イ−53(初代)型 潜水艦(海大3型a)

"I-53(1)" Class Submarines (Type"Kaioo3a")


イ−53
「イ−55潜水艦」(1927年頃)
スペックデータ
 水上水中 
排水量:(常)1,800t2,300t全長:(全)100.58m
出力:6,800hp1,800hp全幅:7.98m
最大速力:20.0kt8.0kt吃水:4.83m
航続距離:10kt-10000浬3kt-90浬乗員数:63名
燃料搭載量:重油 242t安全潜行深度:60.0m
主機関:ズルサー式3号ディーゼル機関×2基、2軸推進
武装:
【魚雷16発搭載】53cm魚雷発射管8門(艦首6、艦尾2)
40口径12cm単装砲1基、機銃1基

同型艦名(4隻)
イ−53(初代)"I-53(1)"イ−54(初代)"I-54(1)"イ−55(初代)"I-55(1)"イ−58(初代)"I-58(1)"

イ−53(初代)型潜水艦(海大3型a)について
 日本海軍は海大2型の試作結果を受け、1921年以降に改良型の海大型を建造することとした。これ以後、大馬力の機関の完成などをうけ、3型a、3型b4型5型と改良を加えられていくことになるが基本設計思想はすべて同じである。
 この海大3型aは1型・2型より若干大型の船体を持ち、魚雷発射管数も増やして雷撃力を上げているが魚雷の搭載本数は16本と減少している。また内殻の鋼板を肉厚にしたため、安全潜航深度は向上したが、排水量が増加しても機関出力は変わらなかったため水上速度は若干低下した。
 老朽化のため当クラスは太平洋戦争開戦後に練習潜水艦へ任務を変更されており、戦争中盤以降は前線へ出ることが無かったので全艦とも終戦時に生き残っていた。
 太平洋戦争中の昭和17年5月に各艦とも艦番号を変更しているが、これは第三次補充計画以後巡潜乙型丙型が増加していくため二桁では番号が不足する事が想定されたからである。このため当艦が使用していた旧艦番を後に完成した巡潜乙型や丙型が引き継ぐ事になり、非常にややこしい事となっている。(当サイトでは当クラスを「イ−53(初代)型」としたが、一部の資料では番号を引き継いだ艦との混同を避ける意味もあり、新艦番の「イ−153型」としているものも見受けられる。)

イ−53(初代)型潜水艦の歴史
「イ−53」 
1924年 4月 1日呉工廠にて「第六四潜水艦」として起工
      11月 1日艦名を「伊号第五三潜水艦(イ−53)」と改称
1925年 8月 5日進水
1927年 3月30日竣工
1936年 2月27日大王埼(三重県)沖にて「イ−56」と接触事故をおこし、損傷を負う
1941年12月〜南方方面へ進出。マレー作戦に従事
1942年初頭〜南洋方面にて通商破壊等に従事
       3月〜本土帰還。呉鎮守府部隊に配属となり潜水学校の練習艦となる
       5月20日艦名を「伊号第一五三潜水艦(イ−153)」と改称
1944年 1月31日予備艦に編入となり、潜水学校の係留練習船となる
1945年 8月15日呉港にて終戦を迎える
      11月30日除籍。1948年解体処分
「イ−54」 
1924年11月 1日計画艦名「第七七潜水艦」を「伊号第五四潜水艦(イ−54)」と改称
      11月15日佐世保工廠にて起工
1926年 3月15日進水
1927年12月15日竣工
1932年 2月10日五島灘大立島南方(長崎県西海市西方)にて訓練中に「イ−55」と接触事故をおこし、
損傷を負う
1941年12月〜南方方面へ進出。マレー作戦に従事
1942年初頭〜南洋方面にて通商破壊等に従事
       3月〜本土帰還。呉鎮守府部隊に配属となり潜水学校の練習艦となる
       5月20日艦名を「伊号第一五四潜水艦(イ−154)」と改称
1944年 1月31日予備艦に編入となり、潜水学校の係留練習船となる
1945年 8月15日呉港にて終戦を迎える
      11月20日除籍。1946年5月伊予灘で海没処分
「イ−55」 
1924年 4月 1日呉工廠にて「第七八潜水艦」として起工
      11月 1日艦名を「伊号第五五潜水艦(イ−55)」と改称
1925年 9月 2日進水
1927年 9月 5日竣工
1932年 2月10日五島灘大立島南方(長崎県西海市西方)にて訓練中に「イ−54」と接触事故をおこし、
損傷を負う
1936年 7月23日台風のため寺島水道(長崎県)にて座礁。損傷を負う
1941年12月〜南方方面へ進出。マレー作戦に従事
1942年初頭〜南洋方面にて通商破壊等に従事
       3月〜本土帰還。呉鎮守府部隊に配属となる
       5月20日艦名を「伊号第一五五潜水艦(イ−155)」と改称
       6月〜北方海域に派遣。キスカ島への補給任務に従事
       6月 4日荒天のため船体に損傷を負う
       6月20日呉に帰還。以降は潜水学校の練習艦となる
1945年 7月20日予備艦に編入となり、潜水学校の係留練習船となる
       8月15日呉港にて終戦を迎える
     11月20日除籍。1946年伊予灘で海没処分
「イ−58」 
1924年12月 3日横須賀工廠にて起工
1925年10月 3日進水
1928年 3月15日竣工
1936年 7月23日台風のため寺島水道(長崎県)にて座礁。損傷を負う
1941年12月〜南方方面へ進出。マレー作戦に従事
      12月10日英東洋艦隊を発見。「レパルス」を雷撃するも命中せず
1942年初頭〜南洋方面にて通商破壊等に従事
       3月〜本土帰還。第19潜水隊に配属となる
       5月20日艦名を「伊号第一五八潜水艦(イ−158)」と改称
       5月26日ミッドウェー海戦に参加
       7月〜呉鎮守府部隊に配属となり潜水学校の練習艦となる
1943年 3月〜水上艦艇用の電探試験艦として使用
1945年 6月〜回天輸送任務に従事
       8月15日呉港にて終戦を迎える
      11月30日除籍。1946年五島沖で海没処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,07,25(First Up 1999,05,16)