ロ−11型 潜水艦(海中1型)

"Ro-11" Class Submarines (Type"Kaityuu1")


第一九潜水艦
「第一九潜水艦」(1920年頃)
スペックデータ
 水上水中 
排水量:(常)783t1,030t全長:(全)69.19m
出力:2,600hp1,200hp全幅:6.35m
最大速力:18.2kt9.1kt吃水:3.43m
航続距離:10kt-4000浬4kt-85浬乗員数:46名
燃料搭載量:重油 60t安全潜行深度:30.0m
主機関:ズルサー式2号ディーゼル機関×2基、2軸推進
武装:
【魚雷10発搭載】45cm魚雷発射管4門(艦首)、45cm魚雷発射筒2基(甲板上)
28口径7.6cm単装高角砲1基

同型艦名(2隻)
ロ−11"Ro-11"ロ−12"Ro-12"

ロ−11型潜水艦(海中1型)について
 フランスに発注・建造された「ハ−9型」(S型)を元に船体を大型化し、機関をスイス製のズルサー式ディーゼルエンジンに換装して水上速力18ノット以上を目指したのがこの「ロ−11」型で、フランス製S型潜水艦をベースにしたローブーフ式の複殻船体を持つ日本海軍が初めて設計した航洋型潜水艦である。
 しかしスイスは内陸国で潜水艦用ディーゼルエンジンの製造経験が無かったためか、就役後もエンジンの不調が続き満足な運用ができず、大正10年(1921年)に行われた台湾方面への長期巡航訓練では機関不調により本クラス二隻とも途中脱落してしまっている。
 甲板上(艦橋前部)に設置された高角砲は、水中航行時には抵抗を減らす為に艦内へ引き込むような構造をしていた。また、魚雷発射管のうち二基は船体上構内に旋回式として搭載されている。
 なお日本海軍での艦型呼称である「海中」とは「海軍中型」の略である。

ロ−11型潜水艦(海中1型)の歴史
「ロ−11」 
1917年 4月25日呉工廠にて起工
      10月15日進水
1919年 7月31日竣工。「第一九潜水艦」と命名
1924年11月 1日艦名を「呂号第一一潜水艦(ロ−11)」と改称
1932年 4月 1日除籍
「ロ−12」 
1917年 4月25日呉工廠にて起工
      12月 1日進水
1919年 9月18日竣工。「第二〇潜水艦」と命名
1924年11月 1日艦名を「呂号第一二潜水艦(ロ−12)」と改称
1932年 4月 1日除籍。艦名を「廃潜第1号」と改称


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,07,19(First Up 1998,10,31)