敷設艦 沖島(2代)

Minelayer "Okinosima(2)"


沖島
敷設艦「沖島」(1937年)
スペックデータ
排水量:(公)4,6600t ボイラー:ロ号艦本式罐・重油専焼×4基 燃料搭載量:重油 580t
全長:113.00m
全幅:15.74m 主機:艦本式オールギヤードタービン×2基、2軸推進
吃水:5.49m
出力:9,000hp
武装:
50口径14cm連装砲2基、40口径7.6cm単装高角砲2基、
13mm連装機銃2基、6号機雷2型500個搭載、爆雷22個搭載
水偵1機搭載(射出機1基)
最大速力:20.0kt
航続距離:14ktで5000浬
乗員定数:445名

同型艦名(1隻)
沖島(2代)"Okinosima(2)"

敷設艦 沖島(2代)について
 大型敷設艦の建造予算難から速力等を犠牲として建造された敷設艦「厳島」であったが、やはり小型であるがゆえ不便な部分もあった。また昭和5年(1930年)のロンドン海軍条約で旧式巡洋艦改装の敷設艦「阿蘇」「常盤」の代艦建造が認められたため、ようやく大型敷設艦の建造に着手することとなり、そこで建造されたのがこの「沖島」である。
 軍縮条約で認められた艦であるため備砲や速力には制限が課せられたが、機雷搭載量や敷設能力は優れており、日本海軍初の大型専用敷設艦として恥ずかしくない艦となっている。
 建造着手前に友鶴事件が起こり艦の復原性を問題視されたため設計をやり直し、着工は計画開始から三年が経過した昭和9年(1934年)となった。備砲が同時期の他国敷設艦よりやや強力であるのは、日本海軍の「量より質」体質を表す一端であり、敵駆逐艦と交戦できる能力を持たせたためである。また旗艦任務にも従事できるよう設計されており、水上偵察機を一機搭載している。

敷設艦 沖島(2代)の歴史
「沖島」(2代)「沖島」=玄界灘の対馬海峡を通過した先にある沖島から取った名称
1934年 9月27日播磨造船にて起工
1935年11月15日進水
1936年 9月30日竣工
1937年日中戦争勃発。中支方面への部隊輸送などに従事
1939年 6月〜航空基地建造準備のためマーシャル諸島へ派遣
1941年12月第19戦隊旗艦として太平洋戦争に参加。ギルバート諸島占領作戦等に従事
1942年 1月〜ラバウル攻略作戦に参加
       5月 4日ツラギにて敵機の攻撃を受け損傷
       5月10日ラバウルにて応急修理後、ナウルへ向け出撃
       5月11日ニューブリテン島東方沖にて米潜「S−42」の雷撃を受け航行不能となり、特設巡洋艦
「金龍丸」(途中で駆逐艦「睦月」に交代)によりブカ島クインカロラへ向け曳航される
       5月12日曳航される途中、ブーゲンビル島西方にて火災がひどくなり沈没
       5月25日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,20(First Up 1999,09,04)