ロ−33型 潜水艦(海中5型)

"Ro-33" Class Submarines (Type"Kaityuu5")


ロ−33
「ロ−33潜水艦」(1939年)
スペックデータ
 水上水中 
排水量:(常)940t1,200t全長:(全)73.0m
出力:3,000hp1,200hp全幅:6.70m
最大速力:19.0kt8.2kt吃水:3.25m
航続距離:12kt-8000浬3.5kt-90浬乗員数:61名
燃料搭載量:重油 108.7t安全潜行深度:75.0m
主機関:艦本式21号8型ディーゼル機関×2基、2軸推進
武装:
【魚雷10発搭載】53cm魚雷発射管4門(艦首4)
40口径7.6cm単装砲1基、13mm単装機銃1基

同型艦名(2隻)
ロ−33"Ro-33"ロ−34"Ro-34"

ロ−33型潜水艦(海中5型)について
 これまでに建造された海中型シリーズとは異なり、戦時急造潜水艦のプロトタイプ的な位置づけとして建造された艦。
 ロンドン海軍条約で潜水艦の保有量も制限されることになった海軍用兵側は「小型の艦で海大型に準ずる性能」を要求したため、当クラスは戦時量産を目指した艦にしてはオーバースペック気味となったが、機関に新開発された艦本式二一号八型ディーゼル(元となったのはビッカース式ディーゼル機関)を採用し水上速力や航続距離が向上している。また航洋性・水中運動性に優れており、艦内居住性も良くなっていたことから乗員達に評判が良かった。
 だが後に日本はロンドン海軍条約を脱退し保有制限にとらわれる必要が無くなったことから、海中5型ベースの小型艦量産は行われる事はなかった。

潜水艦 ロ−33(海中5型)の歴史
「ロ−33」 
1933年 8月 8日呉工廠にて起工
1934年10月10日進水
1935年10月 7日竣工
1941年12月〜太平洋戦争に参加。南方進出作戦に従事
1942年 4月〜ラバウルを拠点にポートモレスビー攻略を支援
       5月末〜本土へ帰還。休養や艦長交代などを行う
       7月末〜ラバウルへ進出。ポートモレスビー方面で作戦に従事
       8月29日ポートモレスビー沖で濠駆逐艦「アルンタ」の攻撃を受け沈没
      10月 5日除籍(同年9月1日戦没認定)
「ロ−34」 
1934年 4月25日三菱神戸造船所にて起工
1935年12月12日進水
1937年 5月31日竣工
1941年12月〜太平洋戦争に参加。南方進出作戦に従事
1942年 4月〜ラバウルを拠点にポートモレスビー攻略を支援
       5月末〜本土へ帰還。休養や艦長交代などを行う
       7月末〜ラバウルへ進出。ツラギ・ガダルカナル方面で作戦に従事
      12月〜本土へ帰還。修理などを実施
1943年 3月〜ラバウルへ進出。ツラギ方面で作戦に従事
       4月 2日〜「い号作戦」のためガダルカナル方面へ出撃
       4月 6日イサベル島付近で米駆「オバノン」の攻撃を受け沈没
       9月15日除籍(同年5月2日戦没認定)


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,08,02(First Up 1999,05,29)