第15号型 水雷艇

"No.15" Class TorpedoBoats


写真なし

スペックデータ
排水量:(常)54t ボイラー:ジェタンブル罐・石炭専焼×1基 燃料搭載量:石炭 8t
全長:34.01m
全幅:3.51m 主機:直立型往復動蒸気機関(3気筒3段膨張式)×1基、1軸推進
吃水:0.89m
出力:657hp
武装:
47mm単装砲1基、35.6cm魚雷単装発射管2基2門
最大速力:20.0kt
航続距離:不明
乗員定数:不明

同型艦名(2隻)
第15号"No.15"第20号"No.20"

第15号型水雷艇について
 明治18年(1885年)に発注された水雷艇。設計はエミール・ベルタンの手によるものであるが、ほとんどクルーソン社製の水雷艇「第5号」型と同じで、異なっていたのは機関(搭載ボイラーが汽車罐から水管罐に、主機が二段膨張式から三段膨張式に変更)と、船体が若干大型化したことぐらいであった。「第15号」をノルマン社に建造させているが、同じ設計をもとに呉工廠支部(小野浜造船所)にて「第20号」が建造されている。
 日清戦争にて使用され活躍したが、他の水雷艇同様現役期間は短かった。

第15号型水雷艇の歴史
「第15号」 
1893年11月 1日仏ノルマン社にて竣工。公試後日本へ舶送される
1894年日清戦争に参加。澎湖島攻略作戦等に従事
1910年 4月 1日除籍
「第20号」 
1893年10月18日呉鎮守府造船部支部にて竣工
1894年日清戦争に参加。澎湖島攻略作戦等に従事
1910年 4月 1日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,22(First Up 1999,09,11)