砲艦 勢多型

"Seta" Class GunBoats


勢多
砲艦「勢多」(1935年頃)
スペックデータ
排水量:(基)305t ボイラー:ロ号艦本式罐・石炭重油混焼×2基 燃料搭載量:石炭 20t
        重油 74t
全長:54.86m
全幅:8.23m 主機:直立型往復動蒸気機関(3気筒3段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:1.02m
出力:2,100hp
武装:
40口径7.6cm単装高角砲2基、機銃6丁
最大速力:16.0kt
航続距離:10ktで1,750浬
乗員定数:62名

同型艦名(4隻)
勢田"Seta"比良"Hira"保津"Hozu"堅田"Katada"

砲艦 勢多型について
 砲艦「安宅」と同時期に計画建造された河川用小型砲艦。八八艦隊計画では主力艦以外の補助艦艇建造も多数計画されており、当艦もその計画内で建造されたものである。
 内地の造船所にて起工・組立を行った後に部品単位に分解して大陸へ舶送、現地にて再度組立を行って竣工している。したがって内地ではドック内から出ることも無く、進水も行っていない(航洋性の無い河川用砲艦なので完成後に内地へ姿を見せたことも一度も無い)ため内地の人間で当艦を眼にしたことがあるのはごくわずかである。
 この「勢多」型は航続距離も長く、強力な無線装備を有しており揚子江を遡上しての作戦行動に余裕があった。また上流域で燃料の重油が調達できない場合も想定して機関は石炭と重油の混焼缶を搭載している。
 日華事変から太平洋戦争終結まで四隻とも大いに働き、護衛・砲撃・警備・進攻・揚陸・掃海など数々の任務をこなし、戦争末期には防空浮き砲台としても使用されている。
 なお、この四隻のうち「保津」を除いた三隻の艦名は近江八景にちなんで銘々されている。

砲艦 勢多型の歴史
「勢多」「勢多」=滋賀県大津市の一地名。瀬田川の左岸にあって平安時代には
近江国の国府が置かれた。勢多の夕照は近江八景の一つに数えられる
1922年 4月29日播磨造船所にて起工(仮組立開始)
      11月仮組立終了。分解して大陸へ舶送
1923年 1月25日上海の東華造船所にて本組立開始
       6月30日進水
      10月 6日竣工。二等砲艦に類別
1931年 6月 1日等型廃止により砲艦へ類別
1938年日華事変に参加
1941年12月〜太平洋戦争に参加
1945年 8月15日上海にて航行不能の状態で終戦を迎える
       9月30日除籍
後に中華民国に接収され、国府軍軍艦「長徳」(チャン・テン)[Chan-Teng]と命名
1949年11月30日中共軍に投降。人民軍海軍編入後、艦名を「閩江」(ミン・ジァン)[Min-Jiang]と改名
1960年代退役
「比良」「比良」=滋賀県西部の琵琶湖畔沿いに縦走する比良山地から取った名称
春遅くまで雪が残り、比良の暮雪として近江八景の一つとされる
1921年 8月15日三菱神戸にて起工(仮組立開始)
1922年初頭仮組立終了後、分解して漢口へ舶送
1922年 4月17日漢口の揚子機器有限公司にて本組立開始
1923年 3月24日進水
       8月24日竣工。二等砲艦に類別
1931年 6月 1日等型廃止により砲艦へ類別
1938年日華事変に参加
1941年12月〜太平洋戦争に参加
1944年11月26日安慶にて連合軍機の攻撃を受け大破。放置となる
1945年 8月15日航行不能の状態で終戦を迎える(同年春に解体されたとの説もある)
       9月30日除籍
「保津」「保津」=京都府中部を流れる保津川から取った名称。亀岡市から嵐山付近
までは峡谷であり保津川下りや沿岸の桜・紅葉が有名
1921年 8月15日三菱神戸にて起工(仮組立開始)
1922年初頭仮組立終了後、分解して漢口へ舶送
1922年 4月17日漢口の揚子機器有限公司にて本組立開始
1923年 4月19日進水
      11月 7日竣工。二等砲艦に類別
1931年 6月 1日等型廃止により砲艦へ類別
1938年日華事変に参加
1941年12月〜太平洋戦争に参加
1944年11月26日安慶付近で座礁
      12月 5日座礁したまま敵機の爆撃を受け大破着底
1945年 5月10日除籍。後に解体処分される
「堅田」「堅田」=琵琶湖南西岸の町名から取った名称。中世末には水上交通の
要衝として栄えた。近江八景の一つでもある
1922年 4月29日播磨造船所にて起工(仮組立開始)
      11月仮組立終了。分解して大陸へ舶送
1923年 1月25日上海の東華造船所にて本組立開始
       7月16日進水
      10月20日竣工。二等砲艦に類別
1931年 6月 1日等型廃止により砲艦へ類別
1938年日華事変に参加
1941年12月〜太平洋戦争に参加
1944年12月18日九江付近で爆撃を受け大破着底。後に引き上げられ上海へ曳航される
1945年 4月 2日上海にて連合軍機の攻撃を受け被爆
       8月15日航行不能の状態で終戦を迎える
1947年 5月 3日除籍。後に解体処分される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,12(First Up 1999,08,27)