ロ−53型 潜水艦(L2型)

"Ro-53" Class Submarines (Type L2)


ロ−56
「ロ−56潜水艦」(1920年代末期)
スペックデータ
 水上水中 
排水量:(常)893t1,075.5t全長:(全)70.59m
出力:2,400hp1,600hp全幅:7.16m
最大速力:17.3kt10.4kt吃水:3.94m
航続距離:10kt-5500浬4kt-80浬乗員数:46名
燃料搭載量:重油 搭載量不明安全潜行深度:60.0m
主機関:ビッカース式ディーゼル機関×2基、2軸推進
武装:
【魚雷10発搭載】45cm魚雷発射管6門(艦首4、舷側2)
28口径7.6cm単装高角砲1基

同型艦名(4隻)
ロ−53"Ro-53"ロ−54"Ro-54"ロ−55(初代)"Ro-55(1)"ロ−56(初代)"Ro-56(1)"

ロ−53型潜水艦(L2型)について
 設計は「ロ−51」型(L1型)と同一であるが、「ロ−51」ではイギリスからの輸入品であった機関部を本クラスでは国産のライセンス品に改めている。また電池も国産(ライセンス品)を使用した最初の潜水艦である。
 L1型同様に船体舷側に魚雷発射管が左右1基ずつ搭載されていたが、艦内居住性改善のため後に撤去されている。
 大正から昭和初期にかけて第一潜水戦隊の中核として活躍しており、全艦とも太平洋戦争が始まる前に退役した。

潜水艦 「ロ−53」型の歴史
「ロ−53」 
1919年 4月 1日三菱神戸造船所にて起工
1920年 7月 6日進水
1921年 3月10日竣工。「第二七潜水艦」と命名
1924年11月 1日艦名を「呂号第五三潜水艦(ロ−53)」と改称
1940年 4月 1日除籍。艦名を「廃潜第11号」と改称
「ロ−54」 
1919年11月 1日三菱神戸造船所にて起工
1920年11月13日進水
1921年 9月10日竣工。「第二八潜水艦」と命名
1924年11月 1日艦名を「呂号第五四潜水艦(ロ−54)」と改称
1940年 4月 1日除籍。艦名を「廃潜第12号」と改称
「ロ−55」(初代) 
1920年 3月30日三菱神戸造船所にて起工
1921年 2月10日進水
1921年11月15日竣工。「第二九潜水艦」と命名
1924年11月 1日艦名を「呂号第五五潜水艦(ロ−55)」と改称
1940年 4月 1日除籍
「ロ−56」(初代) 
1920年 7月10日三菱神戸造船所にて起工
1921年 5月11日進水
1922年 1月 6日竣工。「第三〇潜水艦」と命名
1924年11月 1日艦名を「呂号第五六潜水艦(ロ−56)」と改称
1940年 4月 1日除籍。艦名を「廃潜第13号」と改称


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,07,20(First Up 1999,04,10)