ハ−201型 潜水艦(潜高小型)

"Ha-201" Class Submarines (Type"Sentaka-Ko")


潜高小型
「ハ−202潜水艦」(1945年)
スペックデータ
 水上水中 
排水量:(常)376t440t全長:(全)53.0m
出力:400hp1,250hp全幅:4.00m
最大速力:11.8kt
(10.5kt説あり)
13.9kt吃水:3.44m
航続距離:10kt-3000浬2kt-100浬
(3kt-105浬説あり)
乗員数:26名
燃料搭載量:重油 搭載量不明安全潜行深度:100.0m
主機関:中速ディーゼル機関×1基、1軸推進
武装:
【魚雷4発搭載】53cm魚雷発射管2門(艦首2)
7.7mm単装機銃1基

同型艦名(10隻+未竣工32隻+計画中止32隻:背景色灰色のものは未竣工艦背景色茶色のものは計画中止
ハ−201"Ha-201"ハ−202"Ha-202"ハ−203"Ha-203"ハ−204"Ha-204"
ハ−205"Ha-205"ハ−206"Ha-206"ハ−207"Ha-207"ハ−208"Ha-208"
ハ−209"Ha-209"ハ−210"Ha-210"ハ−211"Ha-211"ハ−212"Ha-212"
ハ−213"Ha-213"ハ−214"Ha-214"ハ−215"Ha-215"ハ−216"Ha-216"
ハ−217"Ha-217" 〜 ハ−240"Ha-240"ハ−246"Ha-246"ハ−247"Ha-247"
ハ−241"Ha-241" 〜 ハ−245"Ha-245"ハ−248"Ha-248" 〜 ハ−279"Ha-279"

ハ−201型潜水艦(潜高小型)について
 昭和19年(1944年)末に「イ−201」型の設計思想を応用して建造された小型潜水艦がこの潜高小型である。この時期になると物資不足が大きな問題となっており、軍需物資も特攻兵器建造に優先使用されていたが、水中特攻兵器である「回天」や「蛟龍」「海龍」などでは航続距離が不足しており、運用が基地周辺に限られてくるため本土決戦を想定したときに不安があった。そこで集中運用が可能なこの型が建造されたのである。
 「蛟龍」「海龍」などよりは一般潜水艦に近い形で、過去に海軍が運用したビッカース型潜水艦(C型)と同程度のサイズで、「ロ−35」型の戦時急造計画をベースに短期間での竣工を目指したものとなっている。
 終戦間際の建造計画のため計画数や起工済みの数には諸説あるが、本ページでは74隻建造計画のうち10隻竣工、32隻未竣工、32隻未着手とした。なお、竣工した艦は本土決戦用に温存されており実戦任務に参加した艦はない。
 余談だが、終戦の翌日に竣工した「イ−216」は「第160号海防艦」とともに、日本海軍の艦艇として最後に竣工した艦となった。(昭和20年8月17日に建造中の艦艇について建造中止命令が出されている)

ハ−201型潜水艦(潜高小型)の歴史
「ハ−201」 
1945年 3月 1日佐世保工廠にて起工
       4月23日進水
       5月31日竣工
       8月15日内地で練習任務に従事中、終戦を迎える
      11月30日除籍。翌年4月、五島沖で海没処分される
「ハ−202」 
1945年 3月 1日佐世保工廠にて起工
       4月23日進水
       5月31日竣工
       8月15日内地で練習任務に従事中、終戦を迎える
      11月30日除籍。翌年4月、五島沖で海没処分される
「ハ−203」 
1945年 4月 5日佐世保工廠にて起工
       5月25日進水
       6月26日竣工
       8月15日内地で練習任務に従事中、終戦を迎える
      11月30日除籍。翌年4月、五島沖で海没処分される
「ハ−204」 
1945年 4月 5日佐世保工廠にて起工
       6月 1日進水
       6月25日竣工
       8月15日内地で練習任務に従事中、終戦を迎える
      11月30日除籍。翌年10月、油津湾で座礁。1948年引き揚げ後解体
「ハ−205」 
1945年 4月17日佐世保工廠にて起工
       5月14日進水
       7月 3日竣工
       8月15日内地で練習任務に従事中、終戦を迎える
      11月30日除籍。翌年5月、伊予灘で海没処分される
「ハ−206」 
1945年 3月19日川崎重工泉州にて起工
       7月 1日進水
       8月15日工程約9割5分の時点で終戦を迎える
       8月25日台風のため湾内で沈没。翌年4月、引き揚げ後紀伊水道で海没処分
「ハ−207」 
1945年 4月23日佐世保工廠にて起工
       5月26日進水
       8月14日竣工
       8月15日内地待機中に終戦を迎える
      11月30日除籍。翌年4月、向後岬沖で海没処分される
「ハ−208」 
1945年 5月 1日佐世保工廠にて起工
       5月26日進水
       8月 4日竣工
       8月15日内地待機中に終戦を迎える
      11月30日除籍。翌年4月、五島沖で海没処分される
「ハ−209」 
1945年 5月 7日佐世保工廠にて起工
       5月31日進水
       8月 4日竣工
       8月15日内地待機中に終戦を迎える
      11月30日除籍。翌年11月、下関で爆破処分される
「ハ−210」 
1945年 5月14日佐世保工廠にて起工
       6月10日進水
       8月 4日竣工
       8月15日内地待機中に終戦を迎える
      11月30日除籍。翌年4月、向後岬沖で海没処分される
「ハ−211」 
1945年 4月 1日川崎重工泉州にて起工
       8月15日工程約4割の時点で終戦を迎える。進駐軍の命令で工事継続
1946年 4月進水。紀伊水道で海没処分される
「ハ−212」 
1945年 4月10日川崎重工にて起工
       6月25日進水
       8月15日工程約9割5分の時点で終戦を迎える
1946年 4月紀伊水道沖で海没処分される
「ハ−213」 
1945年 5月15日三菱重工神戸にて起工
       7月29日進水
       8月15日工程約9割3分の時点で終戦を迎える
1946年 4月紀伊水道沖で海没処分される
「ハ−214」 
1945年 5月15日三菱重工神戸にて起工
       6月25日進水
       8月15日工程約7割5分の時点で終戦を迎える
1946年 4月紀伊水道沖で海没処分される
「ハ−215」 
1945年 5月22日佐世保工廠にて起工
       6月15日進水
       8月15日工程約9割5分の時点で終戦を迎える
1946年 4月佐世保港外で海没処分される
「ハ−216」 
1945年 5月27日佐世保工廠にて起工
       6月19日進水
       8月15日竣工直前で終戦を迎える
       8月16日竣工
      11月30日除籍
「ハ−217」 
1945年 6月 2日佐世保工廠にて起工
       6月26日進水
       8月15日建造途中で終戦を迎える
1946年 4月佐世保港外で海没処分される
「ハ−218」 
1945年 6月 8日佐世保工廠にて起工
       7月 2日進水
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−219」 
1945年 6月15日佐世保工廠にて起工
       7月12日進水
       8月15日建造途中で終戦を迎える
1946年 4月佐世保港外で海没処分される
「ハ−220」 
1945年 5月10日川崎重工にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−221」 
1945年 4月20日川崎重工にて起工
       8月 4日進水
       8月15日建造途中で終戦を迎える
1946年 4月紀伊水道沖で海没処分される
「ハ−222」 
1945年 5月15日川崎重工にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−223」 
1945年 5月 1日川崎重工にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−224」 
1945年 6月 7日川崎重工にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−225」 
1945年 6月 7日川崎重工にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−226」 
1945年 6月16日川崎重工にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−227」 
1945年 7月10日川崎重工にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−228」 
1945年 6月21日佐世保工廠にて起工
       7月18日進水
       8月15日建造途中で終戦を迎える
1946年 4月佐世保港外で海没処分される
「ハ−229」 
1945年 6月27日佐世保工廠にて起工
       7月27日進水
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−230」 
1945年 7月 3日佐世保工廠にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−231」 
1945年 7月12日佐世保工廠にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−232」 
1945年 7月18日佐世保工廠にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−233」 
1945年 8月 1日佐世保工廠にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−234」 
1945年 5月15日川崎重工にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−235」 
1945年 6月 1日川崎重工にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−236」 
1945年 6月 1日川崎重工にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−237」 
1945年 7月10日三菱重工神戸にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−238」 
1945年 8月 1日三菱重工神戸にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−239」 
1945年 8月 1日三菱重工神戸にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−240」 
1945年 8月 1日三菱重工神戸にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−246」 
1945年 7月13日川崎重工にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−247」 
1945年 7月13日川崎重工にて起工
       8月15日建造途中で終戦を迎える。後に解体処分
「ハ−241」 〜 「ハ−245」
 佐世保工廠にて起工予定だったが、終戦のため計画中止
「ハ−248」 〜 「ハ−249」
 川崎重工にて起工予定だったが、終戦のため計画中止
「ハ−250」 〜 「ハ−253」
 三菱重工神戸にて起工予定だったが、終戦のため計画中止
「ハ−254」 〜 「ハ−258」
 佐世保工廠にて起工予定だったが、終戦のため計画中止
「ハ−259」 〜 「ハ−262」
 川崎重工にて起工予定だったが、終戦のため計画中止
「ハ−263」 〜 「ハ−266」
 三菱重工神戸にて起工予定だったが、終戦のため計画中止
「ハ−267」 〜 「ハ−271」
 佐世保工廠にて起工予定だったが、終戦のため計画中止
「ハ−272」 〜 「ハ−275」
 川崎重工にて起工予定だったが、終戦のため計画中止
「ハ−276」 〜 「ハ−279」
 三菱重工神戸にて起工予定だったが、終戦のため計画中止


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,08,23(First Up 1999,07,11)