第13号型 掃海艇

"No.13" Class Fleet Mine Sweeper


第14号
第14号掃海艇(1933年)
スペックデータ(【 】内は性能改善改修後の数値)
排水量:(公)560t【(公)800t】 ボイラー:ロ号艦本式罐・石炭重油混焼×2基 燃料搭載量:石炭 53t
        重油 23t
全長:69.00m
全幅:8.20m 主機:直立型往復動蒸気機関(3気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:2.00m【3.13m】
出力:3,200hp
武装:
45口径12cm単装砲2基、40口径7.6cm単装高角砲1基、
13mm単装機銃2基、爆雷36個搭載(投射機2)
最大速力:20.0kt【19.0kt】
航続距離:12ktで2600浬
乗員定数:98名

同型艦名(2隻)
第13号"No.13"第14号"No.14"

第13号型掃海艇について
 「第5号」型掃海艇を元に兵装の充実化や居住性の向上などの改設計を施した艦。建造計画では「第13号」から「第18号」までの6隻が予定されたが、2隻づつに分けて逐次改正を加えながら建造されたため、このサイトではそれぞれ異なったタイプとして掲載している。
 この「第13号」型が完成した後に、友鶴事件がおこったため復原性能改善の改装工事が行われているが、この工事のおかげか改装後のシルエットは新造時よりも美しいものとなった。
 2隻とも太平洋戦争当初のボルネオ島タラカン油田攻略部隊の船団護衛に従事していたが、船団の進路にオランダ軍が敷設した機雷原があったため、敵機の攻撃を避けつつ果敢に掃海を行った。しかし陸上に隠されていた砲台による砲撃を受け撃沈されてしまっている。

第13号型掃海艇の歴史
「第13号」 
1931年12月22日藤永田造船所にて起工
1933年 3月30日進水
       8月31日竣工
1934年呉工廠にて性能改善工事を実施
1942年 1月12日ボルネオ島にてオランダ軍砲台の砲撃により沈没
1945年11月30日除籍
「第14号」 
1931年12月22日大阪鉄工所桜島工場にて起工
1933年 5月20日進水
       9月30日竣工
1934年呉工廠にて性能改善工事を実施
1942年 1月12日ボルネオ島にてオランダ軍砲台の砲撃により沈没
1945年11月30日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,10,12(First Up 2000,03,02)