測天(初代)型 敷設(特務)艇

(Auxiliary) Minelayer "Sokuten(1)" Class


似島
敷設艇「似島」(1931年頃)
スペックデータ
排水量:(基)405t ボイラー:艦本式ロ号罐・石炭専焼×1基 燃料搭載量:石炭 60t
全長:45.7m
全幅:7.6m 主機:直立式往復動蒸気機関(3気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:2.3m
出力:600hp
武装:
40口径8cm単装砲1〜2基、四号機雷120発搭載
(五号機雷の場合は82個+爆雷18発搭載となる))
最大速力:12.0kt
航続距離:不明
乗員定数:40名

同型艦名(12隻)
測天(初代)"Sokuten(1)"戸島"Tosima"黒島"Kurosima"
葦埼"Asizaki"加徳"Katoku"円島"Entou"
黒神"Kurokami"片島"Katasima"江之島"Enosima"
似島"Ninosima"黒埼"Kurosaki"鷲埼"Wasizaki"

測天(初代)型 敷設(特務)艇について
 日本海軍が初めて建造した大型敷設艇「夏島(初代)」に続いて建造した敷設艇。基本的には「夏島(初代)」と変化は無かったが、船首形状やマスト高などに微妙な差異が見受けられるため、別クラスとして扱った(資料によっては「夏島(初代)」も含めて「夏島」型としている資料や、太平洋戦争に参加した二番艇「戸島」から取って「戸島」型としている資料もある)。
 当クラスは大正期に全部で12隻が建造されており、当初は雑役船だったものが大正9年(1920年)に特務艇(敷設艇)へ類別変更された。12隻中11隻が太平洋戦争にも参加しており、うち9隻が終戦まで生き残っている。生き残った艇のうち戦時賠償で他国に渡ったものや民間へ払い下げられたものなどは1960年代頃まで使用された。

測天(初代)型 敷設(特務)艇の歴史
「測天(初代)」「測天」=台湾の澎湖諸島にある測天島から取った名称
日本海軍の要港であった馬公港内にあった
1913年 3月舞鶴工廠にて進水。艇名を「第一測天丸」とされる
       7月 4日竣工。舞鶴防備隊に配置
1920年 4月 1日類別を特務艇(二等敷設艇)に変更。艇名を「測天」と改称
1931年 5月30日等級が廃止され特務艇(敷設艇)と類別
1936年 8月25日除籍
「戸島」「戸島」=京都府舞鶴湾の東湾と西湾の接合点にある戸島から取った名称
(諸説あるが建造・配備が舞鶴であったため本説が有力)
1914年10月 3日舞鶴工廠にて進水。艇名を「戸島丸」とされる
1915年 3月20日竣工。舞鶴防備隊に配置
1920年 4月 1日類別を特務艇(二等敷設艇)に変更。艇名を「戸島」と改称
1931年 5月30日等級が廃止され特務艇(敷設艇)と類別
1944年 2月 1日類別を敷設特務艇に変更
1945年 7月30日舞鶴にて米艦載機の攻撃を受け沈没
      11月30日除籍
「黒島」「黒島」=複数説があるが、長崎県佐世保市もしくは山口県岩国市にある
島名から取ったとの説が有力
1915年 5月25日舞鶴工廠にて「黒島丸」として竣工。鎮海防備隊に配置
1920年 4月 1日類別を特務艇(二等敷設艇)に変更。艇名を「黒島」と改称
1931年 5月30日等級が廃止され特務艇(敷設艇)と類別
1944年 2月 1日類別を敷設特務艇に変更
1945年 8月15日下関にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。後に特別輸送艦に指定され、復員輸送に従事
1947年10月 3日戦時賠償として中国へ引き渡し。艇名を「接29」と改称し中華民国海軍に配属
1949年 2月台湾北部の基隆(キールン)へ脱出
1955年頃台湾(中華民国)海軍除籍。後に解体処分
「葦埼」「葦埼」=青森県大湊港近くの岬である葦埼から取った名称
1915年10月 6日舞鶴工廠にて進水。艇名を「葦埼丸」とされる
1916年 5月12日竣工。大湊要港部に配置
1920年 4月 1日類別を特務艇(二等敷設艇)に変更。艇名を「葦埼」と改称
1931年 5月30日等級が廃止され特務艇(敷設艇)と類別
1943年 6月23日下北半島東方沖にて米潜「ランナー」を撃沈(共同:推定)
       9月18日尻屋埼沖にて米潜「ポンペーノ」を撃沈(推定)
1944年 2月 1日類別を敷設特務艇に変更
1945年 8月15日大泊にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。後に特別輸送艦に指定され、復員輸送に従事
      11月17日樺太からの復員輸送中、荒天のため新潟県上海府村沿岸で座礁擱座
乗員・同乗者は救助されるが、船体は放棄となる
1947年以降船体の解体を実施
「加徳」「加徳」=朝鮮半島鎮海湾にある加徳島から取った名称
1916年 4月 4日舞鶴工廠にて「加徳丸」として竣工。鎮海防備隊に配置
1920年 4月 1日類別を特務艇(二等敷設艇)に変更。艇名を「加徳」と改称
1931年 5月30日等級が廃止され特務艇(敷設艇)と類別
1944年 2月 1日類別を敷設特務艇に変更
1945年 8月15日大牟田にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。後に特別輸送艦に指定され、復員輸送に従事
1947年10月戦時賠償としてアメリカへ引き渡し
1948年日本へ有償返還され、運輸省海運総局所属の不法入国巡視船「加徳丸」となる
       5月 1日海上保安庁発足により保安庁へ移管。巡視船「加徳」となる
1952年 4月16日海上保安庁を解役。瀬戸内海汽船へ払い下げられる
1953年 5月客船への改造完了。客船「つるみ」として別府〜呉間の航路に就航
1969年(70年説あり)引退。後に解体処分となる
「円島」「円島」=朝鮮所安群島または旅順口南東にある島の名前との説がある
1917年 3月舞鶴工廠にて進水。艇名を「円島丸」とされる
       5月16日竣工。旅順防備隊に配置
1920年 4月 1日類別を特務艇(二等敷設艇)に変更。艇名を「円島」と改称
1931年 5月30日等級が廃止され特務艇(敷設艇)と類別
1942年頃太平洋戦争開戦の前後に馬公防備隊へ転属
1944年 2月 1日類別を敷設特務艇に変更
       5月20日香港〜高雄間で船団護衛中、米潜「ピクダ」を攻撃し損傷を負わせる(共同)
1945年 1月15日台湾枋寮(高雄市南東)にて米艦載機の爆撃を受け大破着底
1946年 4月30日除籍。後に浮揚解体される
「黒神」「黒神」=広島湾にある大黒神島・小黒神島から取った名称
1917年 2月呉工廠にて進水。艇名を「黒神丸」とされる
       5月 1日竣工。呉防備隊に配置
1920年 4月 1日類別を特務艇(二等敷設艇)に変更。艇名を「黒神」と改称
1931年 5月30日等級が廃止され特務艇(敷設艇)と類別
1944年 2月 1日類別を敷設特務艇に変更
1945年 8月15日佐伯にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。第二復員省所属の掃海艦となり掃海作業に従事
1947年11月14日戦時賠償としてイギリスへ引き渡し。後に解体処分となる
「片島」「片島」=複数説があるが、長崎県崎戸島北方の片島とする説が有力
1917年 2月舞鶴工廠にて進水。艇名を「片島丸」とされる
       5月19日竣工。佐世保防備隊に配置
1920年 4月 1日類別を特務艇(二等敷設艇)に変更。艇名を「片島」と改称
1931年 5月30日等級が廃止され特務艇(敷設艇)と類別
1942年頃太平洋戦争開戦の前後に佐伯防備隊へ転属
1944年 2月 1日類別を敷設特務艇に変更
1945年 8月15日佐伯にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。第二復員省所属の掃海艦となり掃海作業に従事
1947年10月 3日戦時賠償としてソ連へ引き渡し
1956年ソ連から中国(中華人民共和国)へ譲渡。以降の経歴不詳
「江之島」「江之島」=神奈川県藤沢市にある江の島から取った名称
1919年 3月31日舞鶴工廠にて「江之島丸」として竣工。横須賀防備隊に配置
1920年 4月 1日類別を特務艇(二等敷設艇)に変更。艇名を「江之島」と改称
1931年 5月30日等級が廃止され特務艇(敷設艇)と類別
1941年 4月 1日馬公防備隊へ転属
1943年 4月 1日高雄警備府へ転属。馬公方面特別根拠地隊に所属
1944年 2月 1日類別を敷設特務艇に変更
      8月22日パラオ北方で座礁した駆逐艦「五月雨」を救難中、米軍機の爆撃を受け損傷
      10月14日高雄にて米軍機の爆撃を受け損傷を負う
1945年 1月15日琉球諸島南東沖にて米艦載機の攻撃を受け損傷
       8月15日馬公にて終戦を迎える
1946年 4月30日除籍。以降の経歴不詳
「似島」「似島」=広島湾北部の似島から取った名称
1920年 5月呉工廠にて進水。艇名を「似島」とされる
      10月15日竣工。横須賀防備隊に配置
1920年代佐世保防備隊に転属
1931年 5月30日等級が廃止され特務艇(敷設艇)と類別
1944年 2月 1日類別を敷設特務艇に変更
       8月15日馬公にて終戦を迎える
1945年11月30日除籍。後に解体処分
「黒埼」「黒埼」=青森県下北半島西部の岬である黒埼から取った名称
1921年12月24日内田造船鉄工所(横浜鉄工所)にて「黒埼」として竣工。大湊要港部に配置
1931年 5月30日等級が廃止され特務艇(敷設艇)と類別
1944年 2月 1日類別を敷設特務艇に変更
1945年 8月15日大湊にて終戦を迎える
      11月18日荒天のため八戸付近で座礁。船体は放棄される
      11月30日除籍。船体は後に解体される
「鷲埼」「鷲埼」=京都府丹後半島宮津湾入り口の岬、鷲埼から取った名称
1921年 9月30日内田造船鉄工所(横浜鉄工所)にて「第45号敷設艇」として竣工。舞鶴防備隊に配置
1926年11月16日艇名を「鷲埼」と改称
1931年 5月30日等級が廃止され特務艇(敷設艇)と類別
1944年 2月 1日類別を敷設特務艇に変更
1945年 8月15日舞鶴にて終戦を迎える
      11月30日除籍。特別輸送艦に指定され復員輸送に従事
1947年11月24日戦時賠償としてイギリスへ引き渡し。後に解体処分となる


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,10,25