通報艦 淀

Scout Ship "Yodo"


淀
通報艦「淀」(1908年:竣工直前のため兵装は搭載されていない)
スペックデータ
排水量:(常)1,250t ボイラー:宮原罐・石炭重油混焼×4基 燃料搭載量:石炭 339t
        重油  76t
全長:85.34m
全幅:9.75m 主機:直立型往復動蒸気機関(4気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:2.97m
出力:6,000hp
武装:
50口径12cm単装砲2基、40口径7.6cm単装砲4基、
45cm魚雷発射管2門
最大速力:22.0kt
航続距離:不明
乗員定数:166名

同型艦名(1隻)
淀"Yodo"

通報艦 淀について
 日露戦争後に建造された通報艦で、神戸川崎が建造した初めての「軍艦」である。同時期に建造された「最上」がタービン機関を搭載して実験を行っていたため、レシプロ動力使用艦としての比較対照になった。
 第一次大戦後は測量艦として使用されるようになったが、特務艦へ類別されることはなく最後まで軍艦籍にあった(そのため艦種は砲艦に類別されている)。これは行動範囲が主に大陸沿岸であったので、国際儀礼を考慮したためと思われる。
 比較対照とされた「最上」は昭和3年に早々と除籍されたが、この「淀」は長く測量任務に使用され昭和15年(1940年)まで艦籍にあり、太平洋戦争終結後に解体処分された。

通報艦 淀の歴史
「淀」「淀」=京都・大阪を流れる淀川から取った名称。流長79キロ。
昔は京阪の大都市を繋ぐ交通路として利用された
1906年10月 2日神戸川崎にて起工
1907年11月19日進水
1908年 7月10日竣工
1911年11月〜シャム皇帝戴冠式に参列のため派遣される
1912年 8月28日一等砲艦に類別
1914年第二艦隊に所属し第一次大戦に参加。青島攻略や南シナ海の警備に従事
1927年 9月〜測量艦への改修工事を実施
1931年 6月 1日砲艦へ類別変更
1937年日中戦争勃発。中支沿岸部の警備および測量に従事
1940年 4月 1日除籍。「廃艦第13号」と改名。岩国にて係留
1945年解体処分される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,21(First Up 1999,09,07)