止
1946年 4月〜解体処分される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,08,22(First Up 1999,07,10)