洲埼(2代)型 給油艦

"Sunosaki(2)" Class Gasoline Tanker


洲埼
給油艦「洲埼」(1943年)
スペックデータ
排水量:(公)4,700t ボイラー:ホ号艦本式罐・重油専焼×2基(補助用) 燃料搭載量:重油 240t
全長:102.00m
全幅:15.00m 主機:MAN式ディーゼル機関×2基、2軸推進
吃水:5.00m
出力:4,500hp
武装:
45口径12cm単装砲2基、25mm連装機銃2基
最大速力:16.0kt
航続距離:14ktで4000浬
乗員定数:161名

同型艦名(2隻+計画中止3隻)
洲埼(2代)"Sunosaki(2)"高崎(3代)"Takasaki(3)"剣埼(3代)"Turugizaki(3)"
神埼"Kouzaki"聖埼"Hijirizaki" 

給油艦 洲埼(2代)について
 給油艦「足摺」型と同様の航空機用軽質油運搬補給艦である。「足摺」型に先立って昭和14年の第四次建造計画(マル4計画)でネームシップである「洲埼」が計画・着工された。航空戦隊随伴という任務は「足摺」型と同じであったが、やや小型のため中型空母一個戦隊(中型空母二隻)に搭載される航空機燃料の補給能力しか持たなかった。船体はやはり軍艦形式で設計建造されているため、「足摺」型の小型版といった形態である。
 なお、昭和15年の軍備欠陥補充計画(マル臨計画)で「高崎」以下四隻の建造が追加されているが、戦局の悪化による計画見直しから「高崎」のみが竣工し、他の三隻は計画中止となった。
 「足摺」型と同様、大規模な機動部隊による作戦行動の無かった時期に竣工したため、本来の目的である機動部隊への随伴は行わず、南方からの軽質油輸送に従事したのみで戦没してしまっている。

給油艦 洲埼(2代)の歴史
「洲埼」(2代)「洲埼」=千葉県房総半島の南西端にある洲埼から取った名称
1942年 3月25日三菱横浜にて起工
      12月28日進水
1943年 5月15日竣工
 就役後は主に南方方面にて輸送・補給任務に従事
1944年 8月 1日セレベス海にて米潜「パファー」の雷撃を受け損傷を負う
マニラに入港後、9月から修理を実施
       9月21日マニラ湾にて入渠修理中、敵艦載機の攻撃を受け大破炎上
翌月4日、ドックから出渠させられ港外へ放棄、擱座
      12月10日除籍
「高崎」(3代)「高崎」=島根県隠岐西ノ島の高崎鼻、または対馬舟志湾内の
高崎鼻に採ると2つの説がある
1942年 7月16日三菱横浜にて起工
1943年 5月 2日進水
       9月 2日竣工
 就役後は主に南方方面にて輸送・補給任務に従事
1944年 6月 5日スル海南方にて米潜「パファー」の雷撃を受け沈没
       7月10日除籍
「剣埼」(3代)「剣埼」=神奈川県三浦半島南東端の剣埼から取った名称
 第234号艦の予定艦名。計画中止のため未着工
「神埼」「神埼」=長崎県対馬南端の神埼から取った名称
 第235号艦の予定艦名。計画中止のため未着工
「聖埼」「聖埼」=広島県厳島北端の聖埼から取った名称
 第236号艦の予定艦名。計画中止のため未着工
(予定艦名を「豊崎」とする説もある)


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,10,04(First Up 1999,10,17)