燕(2代)型 敷設艇

Minelayer "Tubame" Class


燕
敷設艇「燕(2代)」(1929年)
スペックデータ
排水量:(基)450t ボイラー:ロ号艦本式・石炭重油混焼×2基 燃料搭載量:重油 35t
        石炭 40t
全長:63.0m
全幅:7.2m 主機:直立往復動蒸気機関(3気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:4.5m
出力:2,500hp
武装:
40口径8cm単装高角砲1基、13mm単装機銃1基、
爆雷18発搭載(投射機2)
(後に機雷敷設装備を撤去し爆雷36発を搭載できるよう改修された)
最大速力:19.0kt
航続距離:10ktで1200浬
乗員定数:43名(平時)
       80名(戦時)

同型艦名(2隻)
燕(2代)"Tubame(2)"鴎(2代)"Kamome(2)"

燕(2代)型 敷設艇について
 第一次大戦でドイツ潜水艦に苦しめられたイギリス海軍は大戦中に各種の対潜作戦を行い多くの戦術や兵器を生み出した。その中でも港湾の防御のために湾口へ展開する防潜網(敵潜水艦が湾内へ侵入するのを防ぐ網)や捕獲網(敵の潜水艦にからみ行動不能とする網)については大戦後に日本海軍でも研究が行われ、大正10年(1921年)に制式兵器へ採用されている。
 これら対潜作戦用の網は展開する範囲が広いため、雑務を行う小型艇による展開では効率が悪いので専用の艦艇が建造されることになり、大正12年度の補充計画で大型巡洋艦や一等駆逐艦に混じって急設網敷設艦一隻と捕獲網敷設艇三隻(後に二隻へ変更)の建造が計画された。そこで建造された敷設艇が当クラスである(同時に建造された急設網敷設艦は「白鷹」)。
 船体の設計は「第1号」型掃海艇に範を取った軍艦形式とされ、上甲板は作業の支障とならないような配置となっていた。捕獲網を三浬(約5.5キロメートル)搭載できたが、防潜網や機雷の敷設も可能なようになっている。建造当初は高さ60センチのブルワーク(上甲板舷側にある手すり状の立ち上がり)が装備されていたが、後に復原性改善のため撤去された。また平時には港湾から遠くへ離れない任務のため多くの乗員は必要なかったが、戦時には外地への展開や対策要員の増員などで乗員が増えることを見越して居住区画は広く作られている。
 日華事変(日中戦争)では支那方面の作戦行動に参加し、また太平洋戦争緒戦でも南方作戦に参加するなど活躍したが、太平洋戦争中盤以降は船団護衛など専門外の任務に回され二隻とも戦没した。

「燕」(2代)型 敷設艇の歴史
「燕」(2代)「燕」=鳥の名前。ツバメ科に属す小型の渡り鳥
春先に日本へ渡来、秋に南方へ帰る。よく軒下などに巣を作っている
1928年 9月17日横浜船渠にて特務艇(捕獲網艇)として起工
1929年 3月22日類別を特務艇(二等敷設艇)に変更
       4月24日進水
       7月15日竣工。大島防備隊に配属
1931年 5月30日等級廃止により類別を敷設艇に変更
1935年頃友鶴事件の発生をうけ復原性改善工事を実施
1938年 5月〜支那方面艦隊に所属し、日華事変に参加
       6月26日長江沿岸の中国軍を砲撃する
1941年12月〜第3艦隊第32根拠地隊に所属し、フィリピン攻略に参加
1942年 4月〜東南アジア、中国沿岸などで船団護衛に従事
1944年 2月〜佐世保鎮守府の警備敷設艇となり港湾防備に従事
1945年 3月 1日石垣島北方沖にて米艦載機の攻撃を受け沈没
       5月 1日除籍
「鴎」(2代)「鴎」=鳥の名前。ハトよりやや大きい海鳥。海岸や
港などで最も一般的に見ることができる鳥である
1928年10月11日大阪鉄工所桜島工場にて特務艇(捕獲網艇)として起工
1929年 3月22日類別を特務艇(二等敷設艇)に変更
       4月27日進水
       8月30日竣工
1931年 5月30日等級廃止により類別を敷設艇に変更
1935年頃友鶴事件の発生をうけ復原性改善工事を実施
1938年 5月〜第一特別掃海隊に所属し、日華事変に参加
       6月14日〜九江攻略(V作戦)に参加
       7月 6日長江を遡上中、江西省彭沢湖付近で触雷。艦尾切断の損傷を負う
沈没を避け擱座ののち、「燕」の掩護を受けつつ拠点へ帰還
1941年12月〜第3艦隊第32根拠地隊に所属し、フィリピン攻略に参加
1942年 1月〜東南アジア、中国沿岸などで船団護衛に従事
      10月 5日長崎県五島南方沖にて敵潜水艦らしきものを攻撃(他艦と共同)
1944年 4月27日沖縄県那覇市北方沖にて米潜「ハリバット」の攻撃を受け沈没
       6月10日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,10,31