ロ−29型 潜水艦(特中型)

"Ro-29" Class Submarines (Type"Tokutyuu")


ロ−31
「ロ−31潜水艦」(1935年頃)
スペックデータ
 水上水中 
排水量:(常)852.3t886.4t全長:(全)74.22m
出力:1,200hp1,200hp全幅:6.12m
最大速力:13.0kt8.5kt吃水:3.73m
航続距離:10kt-9000浬4kt-85浬乗員数:44名
燃料搭載量:重油 搭載量不明安全潜行深度:45.7m
主機関:ズルサー式1号ディーゼル機関×2基、2軸推進
武装:
【魚雷8発搭載】53cm魚雷発射管4門(艦首4)
40口径12cm単装砲1基

同型艦名(4隻)
ロ−29"Ro-29"ロ−30"Ro-30"ロ−31"Ro-31"ロ−32"Ro-32"

ロ−29型潜水艦(特中型)について
 海中型と同じ船体設計を用い、機関のみをズルサー式1号(600馬力×2)に変更した船体で、日本海軍唯一の通商破壊作戦用中型潜水艦として開発されたのがこの特中型である。海中4型よりも速度は低下したが、機関が小型化した分だけ燃料搭載量が増え航続距離は9,000浬と5割増になり、ハワイを行動半径に収めることが出来るようになった。なお海軍公式発表では特中型の航続距離は海中4型と同じであるという欺瞞情報が流されていた。
 しかし第一次大戦後に戦利艦としてドイツの巡洋潜水艦(U−125)を入手し、大型巡洋潜水艦の研究が進んだため、これ以上の特中型の発展は行われなかった。
 ちなみに三番艦の「ロ−31」は二度も事故をおこし沈没(そして二度とも浮揚)しており、日本海軍一の不運な潜水艦と言えよう。

ロ−29型潜水艦(特中型)の歴史
「ロ−29」 
1921年 6月 2日川崎造船所にて起工
1922年12月 5日進水
1923年 9月15日竣工。「第六八潜水艦」と命名
1924年11月 1日艦名を「呂号第二九潜水艦(ロ−29)」と改称
1936年11月 1日除籍
「ロ−30」 
1921年 6月27日川崎造船所にて起工
1923年 1月18日進水
1924年 4月29日竣工。「第六九潜水艦」と命名
1924年11月 1日艦名を「呂号第三〇潜水艦(ロ−30)」と改称
1942年 4月 1日除籍。潜水学校の係留練習船となる。戦後解体処分
「ロ−31」 
1921年 9月25日川崎造船所にて起工
1923年 2月15日進水
       8月21日公試中に淡路島沖で沈没事故。乗員及び造船関係者88名が殉職
 浮揚後、修繕され再度海軍に納入。「第七〇潜水艦」と命名
1924年 3月19日佐世保港外で軽巡洋艦「龍田」と衝突事故。沈没。乗員44名殉職
      11月 1日艦名を「呂号第三一潜水艦(ロ−31)」と改称
      12月24日浮揚後、分解され再起工する
1927年 5月10日竣工。再就役する
1941年太平洋戦争開戦時には予備艦であった
1942年 2月〜現役に復帰。本土沿岸部の哨戒任務などに従事
1944年 1月31日予備艦に類別
1945年 5月25日除籍。翌年4月、向後崎沖にて海没処分
「ロ−32」 
1921年10月24日川崎造船所にて起工
1923年 3月19日進水
1924年 5月31日竣工。「第七一潜水艦」と命名
1924年11月 1日艦名を「呂号第三二潜水艦(ロ−32)」と改称
1942年 4月 1日除籍。潜水学校の係留練習船となる。戦後解体処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2000,03,29(First Up 1999,04,11)