通報艦 八重山(初代)

Scout Ship "Yaeyama(1)"


八重山

八重山
通報艦「八重山」(上段:1892年頃)/(下段:1900年代初頭、機関換装後の姿)
スペックデータ(機関換装後)
排水量:(常)1,600t ボイラー:ニクローズ罐・石炭専焼×6基 燃料搭載量:石炭 218t
全長:96.90m
全幅:10.50m 主機:横置式往復動蒸気機関(3気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:3.96m
出力:5,400hp
武装:
12cm単装砲3基、47mm砲2基、37mm砲6基、
35.6cm魚雷発射管2門
最大速力:20.0kt
航続距離:不明
乗員定数:217名

同型艦名(1隻)
八重山(初代)"Yaeyama(1)"

通報艦 八重山(初代)について
 横須賀工廠で建造された小型艦であるが、設計は当時在日中のフランス人技師エミール・ベルタンの手によるものである。1,600tという小型艦でありながら、5,000馬力を超える機関を装備し当時の艦船としては超高速ともいえる20ノットオーバーの速力を発揮することができた。船体は横須賀にて建造されているが、機関についてはイギリスのホーソン・レスリー社で製作された。
 日清戦争参戦後に根室で座礁したが、座礁直前に行われた大修理の際に機関を新式のニクローズ罐に換装されており、燃料搭載量の増加から航続距離が三割増大していたため、廃棄とはならずに引き上げ修理されている。ちなみに、竣工当初は一本煙突だったものが、機関換装により二本煙突になったため艦のシルエットは大きく変わっている。
 日本最西端の八重山列島から艦名を取っているが、これは八重山列島の領有権宣明を意図してのものでもあったらしい。

通報艦 八重山(初代)の歴史
「八重山」(初代)「八重山」=沖縄県南西部の八重山列島から取った名称
石垣島・西表島と少数の小島からなり日本最西端の地である
1887年 6月 7日横須賀工廠にて起工
1889年 3月12日進水
1890年 3月15日竣工
1894年日清戦争に参加。大連や旅順攻略などに従事
1898年 8月23日通報艦に類別される
1900年機関を新式のニクローズ缶に換装
1902年 5月11日根室沖にて座礁沈没。同年9月に引き上げられる
      10月〜横須賀工廠にて修理を実施(完了は翌年6月)
1904年第三艦隊に所属し日露戦争に参加
1905年 5月27日日本海海戦に参加
       7月樺太作戦に参加
1911年 4月 1日除籍。翌年売却処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,21(First Up 1999,09,05)