特殊潜航艇 蛟竜(甲標的 丁型)

Midget Submarine "Kouryuu" ("Kou-Hyouteki Type-4")


蛟竜
蛟竜(舞鶴工廠にて:1945年)
スペックデータ
 水上水中 
排水量:不明59.3t全長:(全)26.25m
出力:600hp600hp全幅:2.04m
最大速力:8.0kt18.0kt全高:3.81m
航続距離:7kt−980浬16kt−11浬(2.5kt−125浬)乗員数:5名
燃料搭載量:蓄電池200基+重油(ディーゼル発電用)搭載量不明潜行深度:100.0m
主機関:蓄電池式電動機1基+ディーゼル発電式電動機1基、同軸反転推進
武装:
[魚雷2発搭載]45cm魚雷発射管2門(艦首2)

建造数
蛟竜(初期型および量産型)約115隻(諸説あり)

特殊潜航艇 蛟竜について
 敵艦隊の漸減作戦のために計画建造された「甲標的」だったが、外洋への進出には母艦が必要になるなど行動に制限が大きかった。そのため航続力を大きくし、また船体も大きくすることで凌波性の改善や乗員数の増加を図った改良型が開発されることになった。
 計画当初は「甲標的」丁型と呼ばれていた改良型試作機は昭和19年(1944年)5月に完成し、7月までに各種の試験が完了した。丁型はブロックごとに分けた建造やボルト結合によるブロック接合(通常の潜水艦のような溶接を行わず、どちらかというと魚雷の組み立てに近い建造方法)での大量生産が計画されており、同年9月から呉工廠や大浦崎工場(広島県に建設された特殊潜航艇基地)などで建造が開始された(後に横須賀や舞鶴の各工廠や民間造船所でも建造が行われている)。戦局の悪化もあって、丁型は決戦兵器として昭和20年秋までに600隻(秋以降にも1000隻)もの大量建造が計画され、昭和20年5月28日には制式兵器として「蛟竜」(資料によっては「蛟龍」)の名称で採用された。
 完成した蛟竜は、国内にあった特殊潜航艇基地や各鎮守府などへ配属されたが、決戦兵器との位置づけから実戦への参加は行われていない。ただし三隻が沖縄へ進出しており、沖縄本島本部地区の運天基地(隊長の名前から鶴田隊と呼ばれていた)に所属して攻撃に参加しているが、全艇とも戦没してしまっている。

特殊潜航艇 蛟竜が参加した作戦
 
1945年 3月25日那覇沖迎撃のため沖縄運天基地発進(二隻10名)。戦果不明。未帰還
1945年 3月26日沖縄運天基地にて発進準備中だった一隻(5名)が、敵機の攻撃を受け沈没


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,04