剣埼(2代)型 給油艦(潜水母艦)

"Turugizaki(2)" Class Fleet Oilers (Submarine Tenders)


剣埼
潜水母艦「剣埼」(1939年)
スペックデータ(給油艦としての計画値)
排水量:(公)13,000t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油 1620t
全長:185.00m
全幅:18.18m 主機:艦本式11号12型ディーゼル機関×4基、2軸推進
吃水:6.73m
出力:13,000hp
武装:
40口径12.7cm連装高角砲2基、水偵3機搭載
最大速力:19.0kt
航続距離:18ktで10000浬
乗員定数:不明
スペックデータ(潜水母艦としての計画値)
排水量:(公)13,350t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油 1620t
全長:185.00m
全幅:18.00m 主機:艦本式11号ディーゼル機関×8基(10型、12型各4)、2軸推進
吃水:6.86m
出力:56,000hp
武装:
40口径12.7cm連装高角砲2基、水偵3機搭載
最大速力:28.7kt
航続距離:18ktで10000浬
乗員定数:不明

同型艦名(2隻)
剣埼(2代)"Turugizaki(2)"高崎(2代)"Takasaki(2)"

剣埼(2代)型給油艦について
 ロンドン海軍条約時代に計画された第二次補充計画(マル二計画)で給油艦として計画・起工された艦である。
 条約で定められた日本の空母保有量はすでに制限枠いっぱいになっていたため、当クラスは他艦種で建造し戦時には急速に航空母艦への改装が可能なように設計されていた。
 しかし建造に着手後に第4艦隊事件・友鶴事件がおこり他の軍艦の補強・改修が優先され、当艦の竣工はロンドン海軍条約の期限明けとなる見込みとなったため、工事途中に給油艦として完成させるか、潜水母艦として完成させるか、航空母艦として完成させるかの選択をすることとなった。
 そこで結局は潜水母艦として竣工し、最終的には航空母艦「祥鳳」「瑞鳳」へ改装されたのである。

剣埼(2代)型給油艦の歴史
「剣埼」(2代)「剣埼」=神奈川県三浦半島南東端の剣埼から取った名称
1934年12月 3日横須賀工廠にて給油艦「剣埼」として起工
1935年 6月 1日進水。進水後一時工事中断
1938年工事再開。潜水母艦として完成を目指す
       9月15日潜水母艦へ類別変更
1939年 1月15日竣工。以降の年表は航空母艦「祥鳳」を参照のこと
「高崎」(2代)「高崎」=島根県隠岐西ノ島の高崎鼻、または対馬舟志湾内の
高崎鼻に採ると2つの説がある
1935年 6月20日横須賀工廠にて給油艦「高崎」として起工
1936年 6月19日進水。進水後一時工事中断
1938年 9月15日潜水母艦へ類別変更
1940年 1月工事再開。航空母艦として完成を目指す
      12月27日竣工。以降の年表は航空母艦「瑞鳳」を参照のこと


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,10,03(First Up 1999,10,14)