第17号型 掃海艇

"No.17" Class Fleet Mine Sweeper


写真なし

スペックデータ
排水量:(公)700t ボイラー:ロ号艦本式罐・石炭重油混焼×2基 燃料搭載量:石炭 110t
        重油  47t
全長:67.30m
全幅:7.85m 主機:艦本式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:2.50m
出力:3,200hp
武装:
45口径12cm単装砲2基、13mm連装機銃1基(2基との説あり)、
爆雷36発(投射機1)
最大速力:19.0kt
航続距離:12ktで2600浬
乗員定数:94名

同型艦名(2隻)
第17号"No.17"第18号"No.18"

第17号型掃海艇について
 「第13号」型および「第15号」型掃海艇と同型であるが、先におこった友鶴事件の教訓から艦型設計の修正が行われており、機関もタービンに変更されている。
 復原性能を高めるため艦底部にウェイトを搭載しているので若干排水量が増加し、最高速度が1ノットほど遅くなってしまった。
 「第18号」艇は戦没してしまっているが、「第17号」艇は終戦時に生き残っていた。しかし触雷のため損傷を負っていたので、戦後の復員輸送や掃海作業などには従事せず解体処分となっている。

第17号型掃海艇の歴史
「第17号」 
1936年 1月15日大阪鉄工所桜島工場にて竣工
1944年11月26日船団護衛中、海南島付近で敵機の攻撃を受け損傷を負う
1945年 8月 2日鎮海にて触雷、機関部を損傷。そのまま終戦を迎える
1948年 9月 1日解体処分される
「第18号」 
1936年 4月30日三井造船玉野造船所にて竣工
1944年11月26日海南島南方にて敵機の攻撃を受け沈没


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,10,12(First Up 2000,06,03)