敷設艦 白鷹(2代)

Minelayer "Sirataka(2)"


白鷹
敷設艦「白鷹」(1935年頃)
スペックデータ(竣工時)
排水量:(公)1,540t ボイラー:ロ号艦本式罐・石炭専焼×2基 燃料搭載量:石炭 270t
全長:79.20m
全幅:11.55m 主機:直立型往復動蒸気機関(3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:3.10m
出力:2,000hp
武装:
45口径12cm単装高角砲3基、13mm単装機銃1基、
急設防潜網24組(6浬分)または5号機雷100個搭載、爆雷18個搭載可能
最大速力:16.0kt
航続距離:10ktで2000浬
乗員定数:148名
スペックデータ(復原性能改善(昭和9年)後)
排水量:(公)1,692t ボイラー:ロ号艦本式罐・石炭専焼×2基 燃料搭載量:石炭 270t
全長:79.20m
全幅:11.55m 主機:直立型往復動蒸気機関(3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:4.10m
出力:2,000hp
武装:
45口径12cm単装高角砲2基、13mm単装機銃1基、
急設防潜網24組(6浬分)または90式機雷240個(または5号機雷100個)搭載、
爆雷18個搭載可能
最大速力:16.0kt
航続距離:10ktで2198浬
乗員定数:148名

同型艦名(1隻)
白鷹(2代)"Sirataka(2)"

敷設艦 白鷹(2代)について
 第一次大戦で急速に性能・能力が発達した潜水艦に伴い対潜水艦装置も発展した。港湾防御装置として潜水艦の侵入を防ぐ防潜網が開発され、それを急速に敷設するための艦も建造されるに至ったのである。日本海軍では列国に先立ち防潜網敷設の専用艦艇を計画、昭和初頭に当艦「白鷹」と敷設艇「燕」型を完成させ世界の注目を浴びた。
 前進基地へ進出して防御用の防潜網を敷設する以外にも通常の機雷敷設任務にも使用できるよう装備が整えられている。また機雷を揚収するために艦首部にダビットが設けられているので、通常は舳先に一つである軍艦の証「菊の御紋章」が艦首両側面に二つ付けられている点がめずらしい。
 完成後に友鶴事件が起こり当艦も調査を受けた結果、他艦に比べ特に復原性能が劣悪だとされ、煙突や檣楼を低くしたりバラストを搭載するなどの改善工事が実施された。  太平洋戦争では南方前進基地への急設網設置任務だけでなく、輸送任務や船団護衛などにも使用され活躍したが、昭和19年(1944年)に敵潜水艦の攻撃を受け沈没した。

敷設艦 白鷹(2代)の歴史
「白鷹」(2代)「白鷹」=羽毛が白みを帯びた鷹の総称
1927年11月24日石川島造船所にて起工
1929年 1月25日進水
       4月 9日竣工
1934年呉にて復原性改善工事を実施
1940年大湊工作部にて特定修理を実施
1941年12月第三艦隊第二根拠地隊旗艦として太平洋戦争に参加
1942年ダバオ・ケンダリー方面で作戦。バタビア沖海戦等に参加
1942年 3月〜第二南遣艦隊に編入。スラバヤ方面で掃海・敷設任務に従事
       8月〜第八艦隊に編入。ラバウル・ニューギニア方面で作戦
1943年 2月26日ウエワクにて敵機の攻撃を受け損傷
       3月?〜ニューギニア・インドネシア方面にて輸送任務に従事
1944年 4月 5日第一海上護衛隊に編入。マニラ方面への船団護衛に従事
       8月31日バシー海峡南方にて敵潜水艦「シーライオン」の雷撃を受け沈没
      10月10日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,20(First Up 1999,09,04)