測天(2代)型 敷設艇

Minelayer "Sokuten(2)" Class


巨済
敷設艇「巨済」(戦後撮影のため武装は撤去されている)
スペックデータ
排水量:(基)720t ボイラー:−−−−− 燃料搭載量:重油 35t
全長:74.7m
全幅:7.85m 主機:MAN式3号ディーゼル機関×2基、2軸推進
吃水:2.6m
出力:3,600hp
武装:
40mm連装機銃1基、13mm連装機銃1基、
爆雷36発搭載(投射機2)もしくは機雷120個
最大速力:20.0kt
航続距離:14ktで2000浬
乗員定数:74名

同型艦名(5隻)
測天(2代)"Sokuten(2)"白神"Sirakami"巨済"Kyosai"
成生"Naryuu"[Naryû]浮島"Ukisima" 

測天(2代)型 敷設艇について
 「夏島」(2代)型に続いて、第三次補充計画(マル3計画)で建造が行われた敷設艇。「夏島」型の準同型である「猿島」でディーゼル機関が一応の成功を収めたため、当クラスでもディーゼル機関を採用している。また対潜戦闘では浮上している敵潜を潜航させないよう船体を傷つけるために、一発一発発射する砲よりも弾数の多い機銃の方が有利とされ、高角砲は40ミリ機銃に変更されている。船首楼を延長したため凌波性が向上し航洋性も高くなった。
 高い航洋性から前進基地への進出や船団護衛にも適しており、また敷設作業だけでなく対潜哨戒や掃海作業にも従事できたため、太平洋戦争中は各地で任務に従事しており、終戦までに生き残れたのは「巨済」一隻のみであった。

測天(2代)型 敷設艇の歴史
「測天」(2代)「測天」=台湾の澎湖諸島にある測天島から取った名称
日本海軍の要港であった馬公港内にあった
1937年 6月24日三菱重工横浜船渠にて起工
1938年 4月27日進水
      12月28日竣工
1941年12月〜太平洋戦争開戦時、馬公防備隊に所属し台湾周辺海域で船団護衛などに従事
1943年 3月23日基隆(キールン)沖にて米潜「キングフィッシュ」を攻撃、損傷を負わせる
1944年 3月 1日第5根拠地隊へ転属。サイパン・パラオ方面の船団護衛などに従事
       7月25日マラカル港(パラオ)沖にて米艦載機の攻撃を受け沈没
       9月10日除籍
「白神」「白神」=北海道松前半島南端の白神岬から取った名称
津軽海峡警備のため戦前から現在に至るまで監視所が設けられている
1937年 9月 3日石川島造船所にて起工
1938年 6月25日進水
1939年 4月25日竣工
1941年12月〜太平洋戦争開戦時、大湊警備府に所属。開戦初日に函館港で英貨物船を拿捕
その後も津軽海峡方面にて哨戒任務などに従事
1943年 4月 3日青森県物見埼沖にて米潜「ピケール」を撃沈(航空機・他艦と共同)
       6月23日下北半島沖にて米潜「ランナー」を撃沈(共同:未確定)
1944年 2月 1日横須賀鎮守府へ転属するも、北方海域での船団護衛などを継続
       3月 3日得撫島沖にて荒天のため護衛中の輸送船と衝突し大破
同月5日に船体が切断され沈没
       5月10日除籍
「巨済」「巨済」=朝鮮半島南端にあるコジェ島の漢字名から取った名称
日本では「唐島」とも呼ばれていた島で、対馬の西方にある
1938年石川島造船所にて起工
1939年進水
      12月27日竣工。鎮海防備隊に配属
1941年12月〜太平洋戦争開戦時、呉鎮守府配下にて内海で掃海や敷設任務に従事
1942年〜鎮海防備隊に復帰。朝鮮半島周辺で哨戒任務などに従事
1944年 3月12日〜サイパン方面への船団護衛などに従事
      12月〜佐世保鎮守府部隊へ転属
1945年 2月〜第103戦隊へ転属。黄海方面で敷設任務などに従事
       6月〜横須賀鎮守府特攻戦隊に転属
       8月 6日九十九里浜沿岸にて米艦載機と交戦し損傷を負う
       8月15日横須賀にて終戦を迎える
       9月15日除籍
      12月 1日〜特別輸送艦に指定され、復員輸送に従事
1947年11月20日戦時賠償として英国へ引き渡し。後に解体処分
「成生」「成生」=京都府舞鶴半島北端の成生埼から取った名称
若狭湾の防備用として要塞砲台が設置されていた
1939年 3月24日三菱重工横浜船渠にて起工
       8月28日進水
1940年 6月20日竣工。舞鶴防備戦隊に配属
1941年12月〜太平洋戦争開戦時、大阪警部府配下にて内海で哨戒任務に従事
1942年 5月〜串本(和歌山県)を基地とし紀伊半島周辺の哨戒任務などに従事
1944年 8月横須賀鎮守府所属となる
1945年 2月16日潮岬南方沖にて米潜「セニット」の雷撃を受け沈没
       4月10日除籍
「浮島」「浮島」=同名の島は国内に複数あり、艇名の由来も複数説がある
1939年 7月28日石川島造船所にて起工
      12月 9日進水
1940年10月31日竣工。横須賀防備戦隊に配属
1941年12月〜太平洋戦争開戦時も東京湾周辺で哨戒任務などに従事
1942年 6月25日館山沖にて米潜「ノーチラス」を攻撃、損傷を負わせる(共同)
       7月〜第5艦隊付属となりキスカ島へ進出。同年8月横須賀へ帰投
1943年11月16日熱海市初島南東沖にて敵潜水艦(艦名不詳)の攻撃を受け沈没
1941年 1月31日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,10,31