イ−7型 潜水艦(巡潜3型)

"I-7" Class Submarines (Type"Jyunsen3")


イ−8
「イ−8潜水艦」(1939年)
スペックデータ
 水上水中 
排水量:(常)2,525t3,583t全長:(全)109.30m
出力:11,200hp2,800hp全幅:9.10m
最大速力:23.0kt8.0kt吃水:5.26m
航続距離:16kt-14000浬3kt-60浬乗員数:80名
燃料搭載量:重油 806t安全潜行深度:100.0m
主機関:艦本式1号甲10型ディーゼル機関×2基、2軸推進
武装:
【魚雷20発搭載】53cm魚雷発射管6門(艦首6)
40口径14cm連装砲1基、13mm連装機銃2基、水偵1機搭載(射出機1基)
(「イ−8」は訪独時にドイツ製20mm4連装機関砲1基を追加搭載した)

同型艦名(2隻)
イ−7"I-7"イ−8"I-8"

イ−7型潜水艦(巡潜3型)について
 最初は巡潜2型(イ−6)の姉妹艦として建造される予定であった艦だが、日本の対米戦略の改訂により海大型などが所属する潜水隊の旗艦としての機能を付与され再設計されたものである。
 巡潜3型と呼称されているが従前の巡潜型とは全く異なる新型潜水艦で、巡潜2型と海大6型の性能を兼ね揃えた艦と言え、この流れは後に建造される巡潜甲型乙型などへ引き継がれていく。
 機関に艦本式一号甲一〇型複動ディーゼルを2基搭載しており、1万馬力オーバーの出力を発揮できたため水上速力を23ノットに向上させている。また内殻に20ミリDS鋼を使用、安全潜水深度100メートルと潜水能力も向上させている。
 旗艦として居住性と通信能力を高めたため船体はこれまでの巡潜より一割近く長くなった。また水上戦闘も考慮して14センチ連装砲を装備するなどしている(連装砲を搭載した日本海軍の潜水艦は本型のみであった)。水上偵察機は96式小型水偵を1機搭載している。
 当クラスは太平洋戦争開戦時からインド洋〜北方海域と広大な戦場を駆け巡っており、「イ−8」は1943年(昭和18年)に訪独派遣され喜望峰まわりでの往復航海を成功(計5回おこなわれた訪独派遣で唯一の往復成功)させているが、両艦とも終戦まで生き残ることはできなかった。

イ−7型潜水艦(巡潜3型)の歴史
「イ−7」 
1934年 9月12日呉工廠にて起工
1935年 7月 3日進水
1937年 3月31日竣工
1941年12月〜太平洋戦争に参加。開戦時には第六艦隊第二潜水戦隊旗艦としてハワイ攻撃に参加
1942年 2月〜ジャワ島攻略作戦に参加。ジャワ島南方で哨戒任務に従事
       6月〜北方部隊に編入。アリューシャン近海にて哨戒任務に従事
       8月〜第7潜水隊に編入、南方海域へ転戦。ガダルカナル近海の哨戒・偵察に従事
      10月14日および23日にエスピリットサントの敵飛行場を浮上砲撃
1943年 4月〜第5艦隊に編入。キスカ方面への輸送任務に従事
       5月27日〜キスカ撤退作戦に参加。2回で161名の人員を収容
       6月22日キスカ輸送作戦中、ヒロ岬沖で米駆「モナハン」の砲撃を受け大破擱座
       6月30日(6月24日説、7月5日説あり)爆破処分される
       8月 1日除籍(同年6月22日戦没認定)
「イ−8」 
1934年10月11日川崎造船所にて起工
1936年 7月20日進水
1937年12月15日竣工
1941年12月〜太平洋戦争に参加。開戦時には第三潜水戦隊旗艦としてハワイ攻撃に参加
1942年 1月〜米本土西海岸の偵察任務に従事
       5月 6日クェゼリンにて味方機の誤爆を受け損傷を負う
       9月〜南方海域へ進出。ガダルカナル等への輸送・偵察などに従事
1943年 1月23日キリバス領カントン島の飛行場を浮上砲撃
       1月31日カントン礁内在泊中の敵飛行艇母艦を砲撃する
       3月21日〜本土へ帰還。修理および遠距離航海に向けた改修を実施
1943年 6月 1日〜訪独派遣の特命を受けドイツへの輸送任務に従事
       8月31日ブレスト港に到着
      10月 5日日本へ帰投のためブレスト港を出発
      12月21日呉へ到着
1944年 2月〜インド洋方面へ出撃。通商破壊などに従事
       7月マダガスカル沖で独潜水艦「U−1224」と会合予定であったが失敗
(U−1224が5月13日に米駆逐艦により大西洋上で撃沈されていたため)
1945年 3月20日〜南西諸島方面へ出撃。沖縄本島付近へ配置される
       3月30日沖縄南方にて米駆「ストックトン」他の攻撃を受け大破。浮上砲戦ののち沈没
       8月10日除籍(同年4月15日戦没認定)


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,08,02(First Up 1999,05,29)