イ−13型 潜水艦(巡潜甲型改2)

"I-13" Class Submarines (Type"Jyunsen-Kou mod 2")


イ−14
「イ−14潜水艦」(1945年:米軍に接収された後の写真)
スペックデータ
排水量(水上):(常)3,603t排水量(水中):4,762t全長:(全)113.70m
出力(水上):4,400hp出力(水中):600hp全幅:11.70m
最大速力(水上):16.7kt最大速力(水中):5.5kt吃水:5.89m
航続距離(水上):16ktで21000浬航続距離(水中):乗員数:108名
燃料搭載量:重油 搭載量不明安全潜行深度:100.0m
主機関:艦本式22号10型ディーゼル機関×2基+電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《魚雷12発搭載》53cm魚雷発射管6門(艦首6)、
40口径14cm単装砲1基、25mm3連装機銃2基、25mm単装機銃1基
特殊攻撃機「晴嵐」2機搭載(射出機1基)

同型艦名(2隻+未竣工2隻:背景色灰色のものは未竣工艦)
イ−13"I-13"イ−14"I-14"イ−15(2代)"I-15(2)"イ−1(2代)"I-1(2)"

イ−13型潜水艦(巡潜甲型改2)について

 昭和16年及び17年に追加で計五隻の建造が計画された巡潜甲型改1であったが、「イ−400」型の建造計画が縮小され、代替の攻撃機搭載型潜水艦を必要とした海軍により急遽設計変更となり、水上攻撃機二機を搭載できる「イ−400」型の縮小型ともいえる潜水艦に計画変更された。したがって巡潜甲型改1として完成できたのは「イ−12」ただ一隻で、その他の艦はこの巡潜甲型改2として建造されている。

 太平洋戦争末期に竣工した「イ−13」及び「イ−14」は「イ−400」型とともにパナマ運河攻撃を目標に訓練を行ってきたが、戦局の変化から「イ−400」型はウルシー環礁攻撃に任務の目標を変更し、「イ−13」型はトラック島への輸送任務に従事することとなった。
 この輸送作戦は「光作戦」と名付けられ、両艦とも偵察機「彩雲」各二機を分解搭載し本土を出港、その後「イ−14」は昭和20年8月4日に予定どおりトラック島へ到着したが、「イ−13」はそのまま消息不明となってしまった。
 なお「イ−15」及び「イ−1」の両艦は終戦のため未竣工に終わっている。


イ−13型潜水艦(巡潜甲型改2)の歴史
「イ−13」 
1943年 2月 4日川崎重工にて起工
      11月30日進水
1944年12月16日竣工
      12月17日〜内海にて慣熟訓練に従事。翌年5月28日、燃料補給のため鎮海へ入港
1945年 6月 1日鎮海にて燃料補給後、七尾湾へ入港。その後、舞鶴経由で大湊へ移動
       7月 5日大湊で「彩雲」を搭載し光作戦のためトラック島へ向け出撃。消息不明となる
(7月16日日本本土東方沖にて米護衛駆「ローレンス・C・テイラー」および米空母機の
攻撃を受け沈没)
       9月15日除籍(8月1日戦没認定)
「イ−14」 
1943年 5月18日川崎重工にて起工
1944年 3月14日進水
1945年 3月14日竣工
       3月15日〜内海にて慣熟訓練に従事。翌年5月28日、燃料補給のため鎮海へ入港
1945年 6月 1日鎮海にて燃料補給後、七尾湾へ入港。その後、舞鶴経由で大湊へ移動
7月4日に出撃予定だったが、スクリュー軸加熱損傷により修理を行う
       7月14日〜大湊で「彩雲」を搭載し光作戦のためトラック島へ向け出撃
       8月 4日トラック島到着。「彩雲」を揚陸する
       8月15日トラック島にて終戦を迎える。本土へ帰還のためトラックを出港
       8月27日東京湾口で米駆逐艦に拿捕される
       9月15日除籍
1946年 5月28日米軍による調査後、ハワイ沖で海没処分される
「イ−15」(2代) 
1943年 4月30日川崎重工にて起工
1944年 4月12日進水
1945年 8月15日約9割方完成時点で終戦を迎える
1946年 4月紀伊水道沖で海没処分される
「イ−1」(2代) 
1943年 6月24日川崎重工にて起工
1944年 6月10日進水
1945年 8月15日約7割方完成時点で終戦を迎える
       9月18日神戸沖に係留中、台風のため沈没
1947年 4月引き揚げ後、解体処分される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,08,18(First Up 1999,06,22)