イ−9型 潜水艦(巡潜甲型)

"I-9" Class Submarines (Type"Jyunsen-Kou")


イ−10
「イ−10潜水艦」(1943年)
スペックデータ
排水量(水上):(常)2,919t排水量(水中):4,150t全長:(全)113.70m
出力(水上):12,400hp出力(水中):2,400hp全幅:9.55m
最大速力(水上):23.5kt最大速力(水中):8.0kt吃水:5.36m
航続距離(水上):16ktで16,000浬航続距離(水中):3ktで90浬乗員数:114名(旗艦任務時)
燃料搭載量:重油 928t安全潜行深度:100.0m
主機関:艦本式2号10型ディーゼル機関×2基+電動モーター×2基、2軸推進
武装:
《魚雷18発搭載》53cm魚雷発射管6門(艦首6)、
40口径14cm単装砲1基、25mm連装機銃2基、
水偵1機搭載(射出機1基)

同型艦名(3隻)
イ−9"I-9"イ−10"I-10"イ−11"I-11"

イ−9型潜水艦(巡潜甲型)について

 ロンドン軍縮条約を脱退した後、日本海軍が建造を計画した巡潜型潜水艦は「甲型」「乙型」「丙型」の三種類であった。このうち「甲型」は潜水戦隊旗艦としての能力を持った巡潜3型の拡大版ともいえる艦である。

 日本海軍が構想した「漸減作戦」では「甲型」「乙型」に搭載した水上偵察機で米戦艦部隊を発見捕捉し、「甲型」の強力な通信機能で潜水戦隊配下の「乙型」「丙型」を指揮するよう考えられていた。
 この「甲型」は水上偵察機を運用するため艦橋前部にカタパルトを装備し、水上偵察機搭載用格納筒が装備されている。

 しかし太平洋戦争で漸減作戦は行われず、当クラスも計画当初の任務に就くことはなく、輸送など本分とはかけ離れた任務に従事し姉妹艦全艦が戦没している。なお、「イ−10」は日本潜水艦の中で最も多くの商船(16隻)を沈めた殊勲艦であった(沈めた総トン数では「乙型」の「イ−27」の方が勝っている)。


イ−9型潜水艦(巡潜甲型)の歴史
「イ−9」 
1938年 1月25日呉工廠にて起工
1939年 5月20日進水
1941年 2月13日竣工
      12月〜太平洋戦争に参加。第1潜水隊旗艦としてハワイ攻撃に参加
1942年 2月〜ハワイの偵察任務に従事。8日には飛行偵察を実施
       3月 1日K作戦(飛行艇によるハワイ爆撃)に参加。3月21日本土へ帰還
       5月〜北方武隊へ編入。アリューシャン攻略作戦に参加
       5月25日〜飛行偵察を実施(25日キスカ島・アムチトカ島、26日アダック島・カナガ島、
6月16日コジアク島)
       8月〜横須賀経由でソロモン南東海域に進出。哨戒任務に従事
       8月25日敵艦を追撃中に爆雷攻撃を受け損傷。トラックへ帰還
      10月末〜ヌーメア、エスピリットサントへの飛行偵察を実施
      11月19日〜ガダルカナルへの輸送任務に従事。翌年2月本土へ帰還
1943年 5月〜北方部隊へ編入。キスカへの輸送任務に従事
       6月10日キスカ撤収作戦のため出撃後、消息不明となる
(6月13日キスカ島シリアス岬沖で米駆「フレイジャー」の攻撃を受け沈没)
       8月10日除籍(6月15日戦没認定)
「イ−10」 
1938年 6月 7日川崎重工にて起工
1939年 9月29日進水
1941年10月31日竣工
      11月30日フィジー諸島スヴァを飛行偵察
      12月〜太平洋戦争に参加。ハワイ攻撃に参加後は米西海岸での通商破壊に従事
1942年 3月10日〜第8潜水戦隊に編入。ペナンへ進出
       5月〜ダーバン、マダガスカル島の飛行偵察を実施
       6月〜モザンビーク海峡で通商破壊に従事。8月本土へ帰還
      10月21日〜ソロモン方面へ出撃、通商破壊に従事。翌年3月本土へ帰還
1943年 6月〜ペナンへ進出。インド洋で通商破壊に従事。12月本土へ帰還
1944年 2月〜トラックへ進出。17日トラック停泊中に敵機の爆撃を受ける
       6月12日マーシャル群島メジュロ環礁の飛行偵察を実施
       6月28日第6艦隊司令部救出のためサイパンへ出撃。位置報告後に消息不明となる
(7月4日サイパン島付近で米駆「デビッド・W・テイラー」および米護衛駆「リドル」
攻撃を受け沈没)
      10月10日除籍(7月2日戦没認定)
「イ−11」 
1940年 4月10日川崎重工にて起工
1941年 2月 5日進水
1942年 5月16日竣工
       7月〜オーストラリア方面の通商破壊に従事
       8月〜ソロモン方面の哨戒任務に従事。9月敵機と交戦し損傷したため呉へ帰還
1943年 1月〜トラックへ進出。オーストラリア東方海域の通商破壊に従事
       2月21日ヌーメアの飛行偵察を実施。6月トラックへ帰還
       7月〜オーストラリア東方の通商破壊や偵察任務に従事
       7月20日サン・クリストバル島沖にて濠軽巡「ホバート」を雷撃、損傷を負わせる
9月25日本土へ帰還
      12月 4日〜呉を出撃、トラック経由でエリス諸島方面の偵察任務に従事
1944年 1月11日サモア方面にて作戦中、消息不明となる(沈没原因不明)
       4月10日除籍(3月20日戦没認定)


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,08,11(First Up 1999,06,15)