潜水母艦 大鯨

Submarine Tender TAIGEI


大鯨
潜水母艦「大鯨」(1935年頃)
スペックデータ(竣工時)
排水量:(公)10,500t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油 1897t
全長:(水)211.12m
全幅:18.07m 主機:艦本式11号ディーゼル機関×4基、2軸推進
吃水:5.33m
出力:14,000hp
武装:
40口径12.7cm連装高角砲2基、40mm連装機銃2基、
13mm4連装機銃2基、水偵3機搭載(射出機1基)
最大速力:20.0kt
航続距離:18ktで10,000浬
乗員定数:不明
スペックデータ(船体強度改善(昭和13年)後)
排水量:(公)14,400t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油 1255t
全長:(水)210.0m
全幅:19.85m 主機:艦本式11号ディーゼル機関×4基、2軸推進
吃水:6.53m
出力:25,600hp
武装:
40口径12.7cm連装高角砲2基、40mm連装機銃2基、
水偵3機搭載(射出機1基)
最大速力:22.2kt
航続距離:18ktで10,000浬
乗員定数:430名

同型艦名(1隻)
大鯨"Taigei"

潜水母艦 大鯨について
 1933年度の補充計画で建造が決定された潜水母艦であるが、戦時には航空母艦へ改装が可能なよう設計されており、非常に特徴的なシルエットをした艦である。ディーゼル機関を搭載しているため大きな煙突は必要ないのだが、船体中央に目立つ煙突が搭載されている。この煙突はダミーで、空母改装のためのブロック(格納庫などに使用できるスペース)を艦内に持っていることを隠蔽する目的があった。
 また電気溶接を多用し起工から7ヶ月という短期間で進水しているが、この電気溶接は失敗であり進水後に再度ドックへ引き揚げられ補修されている。当時軍艦の進水式は天皇に日程を報告され、軍の御歴々が出席するため進水式の日程を遅らせることは出来なかったので、スクリューシャフトを通さずに進水させていたのである。
 機関として採用されたディーゼルエンジンも不調であり、就役後もたびたび修理を受けている。また第四艦隊事件を受けての調査では船体強度不足も指摘されたため性能改善と機関換装工事が行われたが、途中で日中間の武力衝突が起こり工事が中断するなど遅々として進まず、ようやく本来の潜水母艦(戦隊旗艦)として艦隊へ編入されたのは昭和13年(1938年)のことであった。
 しかし潜水母艦としての現役期間は短く艦隊編入から3年ほどで太平洋戦争が開戦、その直後には航空母艦への改装工事が行われて1942年に航空母艦「龍鳳」として完成した。

潜水母艦 大鯨の歴史
「大鯨」「大鯨」=文字どおり大きな鯨をイメージした名称
1933年 4月12日横須賀工廠にて起工
      11月16日進水
1934年 3月31日竣工するも横須賀鎮守府所属の予備艦となり、工事・改修を続行
       7月 1日呉鎮守府へ転属。同年11月に一応の工事完成をみる
1935年 9月第四艦隊事件発生。当艦も荒天のため損傷を負う
1936年 2月〜横須賀工廠にて主機換装、性能改善工事を実施
1937年 8月〜日華事変勃発のため、工事を中断し第三艦隊に編入。中国沿岸部へ進出
      10月〜本土へ帰還し、工事を再開
1938年 9月 5日第一潜水戦隊に転属。戦隊旗艦となる
1941年 6月10日第二潜水戦隊に転属。戦隊旗艦となる
      12月 4日進出先のクェゼリンから内地(呉)へ帰還する
      12月20日〜航空母艦への改装工事に着手
 以後の歴史は航空母艦「龍鳳」の項を参照のこと


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,06(First Up 1999,05,26)