敷設艦 津軽(2代)

Minelayer "Tugaru(2)"


津軽
敷設艦「津軽」(1941年)
スペックデータ
排水量:(公)4,400t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×4基 燃料搭載量:重油 580t
全長:113.00m
全幅:15.58m 主機:艦本式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:4.92m
出力:9,000hp
武装:
40口径12.7cm連装高角砲2基、25mm連装機銃2基、
6号機雷600個搭載、水偵1機搭載(射出機1基)
最大速力:20.0kt
航続距離:14ktで5000浬
乗員定数:414名

同型艦名(1隻)
津軽(2代)"Tugaru(2)"

敷設艦 津軽(2代)について
 第三期補充計画(マル3計画)で計画建造された敷設艦で、「沖島」の準同型艦である。「沖島」と同様の性能を持たせることを目標に設計されているため艦型は似ているものの、内容的には再設計により線図を引き直されるなど著しい改良が加えられており、また友鶴事件や第四艦隊事件の影響から船体構造も見直しがされ、「沖島」では溶接構造だった船体は強度を増すためにリベット接合へ改められた。
 敷設艦としての任務の他に、前進航空基地への補給任務にも使用できるように航空機用爆弾・機銃弾やガソリンを搭載する能力もある。また「沖島」に比べ後端の平たい部分が大きくなり機雷敷設能力もアップしている。

敷設艦 津軽(2代)の歴史
「津軽」(2代)「津軽」=本州と北海道の間にある津軽海峡から取った名称
1939年 7月 5日横須賀工廠にて起工
1940年 6月 5日進水
1941年10月22日竣工
1942年初頭〜太平洋戦争に参加。ラエ・サラモア攻略等に従事
       3月10日ニューギニア島沖にて敵機の爆撃を受け損傷
       5月 8日珊瑚海海戦に参加
       6月〜ソロモン方面での輸送任務に従事
1943年12月 1日第3南遣艦隊に編入。シンガポールへ進出
1944年 1月〜ペナン沖に機雷敷設の後、シンガポール方面で輸送任務に従事
       6月21日ソロン西方にて蘭潜「K XIV」の雷撃を受け損傷
       6月29日フィリピンへ向け回航中、モロカイ島沖にて米潜「ダーター」の雷撃を受け沈没
       8月10日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,20(First Up 1999,09,04)