鵜来型 海防艦

"Ukuru" Class Escort Vessels


屋久

宇久
(上段)海防艦「屋久」(1944年)/(下段)海防艦「宇久」(1944年)
スペックデータ
排水量:(公)1,020t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油 120t
全長:72.50m
全幅:9.10m 主機:艦本式22号10型ディーゼル機関×2基、2軸推進
吃水:3.05m
出力:4,200hp
武装:
45口径12cm連装高角砲1基、45口径12cm単装高角砲1基、
25mm3連装機銃2〜5基、同単装機銃5〜8基、
爆雷120個搭載(投射機8、投下軌条2)
最大速力:19.5kt
航続距離:16ktで5000浬
乗員定数:150名

同型艦名(20隻)
鵜来"Ukuru"沖縄"Okinawa"奄美"Amami"
粟国"Aguni"新南"Sin'nan"屋久"Yaku"
竹生"Tikubu"神津"Kouzu"[Kôzu]保高"Hodaka"
伊唐"Ikara"生野"Ikino"稲木"Inagi"
羽節"Habusi"男鹿"Ozika"金輪"Kanawa"
宇久"Uku"高根"Takane"久賀"Kuga"
志賀"Siga"伊王"Iou"[Iô] 

鵜来型海防艦について
 太平洋戦争開戦後の昭和17年(1942年)度に計画された第五次補充計画では改「占守」型を四隻建造する予定であった。しかし同年9月にこの計画は大幅に見直しされ、改第五次補充計画となり海防艦も三十四隻という大量建艦が決定、「御蔵」型の設計を更に大量生産に向くよう簡易化を実施した改乙型(後に従前の艦と合わせて甲型と総称されるようになった)海防艦の建造となった。(当ページでは終戦までに竣工した二十隻を紹介している)
 同時期に輸送船などの船舶不足を補うために実施された第二次戦時標準船の例にならって、極力曲線を用いず直線と平面で構成された簡易船型を採用して設計されているため、煙突の形も丸ではなく六角形となっており、鋼材や構造も商船に準じたものを使用している。
 建造に当たっては電気溶接を多用し、ブロック工法を採用したため建造工数は「占守」型の半分以下、「御蔵」型に比べても25%以上も減少している。スペックで見る限り搭載兵装は「御蔵」型と変更はないが兵器は新型のもの(例えば爆雷投射機は新式の三式投射機となる)が搭載されており、艦尾の掃海具や防雷具も廃止されている。
 大戦末期に建造されたクラスのため竣工できた艦も作戦に従事した期間は短く、大半の艦が終戦時に生き残っていた。そのため終戦後に戦時賠償艦や海上保安庁の巡視船への転用などで第二の人生を送った艦も少なくない。

鵜来型海防艦の歴史
「鵜来」「鵜来」=宿毛湾沖の豊後水道にある鵜来島から取った名称
内海から太平洋への出口に位置する。現在は「うぐる」と読む
1944年 7月31日日本鋼管にて竣工。同日付けで横須賀防備隊に編入
      10月16日第1海上護衛隊に編入。本土〜シンガポール間の船団護衛に従事
1945年 1月12日仏印付近で敵機の攻撃を受け損傷
       2月〜上海・朝鮮方面の船団護衛に従事
       8月15日日本海にて終戦を迎える
      11月30日除籍。掃海作業に使用される
1947年12月31日運輸省へ移管。「鵜来丸」と改名。定点観測船として使用される
1954年 1月 1日海上保安庁へ移管。巡視船「さつま」と改名
1965年11月24日解役
「沖縄」「沖縄」=琉球諸島最大の島、沖縄本島から取った名称。全国第3位の大きさ
(北方領土の択捉・国後を除けば最大)を誇る島で沖縄県の県庁所在地
1944年 8月16日日本鋼管にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
      10月 3日第1海上護衛隊に編入。フィリピン方面の船団護衛に従事
      11月18日パラワン島沖にて敵機の攻撃を受け損傷
1945年 2月〜中国沿岸・朝鮮方面の船団護衛に従事
       6月〜日本海方面の船団護衛に従事
       6月19日日本海にて米潜「ボーンフィッシュ」を撃沈(他艦と共同)
       7月30日舞鶴港にて敵機の攻撃を受け大破着底
       8月15日舞鶴港にて損傷したまま終戦を迎える
       9月15日除籍。後に浮揚解体
「奄美」「奄美」=鹿児島県に属する奄美大島から取った名称
名産品として黒糖や大島紬が有名である
1945年 4月 8日日本鋼管にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       5月14日舞鶴鎮守府部隊に編入。北海道方面の船団護衛に従事
       8月15日日本海にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。特別輸送艦(復員船)に指定される
1947年 9月22日戦時賠償艦として英国へ引き渡し。後に解体処分
「粟国」「粟国」=沖縄県に属し、沖縄本島の西に位置する粟国島から取った名称
1944年12月 2日日本鋼管にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
1945年 1月17日第1海上護衛隊に編入。香港方面の船団護衛に従事
       4月〜対馬方面の船団護衛に従事
       5月27日対馬海峡にて触雷大破。釜山へ回航される
       8月15日釜山港にて損傷したまま終戦を迎える
      11月30日除籍。後に解体処分
「新南」「新南」=日本占領時代の南沙諸島の呼称、新南群島から取った名称
現在は中国・台湾・ベトナム・フィリピンの間で領有権が争われている
1944年10月21日浦賀船渠にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
      11月26日第1海上護衛隊に編入。フィリピン方面の船団護衛に従事
1945年 1月16日香港にて敵機の攻撃を受け損傷
       4月〜対馬方面の船団護衛に従事
       8月15日佐世保にて終戦を迎える
      11月30日除籍。掃海作業に使用される
1947年12月31日運輸省へ移管。「新南丸」と改名。定点観測船として使用される
1954年 1月 1日海上保安庁へ移管。巡視船「つがる」と改名
1966年 6月 3日解役。後に改造され石油開発公団所有の宿泊船(自力航行不能)となる
1971年解体処分
「屋久」「屋久」=鹿児島県大隅諸島の一つ、屋久島から取った名称
1944年10月23日浦賀船渠にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
      11月25日第1海上護衛隊に編入。シンガポール方面の船団護衛に従事
1945年 2月23日仏印南東沖にて米潜水艦「ハンマーヘッド」の雷撃を受け沈没
       4月10日除籍
「竹生」「竹生」=滋賀県琵琶湖の北部に浮かぶ竹生島から取った名称
1944年12月31日浦賀船渠にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
1945年 3月 2日第1海上護衛隊に編入。台湾方面の船団護衛に従事
       8月〜北海道方面の船団護衛に従事
       8月15日函館にて終戦を迎える
      11月30日除籍。掃海作業に使用される
1947年12月31日運輸省へ移管。「竹生丸」と改名。定点観測船として使用される
1954年 1月 1日海上保安庁へ移管。巡視船「あつみ」と改名
1962年 2月20日解役
「神津」「神津」=伊豆七島の一つ、三宅島の西北西に位置する神津島から取った名称
1945年 2月 7日浦賀船渠にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       4月〜七尾湾にて訓練に従事後、北海道方面の船団護衛に従事
       8月15日日本海にて終戦を迎える
      11月30日除籍。掃海作業に使用される
1947年 8月28日戦時賠償艦としてソ連に引き渡し。哨戒艦となり艦名を「ЭК-47」(EK-47)と改称
1948年海洋調査艦に類別。艦名を「ノルド」[Норд]と改称
1953年艦名を「グルボマー」[Глубомер]と改称
1955年工作艦に類別。艦名を「ПМ-62」(PM-62)と改称
1969年 1月25日ソビエト海軍除籍。後に解体処分
「保高」「保高」=瀬戸内海海柱島(連合艦隊の泊地であった)の北方にある
保高島から取った名称。現在は山口県岩国市に属する
1945年 3月30日浦賀船渠にて竣工。同日付けで横須賀鎮守府に編入
       5月 5日第51戦隊に編入。北海道方面の船団護衛等に従事
       6月〜対潜掃討・機雷敷設作業の護衛などに従事
       8月15日舞鶴にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。特別輸送艦(復員船)に指定される
1947年 7月19日戦時賠償艦として米国へ引き渡されるが、浦賀にて解体処分となる
「伊唐」「伊唐」=天草の南に位置し八代海に浮かぶ伊唐島から取った名称
1945年 4月30日浦賀船渠にて竣工。同日付けで横須賀鎮守府に編入
       5月 5日第51戦隊に編入。七尾へ回航され待機状態となる
       8月 1日七尾港にて触雷、航行不能となる
       8月15日七尾にて航行不能(大破着底状態)のまま終戦を迎える
      11月30日除籍。後に浮揚解体
「生野」「生野」=広島県竹原市の南に位置する生野島から取った名称
現在、島名は「いくの」と読むことが多い
1945年 7月17日浦賀船渠にて竣工。同日付けで第51戦隊に編入
(日本海軍の海防艦として最後の竣工艦)
       8月15日横須賀にて終戦を迎える
       9月15日除籍。特別輸送艦(復員船)に指定される
1947年 7月29日戦時賠償艦としてソ連に引き渡し。哨戒艦となり艦名を「ЭК-41」(EK-41)と改称
1950年代?標的艦に類別。艦名を「ЦЛ-41」(TsL-41)と改称
1950年代後半?海洋調査艦に類別。艦名を「ヴァル」[Вал]と改称
1961年ソビエト海軍除籍。後に解体処分
「稲木」「稲木」=瀬戸内海備讃諸島の一つ、稲木島から取った名称
1944年12月16日三井造船玉野にて竣工。同日付けで呉鎮守府に編入
1945年 2月 1日第1海上護衛隊に編入。シンガポール方面の船団護衛に従事
       3月31日周防灘(部崎灯台付近)にて触雷、損傷
       4月末〜上海方面の船団護衛に従事
       6月〜北海道方面の船団護衛に従事
       7月〜三陸方面の船団護衛に従事
       8月 9日八戸港にて敵機の攻撃を受け沈没
       9月15日除籍
「羽節」「羽節」=香川県備讃瀬戸にある羽節岩から取った名称
瀬戸内海で航路の指標となる岩礁である
1945年 1月10日三井造船玉野にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       3月 1日第1海上護衛隊に編入。中国沿岸方面の船団護衛に従事
       8月15日巨済島にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。特別輸送艦(復員船)に指定される
1947年 9月 6日戦時賠償艦として米国へ引き渡されるが、浦賀にて解体処分となる
「男鹿」「男鹿」=五島列島中部に位置する男鹿島から取った名称
現在、島名は「おしか」と読む
1945年 2月21日三井造船玉野にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       3月25日第1海上護衛隊に編入。本土〜上海間の船団護衛に従事
       5月 2日黄海南部にて米潜水艦「スプリンガー」の雷撃を受け沈没
       5月25日除籍
「金輪」「金輪」=広島港にある金輪島から取った名称
1945年 3月15日三井造船玉野にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       5月〜対馬方面の船団護衛に従事
       8月15日対馬海峡付近で終戦を迎える
      10月 5日除籍。特別輸送艦(復員船)に指定される
1947年 8月14日戦時賠償艦として英国へ引き渡し。後に解体処分
「宇久」「宇久」=五島列島北端に位置する宇久島から取った名称
1944年12月30日佐世保工廠にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
1945年 2月 8日第1海上護衛隊に編入。上海方面の船団護衛に従事
       4月28日朝鮮半島黒山諸島付近で敵機の攻撃を受け損傷
       5月 9日門司付近にて触雷、中破
       7月〜対馬方面の船団護衛に従事
       8月15日対馬海峡付近にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。特別輸送艦(復員船)に指定される
1947年 7月 4日戦時賠償艦として米国へ引き渡し。後に解体処分
「高根」「高根」=瀬戸内海芸備諸島の一つ高根島から取った名称
地形図では「こうね」と読み、水路図では「たかね」と読まれる
1945年 4月26日三井造船玉野にて竣工。同日付けで呉鎮守府に編入
       5月 5日第51戦隊に編入。日本海方面の船団護衛に従事
       7月30日舞鶴にて敵機の攻撃を受け損傷
       8月15日舞鶴工廠にて修理中に終戦を迎える
      10月 5日除籍。後に解体処分
「久賀」「久賀」=長崎県五島列島にある久賀島から取った名称。島名は「ひさが」と
読むが、同型艦「四阪」と音が似ているため艦名は「くが」とした
1945年 1月15日佐世保工廠にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       2月 8日第1海上護衛隊に編入。朝鮮方面の船団護衛に従事
       6月25日山口県深川湾にて触雷、航行不能となる。舞鶴へ曳航される
       8月15日舞鶴工廠にて修理中に終戦を迎える
      11月30日除籍。後に解体処分
「志賀」「志賀」=福岡県博多湾に浮かぶ志賀島から取った名称
シカノシマとも呼ばれる。現在、島名は「しか」と読む
1945年 3月20日佐世保工廠にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       5月 5日第51戦隊に編入。朝鮮方面の船団護衛に従事
       8月15日対馬にて終戦を迎える
      11月30日除籍。掃海作業に使用される
1946年11月米軍の指示により博多〜釜山間の連絡用船として使用される
1949年12月31日運輸省へ移管。「志賀丸」と改名。定点観測船として使用される
1954年 1月 1日海上保安庁へ移管。巡視船「こじま」と改名。海上保安大学練習船となる
1964年 5月20日解役。後に千葉市の海洋公民館として使用されたが1998年解体撤去
「伊王」「伊王」=長崎港外にある伊王島から取った名称
明治2年に日本初の灯台が設置された
1945年 3月24日佐世保工廠にて竣工。同日付けで呉防備隊に編入
       5月 5日第51戦隊に編入。北海道方面の船団護衛に従事
       8月15日稚内にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。特別輸送艦(復員船)に指定される
1948年 5月解体処分


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,19(First Up 1999,09,01)