鴻(2代)型 水雷艇

"Ootori(2)" Class TorpedoBoats


鵲

雉
(上段)水雷艇「鵲」(1937年)/(下段)水雷艇「雉」(1937年)
スペックデータ
排水量:(公)960t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油 245t
全長:83.00m
全幅:8.18m 主機:艦本式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:2.76m
出力:19,000hp
武装:
45口径12cm単装砲3基、40mm単装機銃1基、
53.3cm魚雷3連装発射管1基3門
最大速力:30.5kt
航続距離:14ktで4000浬
乗員定数:129名

同型艦名(8隻)
鴻(2代)"Ootori(2)"[Ôtori(2)]鵯"Hiyodori"隼(2代)"Hayabusa(2)"
鵲(2代)"Kasasagi(2)"雉(2代)"Kizi(2)"雁(2代)"Kari(2)"
鷺(2代)"Sagi(2)"鳩(2代)"Hato(2)" 

水雷艇 鴻(2代)型について
 「千鳥」型に続いて第二次補充計画で建造が認められた水雷艇。元々は「千鳥」型と同設計で建造されるはずであったが、友鶴事件により復原性能改善を求められ、追加で改善工事を行うと性能が低下するために完全に新しい設計の艦として建造されることになった。
 「千鳥」型にも増して駆逐艦の代用任務重視であったため船体は大型となり、1,000トン近い排水量となってしまった。また上陸支援や対潜作戦なども行えるようになっていたため、戦争中期以降は船団護衛や哨戒活動などにも使用された。
 なお最終艦「鳩」を当ページでは2代目の名称としているが、初代(「隼」型水雷艇の一隻)は「鴿」という字をあてており字が異なる。しかし読みが同じで意味も同意のため艦名を引き継 いだものとして記載した。

水雷艇 鴻(2代)型の歴史
「鴻」(2代)「鴻」=鳥の名前。鶴やコウノトリのような大型の鳥の総称。
「鴻」という文字は白鳥の類を指すときに使用される
1934年11月 8日舞鶴工廠にて起工
1935年 4月25日進水
1936年10月10日竣工
1937年〜日華事変に際し、揚子江付近で作戦に従事
1941年12月太平洋戦争に参加。海南島方面にて船団護衛、警備任務に従事
1942年10月〜南方方面に進出。船団護衛任務に従事
1944年 6月12日サイパン島北北西にて敵機の攻撃を受け沈没
       7月18日除籍
「鵯」「鵯」=鳥の名前。ヒヨドリ科の小鳥で日本中に分布している
秋になると人里に降りてくるが鳴き声はかなりやかましい
1934年11月26日石川島造船所にて起工
1935年10月25日進水
1936年12月20日竣工
1937年〜日華事変に際し、揚子江付近で作戦に従事
1941年12月太平洋戦争に参加。香港攻略作戦支援等に従事
1942年10月〜南方方面に進出。船団護衛任務に従事
1944年11月17日南シナ海にて米潜「ガンネル」の雷撃を受け沈没
1945年 1月10日除籍
「隼」(2代)「隼」=鳥の名前。ワシタカ科の猛禽で大きさは中型程度
主に原野・水辺などに住み小鳥などを捕食する
1934年12月 9日横浜船渠にて起工
1935年10月28日進水
1936年12月 7日竣工
1937年〜日華事変に際し、大陸沿岸部で作戦に従事
1941年12月太平洋戦争に参加。大陸沿岸にて船団護衛、警備任務に従事
1942年 5月〜南方方面に進出。船団護衛任務に従事
1944年 9月24日ミンドロ島南方にて敵機の攻撃を受け沈没
     12月10日除籍
「鵲」(2代)「鵲」=鳥の名前。カラス科に属し大きさはカラスよりも
やや小型である。人里近くに住み高木に巣を作る
1935年 3月 4日大阪鉄工所にて起工
      10月28日進水
1937年 1月15日竣工
       3月〜日華事変に際し、大陸沿岸部で作戦に従事
1941年12月太平洋戦争に参加。香港攻略作戦支援等に従事
1942年10月〜南方方面に進出。船団護衛任務に従事
1943年 9月27日ニューブリテン北西にて米潜「ブルーフィッシュ」の雷撃を受け沈没
     12月 1日除籍
「雉」(2代)「雉」=鳥の名前。キジ科に属し大きさはニワトリ程度
山麓の低木林や草原に住み、日本の国鳥とされる
1935年10月24日三井玉野造船所にて起工
1937年 1月26日進水
       7月31日竣工
       8月〜日華事変に際し、揚子江付近で作戦に従事
1941年12月太平洋戦争に参加。香港攻略作戦支援等に従事
1942年10月〜南方方面に進出。船団護衛任務等に従事
1945年 8月15日スラバヤにて終戦を迎える。
1946年 2月20日除籍。復員船として使用される
1947年10月 3日戦時賠償艦としてソ連に引き渡し。艦名を「ニマツェリー」[Внимательный]と改名
1949年 6月17日港湾ハルクとして使用されるようになる
1954年 9月20日兵舎船として使用されるようになる
1957年10月31日ソビエト海軍除籍。後に解体処分
「雁」(2代)「雁」=鳥の名前。ガンオウ科に属す大型の水鳥の総称
秋になると日本へ飛来、春には北方へ帰っていく渡り鳥である
1936年 5月11日横浜船渠にて起工
1937年 1月20日進水
       9月20日竣工
       9月27日〜日華事変に際し、大陸沿岸部で作戦に従事
1941年12月太平洋戦争に参加。香港攻略作戦支援に従事
1942年 4月〜南方方面に進出。船団護衛任務に従事
1945年 7月16日ジャワ海にて米潜「バヤ」の雷撃を受け沈没
       9月30日除籍
「鷺」(2代)「鷺」=鳥の名前。サギ科に属す鳥の総称
鶴に似た鳥で水辺近くに住み魚を捕食する
1936年 5月20日播磨造船所にて起工
1937年 1月30日進水
       7月31日竣工
       8月15日〜日華事変に際し、大陸沿岸部で作戦に従事
1941年12月太平洋戦争に参加。大陸沿岸にて船団護衛、警備任務に従事
1942年 4月〜南方方面に進出。船団護衛任務に従事
1944年11月 8日ルソン島西方にて米潜水艦「ガンネル」の雷撃を受け沈没
1945年 1月10日除籍
「鳩」(2代)「鳩」=鳥の名前。ハト科に属す鳥で神社仏閣や
公園などでよく見かけられる
1936年 5月28日石川島造船所にて起工
1937年 1月25日進水
       8月 7日竣工
       8月15日〜日華事変に際し、大陸沿岸部で作戦に従事
1941年12月太平洋戦争に参加。小笠原方面の警備任務に従事
1942年 3月〜南方方面に進出。船団護衛任務に従事
1944年10月16日香港南東にて敵機の攻撃を受け沈没
      12月10日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,26(First Up 1999,09,15)