占守型 海防艦

"Simusyu" Class EscortVessels


占守
海防艦「占守」(1940年)
スペックデータ
排水量:(公)1,020t ボイラー:ホ号艦本式罐・重油専焼×2基(補助用) 燃料搭載量:重油 220t
全長:72.50m
全幅:9.10m 主機:艦本式22号10型ディーゼル機関×2基、2軸推進
吃水:3.05m
出力:4,200hp
武装:
45口径12cm単装砲3基、25mm連装機銃2基、爆雷18個搭載
(爆雷投射機1、爆雷投下台6)
最大速力:19.7kt
航続距離:16ktで8000浬
乗員定数:147名

同型艦名(4隻)
占守"Simusyu"国後"Kunasiri"八丈"Hatizyou"[Hatizyô]石垣"Isigaki"

占守型海防艦について
 海軍は北洋警備のために必要な小型艦艇の建造をながらく要求していたが、第一次、二次の補充計画ではいずれも予算不成立で先送りされていた。しかし1937年の第三次補充計画でようやく四隻の建造が認められ完成したのがこの「占守」型である。
 艦政本部では戦時急造艦のプロトタイプとして、また予算の関係からも簡易な構造を考えていたが、設計を受注した三菱の艦船設計課(この課は設立されたばかりであった)は初の海軍からの受注であるとして非常に凝った構造設計を行った。したがって艦政本部のもくろみと異なり簡易とは言い難い構造を持つ艦として完成してしまっている。
 北洋警備を主任務としていたため極寒の海上行動が可能なように防氷装置や暖房装置、長期間の行動を可能とするように糧食等の保存設備などに重点を置き、いままでの老朽軍艦が果たせなかった寒冷地任務をも可能とするような設備が盛り込まれていた。なお推進用機関はディーゼルであるが、暖房や氷結した船体の解氷用として蒸気を使用するため艦本式ボイラーも搭載されている。

占守型海防艦の歴史
「占守」「占守」=千島列島最北東端の占守島から取った名称
かつては北洋漁業の一大拠点であった
1938年11月29日玉造船所(後の三井造船玉野)にて起工
1939年12月13日進水
1940年 6月30日竣工
1941年12月〜南遣艦隊に所属し太平洋戦争に参加。マレー上陸作戦等を支援
1942年 1月〜第一南遣艦隊に編入。蘭領東インド攻略やビルマ方面の船団護衛に従事
1943年12月20日第一海上護衛隊に編入。船団護衛任務に従事
1944年電探装備の工事を(1月、5月、9月に分けて)実施
      10月末〜オルモック輸送作戦に参加
      11月25日マニラ湾沖にて敵潜水艦の雷撃を受け損傷。マニラにて修理を受ける
      12月25日千島方面根拠地隊に編入
1945年 1月20日〜舞鶴にて修理を実施。完了は同年3月末
       4月10日大湊警備府に編入
       8月15日北海道方面にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。特別輸送艦(復員船)として使用される
1947年 7月 5日戦時賠償艦としてソ連に引き渡され哨戒艦となる。艦名を「ЭК-31」(EK-31)と改名
1953年 5月通報艦に類別変更。艦名を「ПС-25」(PS-25)と改名
1957年工作艦に類別変更。艦名を「ПМ-74」(PM-74)と改名
1959年 5月16日ソビエト海軍除籍。後に解体処分
「国後」「国後」=千島列島最西端の国後島から取った名称
日本の島嶼としては択捉島に次いで2番目に大きい島である
1939年 3月 1日鶴見製鉄造船(後の日本鋼管)にて起工
1940年 5月 6日進水
      10月 3日竣工
1941年12月〜津軽防備隊に所属し太平洋戦争に参加。津軽海峡警備に従事
1942年 1月〜千島防備部隊に編入
       6月アリューシャン攻略作戦に参加
1943年 7月キスカ撤収作戦に参加
       7月26日作戦中、濃霧のため軽巡「阿武隈」と接触事故をおこす
       8月 5日千島方面根拠地隊に編入
1945年 4月10日大湊警備府に編入
       8月15日北海道方面にて終戦を迎える
      10月 5日除籍。特別輸送艦(復員船)として使用される
1946年 6月 4日輸送任務中、静岡県御前崎付近で座礁。船体は放棄される
       8月〜解体処分となる
「八丈」「八丈」=伊豆七島の一つ八丈島から取った名称
東京から南方300キロにある火山島
1939年 8月 3日佐世保工廠にて起工
1940年 4月10日進水
1941年 3月31日竣工
     12月大湊警備隊に所属し太平洋戦争に参加。津軽海峡方面の警備に従事
1942年 1月〜千島防備部隊に編入
       5月〜津軽防備部隊に編入
      12月 1日千島方面特別根拠地隊に編入
1943年 2月〜3月アッツ島方面への船団護衛に従事
1944年 1月〜2月大湊にて整備を実施
       3月〜千島方面への船団護衛に従事
      11月〜大湊にて整備を実施(完了は翌年1月)
1945年 4月10日大湊警備府に編入
       5月11日占守島付近で敵機の爆撃を受け中破、大湊にて応急修理後、舞鶴へ回航
       8月15日舞鶴にて修理中に終戦を迎える
      10月 5日除籍。47年解体される
「石垣」「石垣」=沖縄県南西部にある八重山諸島の一つ石垣島から取った名称
1939年 8月15日玉造船所(後の三井造船玉野)にて起工
1940年 4月10日進水
1941年 2月15日竣工
      12月〜大湊要港部に所属して太平洋戦争に参加。千島方面警備に従事
1942年 6月〜アリューシャン方面の哨戒任務に従事
       9月〜津軽防備部隊に編入
      11月〜千島方面特別根拠地隊に編入。千島方面にて船団護衛に従事
1943年10月 8日千島方面にて米潜水艦「S−44」を撃沈
1944年 1月16日第二海上護衛隊に編入。船団護衛任務に従事
       2月25日大湊警備部に編入。船団護衛任務に従事
       5月31日松輪島西方にて米潜水艦「ヘリング」の雷撃を受け沈没
       7月10日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,13(First Up 1999,08,29)