ロ−57型 潜水艦(L3型)

"Ro-57" Class Submarines (Type L3)


第四六潜水艦
「第四六潜水艦」(1921年:進水時)
第四七潜水艦
「第四七潜水艦」(1922年:竣工直後)
スペックデータ
排水量(水上):(常)920.1t排水量(水中):1,102.7t全長:(全)72.72m
出力(水上):2,400hp出力(水中):1,600hp全幅:7.16m
最大速力(水上):17.1kt最大速力(水中):9.1kt吃水:3.96m
航続距離(水上):10ktで5,500浬航続距離(水中):4ktで80浬乗員数:46名
燃料搭載量:重油 98t安全潜行深度:60.0m
主機関:ビッカース式ディーゼル機関×2基+電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《魚雷8発搭載》53cm魚雷発射管4門(艦首4)、
28口径7.6cm単装高角砲1基

同型艦名(3隻)
ロ−57"Ro-57"ロ−58"Ro-58"ロ−59"Ro-59"

ロ−57型潜水艦(L3型)について

 ロ−53型(L2型)潜水艦の改良型で、熱帯地方での作戦を考慮して冷却装置を追加したもの。主兵装の魚雷は直径45センチから53センチのものに拡大されたが、L2型まであった舷側の発射管は廃止されたため、発射管数は六門から四門に減っている。他にも無線電信室の拡大や烹炊所の独立化など細かい設計修正も行われている。

 太平洋戦争開戦時点でまだ艦籍はあったが旧式化していたため前線で使用されることはなく、戦争初期には呉防備隊の警備艦として、中盤以降は係留練習艦(終戦直前になって「ロ−57」は甲標的の訓練支援艦)として使用された。


ロ−57型潜水艦(L3型)の歴史
「ロ−57」 
1919年11月20日三菱神戸造船所にて起工
1921年12月 3日進水
1922年 7月30日竣工。「第四六潜水艦」と命名
1924年11月 1日艦名を「呂号第五七潜水艦(ロ−57)」と改称
1941年頃太平洋戦争緒戦では呉防備隊の警備艦として使用
1943年頃練習艦として使用される
1945年頃小豆島にて甲標的の訓練を支援
       5月 1日予備艦に類別
      11月20日終戦のため除籍。後に呉港外に海没処分
「ロ−58」 
1921年 2月15日三菱神戸造船所にて起工
1922年 3月 5日進水
1922年11月25日竣工。「第四七潜水艦」と命名
1924年11月 1日艦名を「呂号第五八潜水艦(ロ−58)」と改称
1941年頃太平洋戦争緒戦では呉防備隊の警備艦として使用
1943年頃横須賀にて練習艦として使用される
1945年 5月 1日予備艦に類別
       9月15日終戦のため除籍。後に清水付近に海没処分
「ロ−59」 
1921年 5月18日三菱神戸造船所にて起工
1922年 6月28日進水
1923年 3月20日竣工。「第五七潜水艦」と命名
1924年11月 1日艦名を「呂号第五九潜水艦(ロ−59)」と改称
1941年頃太平洋戦争緒戦では呉防備隊の警備艦として使用
1943年頃潜水学校の練習艦として使用される
1945年 5月 1日予備艦に類別
      11月20日終戦のため除籍。後に伊予灘に海没処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,07,20(First Up 1999,04,10)