第50号型 水雷艇

"No.50" Class TorpedoBoats


第57号水雷艇
第57号水雷艇(1902年)
スペックデータ
排水量:(常)53t ボイラー:ノルマン罐・石炭専焼×1基 燃料搭載量:石炭 4.4t
全長:34.01m
全幅:3.51m 主機:直立型往復動蒸気機関(3気筒3段膨張式)×1基、1軸推進
吃水:0.89m
出力:657hp
武装:
47mm単装砲2基、35.6cm魚雷単装発射管2基2門
最大速力:20.0kt
航続距離:不明
乗員定数:不明

同型艦名(10隻)
第50号"No.50"第51号"No.51"第52号"No.52"第53号"No.53"第54号"No.54"
第55号"No.55"第56号"No.56"第57号"No.57"第58号"No.58"第59号"No.59"

第50号型水雷艇について
 フランスのノルマン社に発注建造された「第15号」型水雷艇の設計を改正して国内で建造した水雷艇。横須賀および呉の海軍工廠にて建造が行われている。
 「第15号」型では艦首甲板上にあった旋回式魚雷発射管を艦尾甲板に移しており、艦首甲板が波をかぶるような航走中でも影響を受けずに雷撃が可能となった。
 日清戦争後に建造され日露戦争では活躍し、二隻が戦没している。しかし生き残った艦も大正初期までに退役した。

第50号型水雷艇の歴史
「第50号」 
1900年11月 3日横須賀工廠にて竣工
1904年日露戦争に参加。旅順攻略作戦等に従事
1911年 4月 1日(1912年説あり)除籍
「第51号」 
1900年11月 3日横須賀工廠にて竣工
1904年日露戦争に参加
       6月28日旅順港外にて濃霧のため座礁、沈没
 除籍年月日 不明
「第52号」 
1901年 2月18日横須賀工廠にて竣工
1904年日露戦争に参加。旅順攻略作戦等に従事
1912年 4月 1日除籍
「第53号」 
1901年 4月22日呉工廠にて竣工
1904年日露戦争に参加
      12月13日旅順攻略作戦中に消息不明となる
(ロシア側の記録では旅順港外で触雷沈没と推測されている)
 除籍年月日 不明
「第54号」 
1901年 4月22日呉工廠にて竣工
1904年日露戦争に参加
1914年 4月 1日除籍
「第55号」 
1901年 5月16日呉工廠にて竣工
1904年日露戦争に参加
1913年 4月 1日除籍
「第56号」 
1902年 8月25日横須賀工廠にて竣工
1904年日露戦争に参加。旅順攻略作戦等に従事
1913年 4月 1日除籍
「第57号」 
1901年11月20日呉工廠にて竣工
1904年日露戦争に参加。旅順攻略作戦等に従事
1913年 4月 1日除籍
「第58号」 
1902年 1月27日呉工廠にて竣工
1904年日露戦争に参加。旅順攻略作戦等に従事
1915年 4月 1日除籍
「第59号」 
1902年 4月 8日呉工廠にて竣工
1904年日露戦争に参加。旅順攻略作戦等に従事
1922年 4月 1日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,23(First Up 1999,09,13)