千歳(2代)型 水上機母艦

"Titose(2)" Class Seaplane Tenders


千歳(水上機母艦)
水上機母艦「千歳」(1938年)
スペックデータ(竣工時)
排水量:(公)12,550t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×4基 燃料搭載量:重油 1600t
全長:(水)183.0m
全幅:18.80m 主機:艦本式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
    補助として艦本式11号ディーゼル機関×2基
吃水:7.21m
出力:56,800hp
武装:
40口径12.7cm連装高角砲2基、25mm連装機銃6基、
水偵24機(他に補用4機)搭載(射出機4基)
最大速力:29.0kt
航続距離:16ktで8,000浬
乗員定数:不明
スペックデータ(甲標的母艦改装(昭和14年)後)
排水量:(公)12,350t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×4基 燃料搭載量:重油 1600t
全長:(水)183.6m
全幅:18.80m 主機:艦本式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
    補助として艦本式11号ディーゼル機関×2基
吃水:7.08m
出力:56,800hp
武装:
40口径12.7cm連装高角砲2基、25mm連装機銃6基、
水偵12機搭載(射出機2基)、甲標的12隻搭載
最大速力:29.0kt
航続距離:16ktで8,000浬
乗員定数:不明

同型艦名(2隻)
千歳(2代)"Titose(2)"千代田(3代)"Tiyoda(3)"

千歳(2代)型水上機母艦について
 当「千歳」型は日本海軍初の新造水上機母艦であったが、計画段階から甲標的母艦として改装することを前提にされていた。竣工後、水上機母艦として任務に従事したのは一年程度と短く、昭和15年からは甲標的母艦(特潜母艦)としての装備を追加され、甲標的母艦任務に従事することとなった(ただし甲標的の存在自体が軍事機密だったため、艦種類別上は水上機母艦のままとされた)。
 しかし、日本海軍が考えていた漸減作戦が実行されなかったため甲標的母艦としての出番も無く、またミッドウェー海戦での正規空母損失を補う必要もあったことから、当クラス二隻は昭和17年末から航空母艦へ改装されることとなった。改装後の詳細は航空母艦「千歳」の項を参照してほしい。

千歳(2代)型水上機母艦の歴史
年表は航空母艦「千歳」型の項を参照してください


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,07(First Up 1999,08,21)