ロ−100型 潜水艦(小型)

"Ro-100" Class Submarines (Type"Kogata")


ロ−109
「ロ−109潜水艦」(1943年)
スペックデータ
 水上水中 
排水量:(常)601t782t全長:(全)60.90m
出力:1,000hp760hp全幅:6.00m
最大速力:14.2kt8.0kt吃水:3.51m
航続距離:12kt-3500浬3kt-60浬乗員数:38名
燃料搭載量:重油 50t安全潜行深度:75.0m
主機関:艦本式24号6型ディーゼル機関×2基、2軸推進
武装:
【魚雷8発搭載】53cm魚雷発射管4門(艦首4)
25mm連装機銃1基

同型艦名(18隻)
ロ−100"Ro-100"ロ−101"Ro-101"ロ−102"Ro-102"ロ−103"Ro-103"ロ−104"Ro-104"
ロ−105"Ro-105"ロ−106"Ro-106"ロ−107"Ro-107"ロ−108"Ro-108"ロ−109"Ro-109"
ロ−110"Ro-110"ロ−111"Ro-111"ロ−112"Ro-112"ロ−113"Ro-113"ロ−114"Ro-114"
ロ−115"Ro-115"ロ−116"Ro-116"ロ−117"Ro-117"  

ロ−100型潜水艦(小型)について
 昭和15年頃に着想された『沿岸用小型潜水艦による南方諸島の基地防衛』のために建造された小型潜水艦。小型ではあるが太平洋を航行するために艦首乾舷を高くして凌波性を持たせ、また南方での作戦を重視して船体の割に大型の冷却装置を搭載、居住性が高められている。建造にブロック工法を採用したため工期は短縮されており、どの艦も起工から一年ほどで竣工している。
 戦局が厳しくなると、当クラスにも大型潜水艦なみの作戦行動を求められるようになり、乗員の増員(2直制38名から3直制55名に増)や搭載燃料の増加が行われたので居住性が悪化し、乗員達からの評判は良くなかったといわれる。
 昭和19年5月に第51潜水隊所属の「ロ−104」「ロ−105」「ロ−106」「ロ−108」「ロ−116」の五隻が「あ号作戦(マリアナ海域での米艦隊迎撃)」のためアドミラリティ諸島方面で展開中に、日本海軍の潜水艦運用方法の欠点(一線上に潜水艦数隻を並べた散開線を構成する戦法で、敵を見落とす可能性も低いが戦法を読まれた場合は全艦が簡単に発見されやすい)に気づいた米駆逐艦から芋蔓式に撃沈されたのをはじめ、小型潜全艦が戦争中に没している。

注意!「このページは同型艦が多いため年表を2ページに分けております。このページの一番下に
2ページ目へのリンクを貼ってありますので「ロ−110」以降の艦についてはそちらをご覧ください。」
ロ−100型潜水艦(小型)の歴史
「ロ−100」 
1941年 6月30日呉工廠にて起工
      12月 6日進水
1942年 9月23日竣工
      12月20日〜トラックへ進出。翌年1月6日に出撃するも機関故障のためトラックへ引き返す
1943年 2月 3日〜ラバウル経由でポートモレスビー方面の哨戒任務に従事
       2月14日ポートモレスビー南方で敵駆逐艦の攻撃を受け損傷を追う。20日ラバウルへ帰還
       4月 1日〜「い号作戦(ガ島・ニューギニアへの爆撃)」支援のためラバウルを出撃するも
ジャイロコンパス故障のためラバウルへ引き返す
       4月22日〜ガダルカナル島南東海域にて哨戒任務に従事
       7月 2日〜レンドバ方面へ向け出撃。シンボ島に不時着した味方搭乗員を救助し
ブイン経由で12日にラバウルへ帰還
       8月 7日〜ラバウルを出港するも機関漏油のためラバウルへ引き返す
       9月 7日〜ニューギニア北方にて哨戒任務に従事。10日ラバウルへ帰還
      11月10日〜ブーゲンビル方面にて哨戒任務に従事。19日ラバウルへ帰還
      11月23日〜ブインへの輸送任務にため出撃
      11月25日輸送任務中、オマエ島西方で触雷・沈没
1944年 2月 5日除籍(11月25日戦没認定)
「ロ−101」 
1941年 9月30日川崎重工にて起工
1942年 4月17日進水
      10月31日竣工
1943年 1月〜トラック経由でラバウルに進出
       2月 8日〜ニューギニア南方海域の哨戒任務に従事。28日ラバウルへ帰還
       3月 5日〜「八十一作戦(ビスマルク海海戦)」遭難者救助のためラバウルを出港
45名の漂流者を救助し、ラバウルへ帰還
       4月30日〜ニューギニア南東、サマライ島沖、ガッカイ島沖などで哨戒任務に従事
       7月 8日〜クラ湾方面へ出撃するが、米駆「テイラー」の砲撃を受け損傷。ラバウルへ引き返す
       8月 7日〜修理後、コロンバンガラ方面への哨戒任務に従事。26日ラバウルへ帰還
       9月10日〜サンクリストバル島方面へ向けラバウルを出撃後、消息不明となる
(9月15日サンクリストバル島南東で米駆「ソーフレイ」の攻撃を受け沈没)
      12月 1日除籍(10月11日戦没認定)
「ロ−102」 
1941年 9月30日川崎重工にて起工
1942年 4月 7日進水
      11月17日竣工
1943年 1月25日〜トラック経由でラバウルに進出。ニューギニア南方海域で哨戒任務に従事
3月15日ラバウルへ帰還
       3月30日〜「い号作戦」支援のためラバウルを出撃。ラビ南東海域へ向かう
       5月 9日ラビ方面で状況報告の通信後、消息不明となる(5月14日ミルン湾(ニューギニア島東端)付近で米魚雷艇「PT-150」「PT-152」の攻撃を受け沈没)
       7月15日除籍(6月2日戦没認定)
「ロ−103」 
1941年 6月30日呉工廠にて起工
      12月 6日進水
1942年10月21日竣工
1943年 2月 4日〜ニューギニア東南方面で哨戒任務に従事。28日ラバウルへ帰還
       3月 5日〜「八十一作戦」遭難者救助のためラバウルを出港
15日座礁したため救助を中止し、離礁後ラバウルへ帰還
       3月20日〜「い号作戦」支援のためラバウルを出撃。4月20日ラバウルへ帰還
       5月 9日〜ガダルカナル東方海域にて哨戒任務に従事。6月1日ラバウルへ帰還
       6月12日〜ガ島東方海域からガッカイ島方面の哨戒任務に従事。7月4日ラバウルへ帰還
       7月11日〜レンドバ島、ヴァングヌ島方面の哨戒任務に従事
       7月28日レンドバ島方面で敵情報告の通信後、消息不明となる(沈没原因不明)
      11月 1日除籍(8月10日戦没認定)
「ロ−104」 
1941年11月19日川崎重工にて起工
1942年 7月11日進水
1943年 2月25日竣工
       6月〜北方部隊に所属し、アッツ島西方の哨戒任務に従事。7月28日横須賀へ帰還
       8月14日〜ラバウルを拠点にラエ、スルミへの輸送任務やフィンシュハーフェン
方面の哨戒任務などに従事(11月上旬まで)
      12月 4日〜ブーゲンビル島方面、ダンピール海峡の哨戒任務やスルミ、ガリ島への
輸送任務などに従事。翌年2月12日呉へ帰還
1944年 4月 2日〜トラック南方海域の哨戒任務に従事。5月10日サイパンへ帰還
       5月16日〜哨戒任務のためサイパンを出撃後、消息不明となる
(5月23日アドミラリティ諸島北方で米護衛駆「イングランド」の攻撃を受け沈没)
       8月10日除籍(6月25日戦没認定)
「ロ−105」 
1941年11月19日川崎重工にて起工
1942年 7月11日進水
1943年 3月 5日竣工
       6月〜北方部隊に所属し、アッツ島西方の哨戒任務に従事。7月22日横須賀へ帰還
       8月〜ラバウルを経由してサンクリストバル島方面の哨戒任務に従事
       9月24日不時着水して漂流中の味方搭乗員を救助。翌25日ラバウルへ帰還
      10月〜ラバウルを拠点にスルミへの輸送任務に従事。翌年3月25日佐世保へ帰還
1944年 5月 7日サイパンへ向け佐世保を出港。14日サイパン到着
       5月17日〜哨戒任務のためサイパンを出撃後、消息不明となる
(5月31日アドミラリティ諸島北方で米護衛駆「イングランド」の攻撃を受け沈没)
       8月10日除籍(6月25日戦没認定)
「ロ−106」 
1941年12月17日呉工廠にて起工
1942年 5月30日進水
      12月26日竣工
1943年 4月22日〜ラバウル経由でガ島方面の哨戒任務に出撃。5月14日ラバウルへ帰還
       5月27日〜哨戒任務のため出港するも機関故障のためラバウルへ引き返す
       6月30日〜レンドバ方面の哨戒任務に従事
       7月18日ブランチェ水道にて米魚雷艇「PT-342」を撃沈。8月ラバウルへ帰還
       9月〜ラバウルを拠点にサンクリストバル方面の哨戒やスルミへの輸送任務に従事
11月8日佐世保へ帰還
      12月〜ラバウルへ進出。スルミへの輸送やブラウン方面の偵察任務などに従事
1944年 5月16日〜哨戒任務のためトラックを出撃後、消息不明となる
(5月22日アドミラリティ諸島北方で米護衛駆「イングランド」の攻撃を受け沈没)
       8月10日除籍(6月25日戦没認定)
「ロ−107」 
1941年12月17日呉工廠にて起工
1942年 5月30日進水
      12月26日竣工
1943年 4月22日〜ガダルカナル東方海域の哨戒任務に従事
       6月30日〜レンドバ島方面の哨戒任務に出撃
       7月 6日レンドバ島付近で通信後、消息不明となる
(7月12日コロンバンガラ島東方で米駆「テイラー」の攻撃を受け沈没)
       9月 1日除籍(8月1日戦没認定)
「ロ−108」 
1942年 4月20日川崎重工にて起工
      10月26日進水
1943年 4月20日竣工
       8月23日〜サンクリストバル島南東海域の哨戒任務に従事。9月16日ラバウルへ帰還
       9月23日〜フィンシュハーフェン方面の哨戒任務に従事
      10月 3日ワードフルト岬北方で米駆逐艦「ヘンリー」を雷撃、撃沈。11日ラバウルへ帰還
      10月24日〜スルミへの輸送任務に従事。翌年1月1日佐世保へ帰還
1944年 3月18日〜トラック南東海域の哨戒任務に従事
       5月16日〜哨戒任務のためトラックを出撃後、消息不明となる
(5月26日アドミラリティ諸島北方で米護衛駆「イングランド」の攻撃を受け沈没)
       8月10日除籍(6月25日戦没認定)
「ロ−109」 
1942年 4月20日川崎重工にて起工
      10月26日進水
1943年 4月29日竣工
       9月 9日〜ラバウル経由でガ島方面の哨戒任務に出撃。10月初旬ラバウルへ帰還
      10月14日〜スルミ、ブインへの輸送任務などに従事。翌年3月トラック経由で佐世保に帰還
1944年 4月13日〜佐世保を出港し、ニューギニア北東やメレオン島南東海域の哨戒任務に従事
       5月16日〜哨戒任務のためサイパンを出撃。31日トラックへ帰還
       6月12日〜トラック島周辺海域にて配置につく。16日マリアナ沖海戦に参加
7月16日トラック経由で佐世保へ帰還
       8月15日〜呉潜水戦隊へ転属。訓練任務に従事
      10月23日〜フィリピン東方海域の哨戒任務に従事
      10月30日マニラ沖にて敵駆逐艦を雷撃するも命中せず。11月19日佐世保へ帰還
      12月18日〜フィリピン東方海域の哨戒任務に従事。翌年1月12日佐世保へ帰還
1945年 2月 3日〜ルソン島西方海域の哨戒任務に従事。リンガエンにて敵艦を雷撃するも命中せず
3月2日佐世保へ帰還
1945年 4月 2日〜沖縄方面へ向け佐世保を出撃後、消息不明となる
(4月25日沖大東島南南西で米輸送艦「ホレース・A・バス」の攻撃を受け沈没)
       6月10日除籍(5月7日戦没認定)

年表の2ページ目を見る

検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2018,01,08(First Up 1999,07,07)