千鳥(2代)型 水雷艇

"Tidori(2)" Class TorpedoBoats


千鳥

千鳥
(上段)水雷艇「千鳥」(1933年:竣工時)/(下段)水雷艇「千鳥」(1934年:改善工事後)
スペックデータ(竣工時)
排水量:(公)615t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油 120t
全長:77.50m
全幅:7.40m 主機:艦本式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:2.00m
出力:11,000hp
武装:
50口径12.7cm連装砲1基、50口径12.7cm単装砲1基、
13mm単装機銃1基、53.3cm魚雷連装発射管2基4門
最大速力:30.0kt
航続距離:14ktで3000浬
乗員定数:120名
スペックデータ(復原性能改善(昭和9年)後)
排水量:(公)772t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油 120t
全長:77.50m
全幅:7.40m 主機:艦本式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:2.30m
出力:11,000hp
武装:
45口径12cm単装砲3基、13mm単装機銃1基、
53.3cm魚雷連装発射管1基2門
最大速力:30.0kt
航続距離:14ktで3000浬
乗員定数:120名

同型艦名(4隻)
千鳥(2代)"Tidori(2)"真鶴(2代)"Manazuru(2)"
友鶴"Tomozuru"初雁"Hatukari"

千鳥(2代)型水雷艇について
 駆逐艦が発達したことにより列強海軍では水雷艇という艦種の建造を行わなくなっていた。日本海軍でも大正13年(1924年)には艦種類別基準から水雷艇の分類を削除し、建造も行われなくなった。
 ところが1930年代に入ってロンドン軍縮条約により艦艇の保有量を制限されてしまった日本海軍は、制限外艦艇として認められた排水量600トン未満という枠で水雷艇という艦種を復活させ、駆逐艦戦力の代用にすることにした(ちなみに英米に比べ日本同様に保有制限が厳しかった仏伊も600トン級の水雷艇を多数建造している)。
 したがって昭和期の水雷艇は明治・大正期の水雷艇のような小型軽便な舟艇ではなく、小型駆逐艦ともいえる艦となり、ロンドン軍縮条約締結後の第一次補充計画で四隻の建造が決まったこの「千鳥」型水雷艇はこのような経緯によって建造されたものである。
 しかし制限いっぱいの小型艦艇に極力強力な兵装を装備させたため艦の復原性(船体が傾いても起きあがりこぼしのように元に戻る能力のこと。これが不足すると転覆の可能性が高くなる)が不足し、ついに昭和9年3月に三番艦「友鶴」が荒天のため転覆、100名を超える殉職者を出すという事故(友鶴事件)がおこり、急遽復原性改善工事が行われている(四番艦「初雁」は建造中だったため性能改善を施して竣工している)。性能改善工事は徹底的に行われており、上掲の写真を見ても判るとおり艦橋の高さを低くしたり、主砲塔の小型化や魚雷発射管の減など兵装の縮小が行われ艇上部の重量を減らし、また艦底にはバラストを搭載するなどの重心低下策が施された。
 太平洋戦争では開戦時から南方での作戦を支援し、その後も船団護衛などに活躍したが戦争末期になって三隻が戦没、最終艦の「初雁」のみが終戦時に生き残っていた。

千鳥(2代)型水雷艇の歴史
「千鳥」(2代)「千鳥」=鳥の名前。チドリ科に属する鳥の総称である
多数が群をなして飛ぶためにこの名が付いた
1931年10月13日舞鶴工廠にて起工
1933年 4月 1日進水
      11月20日竣工
1934年11月15日性能改善工事後、佐世保第21水雷隊に編入
1938年〜日華事変に際しては揚子江河口近辺で作戦に従事
1941年12月〜太平洋戦争に参加。フィリピン攻略、ジャワ攻略作戦等に従事
1942年 3月〜東南アジア、台湾、本土方面などで船団護衛任務に従事
1944年11月25日第三海上護衛隊に編入
     12月22日御前崎付近で米潜水艦「タイルフィッシュ」の雷撃を受け沈没
1945年 2月10日除籍
「真鶴」(2代)「真鶴」=鳥の名前。ツル科に属しタンチョウヅルとほぼ同じ大きさ。
現在では日本に少数が渡ってくるだけとなり天然記念物に指定されている
1931年12月22日藤永田造船所にて起工
1933年 7月11日進水
1934年 1月31日竣工
1934年秋性能改善工事を行う
1939年〜旅順を基地として北支方面で作戦に従事
1941年12月〜太平洋戦争に参加。フィリピン攻略、ジャワ攻略作戦等に従事
1942年 3月〜東南アジア、台湾、本土方面などで船団護衛任務に従事
1944年 4月10日第四海上護衛隊に編入
1945年 3月 1日那覇にて敵機の攻撃を受け沈没
       5月20日除籍
「友鶴」「友鶴」=雌雄そろいの鶴を指し、良い配偶者の喩えとされる
1932年11月11日舞鶴工廠にて起工
1933年10月 1日進水
1934年 2月24日竣工
       3月12日佐世保港外にて訓練中、荒天および操艦ミスにより転覆(友鶴事件)
1935年 7月船体修理、性能改善工事終了の後、編成へ復帰
1939年〜旅順を基地として北支方面で作戦に従事
1941年12月〜太平洋戦争に参加。フィリピン攻略、ジャワ攻略作戦等に従事
1942年 3月〜東南アジア、台湾、中支方面などで船団護衛任務に従事
1943年 1月 6日西部ニューギニアにて揚陸中、敵機の攻撃を受け中破
2月から5月にかけてスラバヤにて修理を実施
1944年 4月10日第四海上護衛隊に編入
1945年 3月24日東シナ海にて敵機の攻撃を受け沈没
      4月10日除籍
「初雁」「初雁」=その年最初に北方から渡ってくる雁を指す言葉
1933年 4月 6日藤永田造船所にて起工
      12月19日進水
1934年 7月15日竣工
1939年〜旅順を基地として北支方面で作戦に従事
1941年12月〜太平洋戦争に参加。フィリピン攻略、ジャワ攻略作戦等に従事
1942年 3月〜東南アジア、台湾方面で船団護衛任務に従事
1943年〜香港方面にて船団護衛任務に従事
1944年 2月 5日香港近海にて敵機の攻撃を受け軽微な損傷を負う
       6月12日高雄沖にて敵機の攻撃を受け軽微な損傷を負う
      11月 7日香港青洲島付近で触雷損傷。香港にて修理を実施(完了は翌月)
1945年 8月15日香港にて終戦を迎え、英軍に接収される
1947年 5月 3日除籍。翌年解体処分される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,26(First Up 1999,09,15)