コルベット 龍驤(初代)

Corvette "Ryuuzyou(1)"


龍驤
コルベット「龍驤」(1870年代?)
スペックデータ
排水量:(常)2,571t ボイラー:(詳細不明)石炭専焼 燃料搭載量:石炭 350t
全長:67.5m
全幅:12.5m 主機:横置直道蒸気機関(2気筒単式)、1軸推進
吃水:6.0m
出力:800hp
武装:
64ポンド砲6基
最大速力:6.0kt
航続距離:不明
乗員定数:275名

同型艦名(1隻)
龍驤(初代)"Ryuuzyou(1)"[Ryûzyô(1)]

コルベット 龍驤について
 元は熊本藩が慶応元年(1865年)イギリスに発注した木造コルベット艦である。イギリス側の記録では長崎のグラバー商会が発注となっていることから、グラバーの仲介があったものと思われる。明治3年(1870年)3月に長崎へ回航され熊本藩が受領したが、その翌月には明治政府へ献納となり、翌明治4年に兵部省所管となった(海軍発足は明治5年)。
 佐賀の乱、台湾征討、西南戦争など明治初期の戦乱に参加し、その後は兵学校の遠洋訓練航海などに使用された。明治16年(1883年)の遠洋航海で乗員の大半が脚気にかかってしまい、海軍将兵の糧食改善の発端となった。
 明治21年(1888年)には機関が降ろされ係留砲術練習艦となり、明治29年に除籍となっている。

コルベット 龍驤(初代)の歴史
「龍驤」(初代)「龍驤」=漢成語の名称。驤という字の訓読みは「あがる」であり、
龍が天高く昇っていく様をイメージして名付けられた。
1864年英アバディーンの造船所にて進水
1865年熊本藩が購入のため注文
(グラバー商会の発注で、69年3月27日進水説あり)
1869年 7月24日竣工(同年8月11日説あり)
1870年 3月 3日長崎へ回航、熊本藩受領。艦名を「龍驤」と命名
       4月12日明治政府へ献納。5月8日政府へ引き渡し
1871年 5月兵部省所管となる
1872年 2月海軍発足により海軍へ移管
1874年 2月佐賀の乱(不平士族の反乱)勃発。鎮圧のため出動
       5月台湾征討(台湾へ漂着した琉球島民虐殺事件に端を発する出兵)のため出動
1877年 2月〜西南戦争勃発。鎮圧のため出動
      10月26日鹿児島祇園洲にて暴風のため座礁(座州)
1878年離礁(離州)後、横須賀造船所にて修理を実施(1879年完了)
1881年 2月〜兵学校の練習艦として、海外への遠洋訓練航海を行う
1885年甲申事変(朝鮮でのクーデター)勃発を受け、朝鮮周辺海域の警備任務に従事
1888年機関を撤去し係留され、砲術練習艦として利用
1893年12月 2日(95年説あり)除籍。第五種(雑船)となるも係留砲術練習船として継続使用
1896年 4月 1日雑役船に類別変更
1908年売却処分となる


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,11,28(First Up 2002,05,05)