能登呂型 給油艦

"Notoro" Class Replenishment Oiler


鶴見
給油艦「鶴見」(1935年頃)
スペックデータ
排水量:(常)15,400t ボイラー:円罐(「石廊」は艦本式水管罐)・石炭専焼×4基 燃料搭載量:石炭 1350t
全長:138.68m
全幅:17.68m 主機:直立型往復動蒸気機関(3気筒3段膨張式)×1基、1軸推進
吃水:8.08m
出力:3,750hp
武装:
「能登呂」「知床」「襟裳」:45口径12cm単装砲2基、
「佐多」「鶴見」「尻矢」「石廊」:50口径14cm単装砲2基、
全艦:40口径7.6cm単装高角砲2基(ただし平時には全武装を搭載せず)
最大速力:12.0kt
航続距離:不明
乗員定数:142名

同型艦名(7隻)
能登呂"Notoro"知床"Siretoko"襟裳"Erimo"佐多"Sata"
鶴見"Turumi"尻矢"Siriya"石廊"Irou" 

能登呂型給油艦について
 八八艦隊計画で計画建造された特務艦(給油艦)。少数のタンカーしか所有していなかった日本海軍が、初めて同型艦を多数建造した給油艦で純商船式の船体を持っていた。
 元々は北米等外地から重油を輸送するのが主任務であったが、大正末期ごろからその任務を商船に譲り、この型の艦には洋上給油装置が備えられ艦隊に随伴し給油を行うようになった。
 また海軍のタンカーには通常の商用タンカーと異なり同乗者の居住区画や補給用真水タンクなどが備えられており基地等への補給任務にも使用できるようになっていた。
 なおネームシップ「能登呂」は後に水上機母艦へ改装、二番艦「知床」は給兵艦(戦艦用砲塔輸送艦)兼給炭艦に改造されたため、当型のタンカーは三番艦の名称から「襟裳」型と総称する場合もある。しかし他艦種に改装された二隻を除く姉妹艦達は、すべて太平洋戦争で戦没した。

能登呂型給油艦の歴史
「能登呂」「能登呂」=樺太南端の西能登呂岬から取った名称
1919年11月24日神戸川崎造船所にて起工
1920年 5月 3日進水
       8月10日竣工
1925年12月水上機母艦への改装を行う
1926年 5月改装工事完了。以降の経歴については水上機母艦「能登呂」の項を参照
「知床」「知床」=北海道知床半島の突端にある知床岬から取った名称
1920年 2月16日神戸川崎造船所にて起工
       7月17日進水
       9月20日竣工
 竣工直後(1928年説あり)に戦艦の砲塔輸送設備付与工事を実施
通常時は砲塔輸送設備に石炭等を搭載・輸送したため給炭油艦と呼ばれる
1924年 3月19日〜佐世保港外にて沈没した潜水艦「第四三潜水艦」の引き上げ作業に従事
1933年日華事変勃発により備砲を装備する
また戦艦「土佐」の主砲塔を三菱長崎造船所から呉工廠へ運搬する
1937年〜日中戦争勃発のため、本土〜中国各地の輸送任務に従事
1941年12月〜太平洋戦争に参加。泊地間の重油輸送に従事
1942年10月 9日東京湾第二海堡付近で座礁。横須賀工廠にて修理を実施
1943年 1月25日トラック沖にて米潜の雷撃を受け損傷を負う
2月末に本土帰還後、6月まで修理を実施
       9月12日クェゼリン沖にて米潜「パーミット」の雷撃を受け航行不能となる
ルオットにて応急修理後、味方船に曳航され本土へ向かう
      11月13日本土へ向け曳航中、パガン島沖にて米潜「スコーピオン」の雷撃を受けるも損傷軽微
      11月25日佐世保に帰還。佐世保工廠および三菱長崎にて修理を実施(完了は翌年5月)
1944年10月 7日ミンドロ島沖にて米潜「コッド」の雷撃を受け損傷を負う
1945年 2月 1日修理のためシンガポールにて浮ドック入渠中、敵機の攻撃を受け沈没
       4月 1日除籍。船体は終戦後に浮揚解体となる
「襟裳」「襟裳」=北海道中央部南端に位置する襟裳岬から取った名称
1920年 5月 3日神戸川崎造船所にて起工
      10月28日進水
      12月16日竣工
1933年日華事変勃発により備砲を装備する
1937年〜日中戦争勃発のため、本土〜中国各地の輸送任務に従事
1941年12月〜太平洋戦争に参加。泊地間の重油輸送に従事
1942年 3月 4日蘭印攻略作戦にてバリ島方面にて蘭潜「O−15」(米潜「S−39」説もある)の
雷撃を受け大破。ビリトン島海岸に擱座し放棄される
1945年 8月15日放棄されたまま終戦を迎える
1947年 5月 3日帝国海軍編成廃止に伴い除籍。船体は解体処分される
「佐多」「佐多」=鹿児島県大隅半島南端の佐多岬から取った名称
1920年 3月 6日横浜船渠にて起工
      10月28日進水
1921年 2月24日竣工
1933年日華事変勃発により備砲を装備する
1937年〜日中戦争勃発のため、本土〜中国各地の輸送任務に従事
1938年頃潜水艦救難のための装備が搭載される
1939年 2月豊後水道にて沈没した潜水艦「イ−63」の引き上げ作業に従事(翌年春に完了)
1941年10月玄界灘にて沈没した潜水艦「イ−61」の引き上げ作業に従事(翌年1月に完了)
1942年 2月〜太平洋戦争に参加。泊地間の重油輸送に従事
       6月ミッドウェー作戦に攻略部隊の補給艦として参加
1944年 2月17日パラオ北方にて米潜「サーゴ」の雷撃を受け航行不能となる
味方船に曳航されパラオへ避難。応急修理を実施
       3月30日パラオ島にて米艦載機の攻撃を受け沈没
       5月10日除籍
「鶴見」「鶴見」=大分県東端の鶴御埼から取った名称。昭和40年以前の
水路図では「鶴見埼」と記述されていた
1921年 3月10日大阪鉄工桜島にて起工
       9月29日進水
1922年 3月14日竣工
1933年日華事変勃発により備砲を装備する
1937年〜日中戦争勃発のため、本土〜中国各地の輸送任務に従事
1941年12月〜太平洋戦争に参加。泊地間の重油輸送に従事
1942年 3月 1日ジャワ島西部沖にて蘭潜「K XV」の雷撃を受け損傷を負う
シンガポールにて応急修理後、同年5月呉へ帰還
       6月ミッドウェー作戦に攻略部隊の補給艦として参加
1944年 8月 5日ミンダナオ島にて米潜「セロ」の雷撃を受け沈没
      10月10日除籍
「尻矢」「尻矢」=青森県下北半島北東端の尻屋埼から取った名称
昭和37年ごろまでは「尻矢」と表記された
1921年 4月 7日横浜船渠にて起工
      11月12日進水
1922年 2月 8日竣工
1933年日華事変勃発により備砲を装備する
1941年12月〜太平洋戦争に参加。泊地間の重油輸送に従事
1943年 9月22日台湾北方にて米潜水艦「トリガー」の雷撃を受け沈没
      10月10日除籍
「石廊」「石廊」=静岡県伊豆半島南端の石廊埼から取った名称
1921年 9月 2日大阪鉄工桜島にて起工
1922年 8月 5日進水
      10月30日竣工
1923年 9月関東大震災に際し、品川方面にて救難任務に従事
1933年日華事変勃発により備砲を装備する
1941年12月〜太平洋戦争に参加。泊地間の重油輸送に従事
1942年 2月27日ヤルート出港直後、米潜「プランジャー」の雷撃を受け航行不能となる
曳航されヤルートへ引き返し、応急修理を実施(5月に完了)
       6月10日ヤルートからの帰還中、宮崎県沖にて米潜「ティノサ」の雷撃を受けるも損傷軽微
呉へ帰還後は、11月まで修理を実施
1944年 3月22日パラオ西方沖にて米潜「タニー」の雷撃を受け損傷を負う
洋上で応急修理の後、パラオへ入港
       3月30日パラオ島にて米艦載機の攻撃を受け擱座。船体は放棄され、その後沈没
       5月10日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,10,02(First Up 1999,09,22)