イ−56(初代)型 潜水艦(海大3型b)

"I-56(1)" Class Submarines (Type"Kaioo3b")


イ−57
「イ−57潜水艦」(1930年頃)
スペックデータ
排水量(水上):(常)1,800t排水量(水中):2,300t全長:(全)101.0m
出力(水上):6,800hp出力(水中):1,800hp全幅:7.90m
最大速力(水上):20.0kt最大速力(水中):8.0kt吃水:4.90m
航続距離(水上):10ktで10,000浬航続距離(水中):3ktで90浬乗員数:63名
燃料搭載量:重油 230t安全潜行深度:60.0m
主機関:ズルサー式3号ディーゼル機関×2基+電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《魚雷16発搭載》53cm魚雷発射管8門(艦首6、艦尾2)、
45口径12cm単装砲1基、機銃1基

同型艦名(5隻)
イ−56(初代)"I-56(1)"イ−57"I-57"イ−59"I-59"イ−60"I-60"イ−63"I-63"

イ−56(初代)型潜水艦について

 海大型建造のためドイツから招いたテッヘル博士の提言により、凌波性改善のため海大3型aの艦首部を巡潜と同じような鋭角型に変更した艦で、使用目的や搭載兵装は海大3型aとまったく同じである。
 しかし、設計手法がメートル法に改められた(それまではメートル法とフィート・ポンド法が混在していた)ことから線図を書き直しており、書き直しの時点で船型や構造・艤装などに可能な限りの改良が加えられている。また不調だったズルサー式3号機関も多くの改良が加えられており、形式名称こそ変更はないものの海大2型に搭載された初期モデルと比較して格段の進化を遂げていた。

 昭和17年5月に(その時点で艦籍に残っていなかった「イ−60」「イ−63」を除いて)艦番号が100番代に変更されており、戦争中盤以降は練習艦として使用されたのも海大3型aと同様であった。


イ−56(初代)型潜水艦(海大3型b)の歴史
「イ−56」(初代) 
1926年11月 3日呉工廠にて起工
1928年 3月23日進水
1929年 3月31日竣工
1936年 2月27日大王埼(三重県)沖にて「イ−53」と接触事故をおこし、損傷を負う
1941年12月〜南方方面へ進出。マレー作戦に従事
1942年 1月〜ジャワ南方方面にて通商破壊任務などに従事
       5月20日艦名を「伊号第一五六潜水艦(イ−156)」と改称
       5月26日ミッドウェー海戦に参加
       7月〜呉鎮守府部隊に配属となり潜水学校の練習艦となる
1943年 5月〜北方海域に派遣。キスカ島への補給任務に従事
      12月〜呉に帰還。潜水学校の訓練任務に従事
1945年 4月〜第34潜水隊に転属。回天の輸送や訓練支援に従事
       6月〜呉〜大連間の燃料輸送任務に従事
       8月15日呉港にて終戦を迎える
      11月30日除籍。1946年五島沖にて海没処分
「イ−57」 
1927年 7月 8日呉工廠にて起工
1928年10月 1日進水
1929年12月24日竣工
1941年12月〜南方方面へ進出。マレー作戦に従事
1942年 1月〜スラバヤ北方方面にて通商破壊任務などに従事
       5月20日艦名を「伊号第一五七潜水艦(イ−157)」と改称
       5月26日ミッドウェー海戦に参加
       7月〜呉鎮守府部隊に配属となり潜水学校の練習艦となる
1943年 5月〜北方海域に派遣。キスカ島への補給任務に従事
       6月16日輸送任務中に座礁。搭載物資を投棄し翌日離礁に成功
      12月〜呉に帰還。潜水学校の訓練任務に従事
1945年 4月〜第34潜水隊に転属。回天の輸送や訓練支援に従事
       8月15日呉港にて終戦を迎える
      11月30日除籍。1946年五島沖にて海没処分
「イ−59」 
1927年 3月25日横須賀工廠にて起工
1929年 3月25日進水
1930年 3月31日竣工
1942年 1月〜南方方面へ進出。ジャワ南方やスマトラ方面で通商破壊任務などに従事
       5月20日艦名を「伊号第一五九潜水艦(イ−159)」と改称
       5月26日ミッドウェー海戦に参加
       7月〜呉鎮守府部隊に配属となり潜水学校の練習艦となる
1945年 4月〜第34潜水隊に転属。回天の輸送や訓練支援に従事
       8月15日呉港にて終戦を迎える
      11月30日除籍。1946年五島沖にて海没処分
「イ−60」 
1927年10月10日佐世保工廠にて起工
1929年 4月24日進水
      12月24日竣工
1937年支那事変勃発のため中国沿岸部へ派遣
1939年 2月 2日豊後水道沖にて「イ−63」と衝突。損傷を負う
1941年12月〜南方方面へ進出。マレー作戦に従事
1942年 1月〜インド洋方面にて通商破壊任務などに従事
       1月17日スンダ海峡南で英駆「ジュピター」の攻撃を受け浮上、交戦の後沈没
       3月15日除籍
「イ−63」 
1926年 8月12日佐世保工廠にて起工
1927年 9月28日進水
1928年12月20日竣工
1939年 2月 2日豊後水道沖にて「イ−60」に衝突され、沈没
1940年 6月 1日除籍。同年1月に船体は引き揚げられ解体処分となった


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,07,26(First Up 1999,05,16)