イ−65型 潜水艦(海大5型)

"I-65" Class Submarines (Type"Kaioo5")


イ−65
「イ−65潜水艦」(1932年)
スペックデータ
排水量(水上):(常)1,705t排水量(水中):2,330t全長:(全)97.70m
出力(水上):6,000hp出力(水中):1,800hp全幅:8.20m
最大速力(水上):20.5kt最大速力(水中):8.2kt吃水:4.70m
航続距離(水上):10ktで10,800浬航続距離(水中):3ktで60浬乗員数:62名
燃料搭載量:重油 230t安全潜行深度:75.0m
主機関:ズルサー式3号ディーゼル機関×2基+電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《魚雷14発搭載》53cm魚雷発射管6門(艦首4、艦尾2)、
50口径10cm単装高角砲1基、13mm単装機銃1基

同型艦名(3隻)
イ−65"I-65"イ−66"I-66"イ−67"I-67"

イ−65型潜水艦(海大5型)について

 海大4型では信頼性のあるラウシェンバッハ式ディーゼルエンジンを搭載したが、結局安定性は以前のズルサー式と変わらなかったため、この海大5型ではズルサー式ディーゼルエンジンに戻された。ちなみに外国製(ライセンス生産)のディーゼル機関を搭載した海大型は当艦が最後となる。
 しかし船体構造を新規設計の完全複殻としたことで安全潜行深度を75mまで高めることができたほか、八八式無気泡発射管や九三式水中聴音器、昇降短波檣(伸縮式の短波アンテナ)などの新式装備を採用し、熱帯方面での作戦を想定して冷房装置の改良を行うなど実用性の高い艦となっている。

 全部で三隻の姉妹艦が建造され、「イ−67」は開戦前に事故で喪われたが残りの艦二隻は戦争に参加した。しかし全艦とも戦没してしまっている。


イ−65型潜水艦(海大5型)の歴史
「イ−65」 
1929年12月19日呉工廠にて起工
1931年 6月 2日進水
1932年12月 1日竣工
1941年12月〜太平洋戦争に参加。南洋方面へ進出しマレー作戦等に参加
      12月 9日英東洋艦隊が北上するのを発見、通報を行う
1942年 1月〜ジャワ海方面にて通商破壊に従事。同年3月本土へ帰還
       5月20日艦名を「伊号第一六五潜水艦(イ−165)」と改称
       8月〜インド洋方面にて通商破壊に従事。翌年3月本土へ帰還
1943年10月〜インド洋方面にて通商破壊に従事
1944年 5月〜オーストラリア北西海域へ転戦。同年10月本土へ帰還
      12月〜第19潜水隊に編入。練習潜水艦となり内海にて訓練任務に従事
1945年 4月 1日第34潜水隊に編入。回天の輸送任務などに従事
       6月15日回天特攻部隊(轟隊)を搭載してサイパンを出航後、消息不明となる
(6月27日サイパン東方沖にて米海兵隊機の攻撃により沈没)
       9月15日除籍(同年7月29日戦没認定)
「イ−66」 
1929年11月 8日佐世保工廠にて起工
1931年 6月 2日進水
1932年11月10日竣工
1941年12月〜太平洋戦争に参加。南洋方面へ進出しマレー作戦等に参加
      12月25日北ボルネオ方面にて蘭潜「K XVI」と交戦、これを撃沈する
1942年 1月〜ベンガル湾方面にて通商破壊に従事。同年3月本土へ帰還
       5月20日艦名を「伊号第一六六潜水艦(イ−166)」と改称
       5月26日ミッドウェー海戦に参加
       8月〜インド洋方面にて通商破壊に従事。翌年1月本土へ帰還
1943年 9月〜インド洋方面にて通商破壊に従事
1944年 7月17日マラッカ海峡北口で英潜「テレマクス」の攻撃を受け沈没
       9月10日除籍(同年7月17日戦没認定)
「イ−67」 
1929年10月14日三菱造船神戸にて起工
1931年 4月 7日進水
1932年 8月 8日竣工
1940年 8月29日演習中に南鳥島沖で潜水事故。沈没
(後部ハッチの閉鎖忘れが原因と推測される)
      11月 1日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,08,01(First Up 1999,05,23)