ロ−1型 潜水艦(F1型)

"Ro-1" Class Submarines (Type F1)


第一八潜水艦
「第一八潜水艦」(1920年代初頭)
第二一潜水艦
「第二一潜水艦」(1920年:竣工直前の撮影と言われる。隣には「第一八潜水艦」も並んでいる)
スペックデータ
排水量(水上):(常)717t排水量(水中):1,047t全長:(全)65.58m
出力(水上):2,600hp出力(水中):1,200hp全幅:6.07m
最大速力(水上):17.8kt最大速力(水中):8.2kt吃水:4.19m
航続距離(水上):10ktで3,500浬航続距離(水中):4ktで75浬乗員数:43名
燃料搭載量:重油 58t安全潜行深度:50.0m
主機関:フィアット式ディーゼル機関×2基+サヴィリアーノ式電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《魚雷8発搭載》45cm魚雷発射管5門(艦首3、艦尾2)、
(1920年代初頭に短7.5cm単装砲1基を追加)

同型艦名(2隻)
ロ−1"Ro-1"ロ−2"Ro-2"

ロ−1型潜水艦(F1型)について

 潜水艦隊の近代化を図るべく「ハ−9」と同時期に建造された潜水艦。イタリアのフィアット社からライセンスを取得して川崎造船所が建造を行ったため、フィアットの頭文字からF型潜水艦とも呼ばれている。。
 イタリア海軍のローレンチ造船技師が開発設計した複殻式構造であったが、工作が微妙で実用的ではなく設計値と実際の耐圧能力にも差がありすぎ、搭載したディーゼル機関の不調と相俟って完全な失敗作であった。しかし船体の大きさの割には艦の前後に魚雷発射管を持つなど重武装が施されてもいた。
 特に目立った艦歴もなく、退役後は潜水艦の救難実験のため自沈処分となっている。


ロ−1型潜水艦の歴史
「ロ−1」 
1917年 1月15日川崎造船所にて起工
1919年 7月28日進水
1920年 3月31日竣工。「第一八潜水艦」と命名
1924年11月 1日艦名を「呂号第一潜水艦(ロ−1)」と改称
1932年 4月 1日除籍
1934年10月潜水艦救難実験のため自沈処分
「ロ−2」 
1918年 7月 1日川崎造船所にて起工
1919年11月22日進水
1920年 4月20日竣工。「第二一潜水艦」と命名
1924年11月 1日艦名を「呂号第二潜水艦(ロ−2)」と改称
1932年 4月 1日除籍
1934年10月潜水艦救難実験のため自沈処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,07,19(First Up 1998,10,10)