ロ−51型 潜水艦(L1型)

"Ro-51" Class Submarines (Type L1)


ロ−51
「ロ−51潜水艦」(1920年代末期)
スペックデータ
 水上水中 
排水量:(常)886.2t1,075.5t全長:(全)70.59m
出力:2,400hp1,600hp全幅:7.16m
最大速力:17.0kt10.2kt吃水:3.90m
航続距離:10kt-5500浬4kt-80浬乗員数:45名
燃料搭載量:重油 搭載量不明安全潜行深度:60.0m
主機関:ビッカース式ディーゼル機関×2基、2軸推進
武装:
【魚雷10発搭載】45cm魚雷発射管6門(艦首4、舷側2)
28口径7.6cm単装高角砲1基

同型艦名(2隻)
ロ−51"Ro-51"ロ−52"Ro-52"

ロ−51型潜水艦(L1型)について
 イギリスのビッカース社からL型潜水艦(第一次大戦中に英海軍が建造した航洋型潜水艦。複数のタイプが全部で34隻建造されている)のライセンスを三菱造船が購入して作られたもので、海中型よりも小型である。艦の欠点としてはスクリューの取り付け位置が高かったので荒天中の水上航行時に空転を起こすことがあげられるが、単殻と複殻構造の良いとこ取りをした半複殻構造(サドルタンク式)を採用しており、ビッカース式機関の信頼性の高さもあって性能も安定した使いやすい艦であった。
 潜水艦の安定性が高まったこの型から日本海軍潜水艦の本格的な用兵研究が始まったと言え、本クラスも目立った艦歴こそないものの除籍されるまで訓練や研究に従事している。
 なお、三菱造船での潜水艦建造は本クラスが最初であったが、これが現代に至るまで川崎とシェアを二分する三菱の潜水艦メーカーとしての始まりであった。

ロ−51型潜水艦の歴史
「ロ−51」 
1918年 8月10日三菱神戸造船所にて起工
1919年10月10日進水
1920年 6月30日竣工。「第二五潜水艦」と命名
1924年11月 1日艦名を「呂号第五一潜水艦(ロ−51)」と改称
1940年 4月 1日除籍。艦名を「廃潜第10号」と改称
「ロ−52」 
1918年 8月10日三菱神戸造船所にて起工
1920年 3月 9日進水
      11月30日竣工。「第二六潜水艦」と命名
1924年11月 1日艦名を「呂号第五二潜水艦(ロ−52)」と改称
1932年 4月 1日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,07,20(First Up 1999,04,10)