イ−54(2代)型 潜水艦(巡潜乙型改2)

"I-54(2)" Class Submarines (Type"Jyunsen-Otu mod 2")


イ−58
「イ−58潜水艦」(1944年)
スペックデータ
 水上水中 
排水量:(常)2,607t3,688t全長:(全)108.70m
出力:4,700hp1,200hp全幅:9.30m
最大速力:17.7kt6.5kt吃水:5.19m
航続距離:16kt-21000浬3kt-105浬乗員数:94名
燃料搭載量:重油 842.8t安全潜行深度:100.0m
主機関:艦本式22号10型過給器付ディーゼル機関×2基、2軸推進
武装:
【魚雷19発搭載】53cm魚雷発射管6門(艦首6)
40口径14cm単装砲1基、25mm連装機銃1基、
水偵1機搭載(射出機1基)

同型艦名(3隻)
イ−55(2代)"I-55(2)"イ−56(2代)"I-56(2)"イ−58(2代)"I-58(2)"

イ−54(2代)型潜水艦(巡潜乙型改2)について
 太平洋戦争中に起工された巡潜乙型ベースの潜水艦で、巡潜乙型改1と同様に戦時急造対策が施されている。
 巡潜乙型改1との相違点は、機関をさらに製造の容易な艦本22号式に改められていることだが、そのため速力は五ノット近く低下している。しかし機関が小型化したため燃料搭載スペースが増大し航続距離は五割増となっている。これは巡潜甲型から巡潜甲型改1への改良と同様のパターンと言える。
 当型の特筆すべき戦果は昭和20年7月30日に「イ−58」が米重巡「インディアナポリス」を雷撃撃沈したことだろう。この重巡は攻撃される直前に原子爆弾を運搬する任務を終了したばかりであった(「インディアナポリス」は米軍大型艦艇中で太平洋戦争最後の戦没艦となった)。歴史に「もし」は無いが、万一運搬を完了する前に撃沈されていたら日本への原爆投下プランも中止もしくは変更の憂き目にあっていたことだろう。
 なお、「イ−58」は竣工が昭和19年の夏となり、すでに戦局が悪化していたことから甲板砲を搭載せず竣工し、竣工直後から回天搭載のための改修を施されている。

イ−54(2代)型潜水艦(巡潜乙型改2)の歴史
「イ−54」(2代) 
1942年 7月 1日横須賀工廠にて起工
1943年 5月 4日進水
1944年 3月31日竣工
       7月 7日〜テニアン島への輸送任務のため横須賀を出港するも、航行途中に後甲板に搭載
していた運砲筒(大砲を潜水艦で輸送するための水密構造をした筒状コンテナ)が
脱落したため、横須賀へ引き返す。27日横須賀へ帰還
      10月15日〜比島東方海域での哨戒任務のため呉を出撃。消息不明となる
(10月28日スリガオ海峡にて米護衛駆「リチャード・M・ローウェル」の攻撃を受け沈没)
1945年 3月10日除籍(44年11月20日戦没認定)
「イ−56」(2代) 
1942年 9月29日横須賀工廠にて起工
1943年 6月30日進水
1944年 6月 8日竣工
      10月15日〜比島方面での哨戒任務のため呉を出撃
      10月24日ミンダナオ東方にて米LST「LST-695」を雷撃、撃破
      10月25日比島沖にて米護衛空母「サンティー」を雷撃、損傷を与える。(米側の記録と
攻撃時間に大幅なズレがあるため、当艦の戦果ではないとする説もある)
      11月 4日〜呉へ帰還。帰還後は修理および回天搭載艦への改装を実施
      12月21日〜回天金剛隊(4基)を搭載してアドミラリティ諸島マヌス島方面へ出撃するも、
警戒が厳しく発進の機会を得られず攻撃を断念。2月3日呉へ帰還
1945年 3月31日〜回天多々良隊(4基)を搭載して沖縄方面へ出撃。消息不明となる
(4月5日久米島沖で米駆逐隊および米空母機の攻撃を受け沈没説のほか、4月5日
沖縄西方にて米駆「ハドソン」の攻撃による沈没説があるが、当サイトでは「ハドソン」
が沈めた艦は「ロ−49」として記載している)
       6月10日除籍(5月2日戦没認定)
「イ−58」(2代) 
1942年12月26日横須賀工廠にて起工
1943年10月 9日進水
1944年 9月 7日竣工。竣工直後から回天搭載の改装を実施
      12月30日〜回天金剛隊(4基)を搭載してグアムへ出撃
1945年 1月12日グアム島西海岸沖にて回天隊を発進させるも、戦果未確認。当艦は22日呉へ帰還
       3月 1日〜回天神武隊(4基)を搭載して硫黄島へ出撃
       3月 6日〜硫黄島への回天攻撃の中止および第二次丹作戦(ウルシー泊地への爆撃機による
奇襲)の電波誘導任務が指令されたため、回天2基を放棄し沖ノ鳥島西方へ移動
任務完了の後、17日呉へ帰還
       3月31日〜回天多々良隊(4基)を搭載して沖縄方面へ出撃するも、警戒が厳しく発進の
機会を得られず攻撃を断念。4月30日呉へ帰還
       5月?〜前部甲板に回天2基を追加搭載するよう改装を行う。計6基の回天搭載が可能となる
       7月18日〜回天多聞隊(6基)を搭載して比島東方海域へ出撃
       7月28日比島東方にて米油槽船団を発見。回天2基を発進させるが戦果未確認。(戦後の
調査では護衛の米駆「ロゥリー」が損傷したとされているが、不確定な情報である)
       7月30日パラオ北方で米重巡「インディアナポリス」を雷撃、撃沈する。(敵発見が深夜であり
月明かりも暗かったことから回天攻撃には不適と判断し魚雷攻撃を行っている)
       8月 9日比島東方にて敵輸送船団を発見。回天2基(残り4基のうち2基は故障のため発進
できず)を発進させるが戦果未確認
       8月12日比島沖にて敵水上機母艦らしきものを発見。修理完了した回天1基を発進させるが、
戦果未確認。(水上機母艦と誤認されたのは米揚陸艦「オークヒル」。米護衛駆「トー
マス・F・ニッケル」
が、雷跡を発見したが命中せず通り過ぎた後に爆発したと報告した)
       8月17日平生に到着。残った1基の回天と搭乗員を降ろし、翌日呉へ帰還
       8月18日終戦のため呉港にて任務を解かれる
(14日に呉へ帰還、呉港にて終戦を迎えたとの説もある)
      11月30日除籍。翌年4月1日、五島沖で海没処分される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,08,16(First Up 1999,07,05)