イ−68型 潜水艦(海大6型a)

"I-68" Class Submarines (Type"Kaioo6a")



「イ−68潜水艦」(1934年)
スペックデータ
排水量(水上):(常)1,785t排水量(水中):2,440t全長:(全)104.70m
出力(水上):9,000hp出力(水中):1,800hp全幅:8.20m
最大速力(水上):23.0kt最大速力(水中):8.2kt吃水:4.58m
航続距離(水上):10ktで14,000浬航続距離(水中):3ktで65浬乗員数:68名
燃料搭載量:重油 338t安全潜行深度:75.0m(イ-168、169は70.0m)
主機関:艦本式1号甲8型ディーゼル機関×2基+電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《魚雷14発搭載》53cm魚雷発射管6門(艦首4、艦尾2)、
50口径10cm単装高角砲1基(イ-171〜173は45口径12cm単装砲1基)、
13mm単装機銃1基

同型艦名(6隻)
イ−68"I-68"イ−69"I-69"イ−70"I-70"
イ−71"I-71"イ−72"I-72"イ−73"I-73"

イ−68型潜水艦(海大6型a)について

 国産の艦本式1号甲8型ディーゼルエンジンを搭載した型で、これにより初めて海軍側から要求されていた水上速度23ノットを実現できるようになった。当時外国の潜水艦は15〜20ノット程度が普通で、英国海軍が『画期的な高速潜水艦』と誇った「テムズ」型(同型艦全艦が河川名だったためリバー型とも呼ばれる)でさえ最高は22.5ノットであったことから、当艦が世界最高の水上速度を持った艦であることが判る。外国産のホランド型を保有してから約20年で世界最高水準の潜水艦を国産化したことになる。

 ロンドン条約の制限から海大5型より基準排水量は縮小(5型:1,575t>6型a:1,400t)しているが、速力・航続力ともに増大しておりバランスのとれた艦として太平洋戦争でも最前線で使用された。そのため同型艦全てが戦没している。

 ちなみに「イ−70」は太平洋戦争における日本海軍潜水艦最初の戦没艦(特殊潜航艇を除く)となっているが、戦没した際の艦長(佐野孝夫中佐:兵学校50期)は悲運の艦長と呼ばれている。前任艦だった「イ−63」では「イ−60」に衝突され沈没した際、司令塔外の艦橋にいた佐野艦長のみが海へ投げ出されたため生き残っており、その前に艦長をしていた「ロ−28」でも原因不明の浸水で死者こそ出なかったものの行動不能となる事故がおきている。このような経歴を持つ佐野艦長が「イ−70」へ赴任した際には悪い噂から一部の乗員が動揺したと言われているが、この動揺は悪い方向へ的中してしまったのであった。(さらに余談だが、佐野艦長の経歴にケチをつけた「イ−60」は太平洋戦争における戦没潜水艦の第二号となっており、このあたりのエピソードも何か因縁を感じさせるものである)


潜水艦 イ−68型(海大6型a)の歴史
「イ−68」 
1931年 6月18日呉工廠にて起工
1933年 6月26日進水
1934年 7月31日竣工
1941年12月〜太平洋戦争に参加。ハワイ作戦に参加
米駆逐艦や航空機の爆雷攻撃を受け損傷を負う
1942年 1月〜本土へ帰還。修理後は内海で訓練を実施
       5月20日艦名を「伊号第一六八潜水艦(イ−168)」と改称
       6月 2日〜ミッドウェー海戦に参加。同月5日にはミッドウェー島を浮上砲撃
       6月 7日ミッドウェー沖で米空母「ヨークタウン」・米駆逐艦「ハンマン」を雷撃、撃沈
       6月末〜本土へ帰還。修理等を実施
      12月〜トラック方面へ進出。輸送任務などに従事
1943年 2月末〜北方海域へ転戦。キスカ・アッツ島方面で任務に従事
       7月12日〜トラック方面へ転戦
       7月25日トラックを出港、ラバウルへ向かうが消息不明となる
(同月27日イサベル海峡にて米潜水艦「スキャンプ」の攻撃を受け沈没)
      10月15日除籍(同年9月10日戦没認定)
「イ−69」 
1931年12月22日三菱重工神戸にて起工
1934年 2月15日進水
1935年 9月28日竣工
1941年12月〜太平洋戦争に参加。ハワイ作戦に参加
1942年 1月ミッドウェー方面の偵察任務に従事
同年2月9日にはミッドウェー島を浮上砲撃
       4月〜ウェーキ方面の哨戒任務に従事
       5月20日艦名を「伊号第一六九潜水艦(イ−169)」と改称
       5月24日〜ミッドウェー海戦に参加
       7月〜オーストラリア方面にて通商破壊に従事
       9月〜本土へ帰還。修理を実施
1943年 1月〜北方海域へ進出。キスカ島輸送や哨戒任務に従事
      10月〜トラック方面へ転戦。輸送任務や通商破壊などに従事
1944年 4月 4日トラック空襲の際に航空機の攻撃を受け潜航したが、事故により浮上せず
(潜航時の通風筒頭部弁閉鎖忘れが原因といわれる)
       6月10日除籍
「イ−70」 
1933年 1月25日佐世保工廠にて起工
1934年 6月14日進水
1935年11月 9日竣工
1941年12月〜太平洋戦争に参加。ハワイ作戦に参加
      12月 9日ハワイ沖で敵情報告後に消息不明となる
(米空母「エンタープライズ」搭載機の攻撃を受け沈没)
1942年 3月15日除籍(前年12月10日戦没認定(太平洋戦争で最初の戦没潜水艦))
「イ−71」 
1933年 2月15日川崎造船所にて起工
1934年 8月25日進水
1935年12月24日竣工
1941年12月〜太平洋戦争に参加。ハワイ作戦に参加
12月22日にはジョンストン島を浮上砲撃
1942年 1月〜ハワイ方面の哨戒任務に従事。同年3月本土へ帰還
       4月〜ウェーキ方面の哨戒任務に従事
       5月20日艦名を「伊号第一七一潜水艦(イ−171)」と改称
       5月24日〜ミッドウェー海戦に参加
       7月〜サモア方面の哨戒任務に従事。同年9月本土へ帰還
1943年 2月〜北方海域へ進出。キスカ島輸送や哨戒任務に従事
      10月〜トラック方面へ転戦。輸送任務や通商破壊などに従事
1944年 1月30日ラバウルを出撃後、消息不明となる
(1月31日ブカ島南西で米敷設駆「ゲスト」「ハドソン」の攻撃を受け沈没)
       4月30日除籍(同年3月12日戦没認定)
「イ−72」 
1933年12月16日三菱重工神戸にて起工
1935年 4月 6日進水
1937年 1月 7日竣工
1941年12月〜太平洋戦争に参加。ハワイ作戦に参加
12月17日にはハワイ島ヒロ湾を浮上砲撃
1942年 1月〜ハワイ方面の哨戒任務に従事
1月23日にはニイハウ島南方沖で米給油艦「ナッチェス」を撃沈
       3月〜本土へ帰還後、修理を実施
       5月20日艦名を「伊号第一七二潜水艦(イ−172)」と改称
       8月〜ソロモン、ガダルカナル方面の偵察任務に従事
      10月後半サンクリストバル島方面の哨戒を行うよう指令を受け出撃
      11月 3日ソロモン群島東方にて敵情報告後に消息不明
(11月10日サンクリストバル島沖で米掃海駆「サウサード」の攻撃を受け沈没)
      12月15日除籍(同年11月27日戦没認定)
「イ−73」 
1934年 4月 5日川崎造船所にて起工
1935年 6月20日進水
1937年 1月 7日竣工
1941年12月〜太平洋戦争に参加。ハワイ作戦に参加
12月23日にはジョンストン島を浮上砲撃
1942年 1月12日ミッドウェー経由でハワイ方面の偵察を行うよう指令を受けクェゼリンを出撃
       1月15日ハワイ方面にて敵情報告後に消息不明
(1月26日ミッドウェイ島西方沖で米潜「ガジョン」の雷撃を受け沈没)
(1月28日に真珠湾沖で米掃海駆逐艦他の攻撃を受け沈没とする説もある)
       3月15日除籍(同年1月27日戦没認定)


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,08,01(First Up 1999,05,23)