海防艦 沖島(初代)

Coast Defence Ship "Okinosima(1)"
("Генерал-адмирал Апраксин"[General-admiral Apraksin])



沖島
海防艦「沖島(初代)」(1916年)
スペックデータ
排水量:(常)4,126t ボイラー:ベルビール罐・石炭専焼×8基 燃料搭載量:石炭 400t
全長:80.62m
全幅:15.88m 主機:直立型往復動蒸気機関(2気筒2段膨張式)×2基、2軸推進
吃水:5.18m
出力:5,000hp
武装:
45口径25.4cm連装砲1基、45口径25.4cm単装砲1基、
45口径12cm単装砲4基、47mm単装砲12基、45cm魚雷発射管4門
最大速力:15.4kt
航続距離:10ktで2500浬
乗員定数:400名

同型艦名(1隻)
沖島(初代)"Okinosima(1)"

海防艦 沖島(初代)について
 元はロシア海軍海防戦艦「ゲネラル・アドミラル・アプラクシン」で、「アドミラル・ウシャコフ」型の三番艦として建造されたものである。「ウシャコフ」は二番艦「アドミラル・セニャーウィン」(「見島」の項を参照)よりも着工が二年ほど遅かったため、各種の改修が加えられた設計となっており、当サイトでは別クラスとして扱ったが資料によっては両艦を同型として扱っているものもある。「見島」と同様に日本海海戦にて降伏し、後に日本海軍籍へ編入された。このような小型艦に大口径の大砲を搭載することがヨーロッパ方面では一時流行したが、その先鞭を付けたのはロシア海軍であった。
 第一次大戦では第二戦隊に所属し青島方面で作戦を行ったが、この戦隊は「周防」「石見」「丹後」、「見島」に加えて、当艦「沖島」と全部ロシアからの戦利捕獲艦で構成されていた。
 大正14年(1925年)に廃艦となり、福岡県津屋崎町(現在の福津市)の海岸に日本海海戦戦跡保存会の記念艦として係留保存される予定だったが、荒天のため座礁破壊されたため解体処分となってしまった。

海防艦 沖島(初代)の歴史
「沖島」(初代)「沖島」=玄界灘の対馬海峡を通過した先にある沖島から取った名称
1894年10月24日ロシア・新アドミラルティ工廠にて起工
1896年 5月12日進水
1899年ロシア海軍海防戦艦「ゲネラル・アドミラル・アプラクシン」として竣工
1904年バルチック艦隊に所属し日露戦争に参加
1905年 5月28日日本海海戦にて日本海軍へ降伏
       6月 6日二等海防艦「沖島」として日本海軍籍に編入
1914年第二艦隊第二戦隊に所属し第一次大戦に参加。青島方面で作戦に従事
1922年 4月 1日除籍。雑役船に類別され、練習船として使用される
1925年廃艦。福岡県津屋崎海岸に記念艦として係留されるが荒天のため座礁
1939年解体処分される


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,13(First Up 1999,09,04)