水上機母艦 能登呂

Seaplane Tender "Notoro"


能登呂
水上機母艦「能登呂」(1931年)
スペックデータ(水上機母艦への改修完了時)
排水量:(常)15,400t ボイラー:円罐・石炭専焼×2基 燃料搭載量:石炭 1350t
全長:138.68m
全幅:17.68m 主機:直立型往復動蒸気機関(3気筒3段膨張式)×1基、1軸推進
吃水:8.08m
出力:5,850hp
武装:
45口径12cm単装高角砲2基、40口径7.6cm単装高角砲2基、
(武装は計画のみで実際には搭載していなかった)
水偵8機搭載
最大速力:12.0kt
航続距離:不明
乗員定数:約250名
スペックデータ(特定修理(昭和12年)後)
排水量:(公)12,780t ボイラー:ロ号艦本式罐・石炭重油混焼×4基 燃料搭載量:石炭 1350t
全長:138.88m
全幅:17.68m 主機:直立型往復動蒸気機関(3気筒3段膨張式)×1基、1軸推進
吃水:8.08m
出力:5,850hp
武装:
40口径7.6cm単装高角砲2基、20mm単装機銃約20基
水偵8機(常用4機、補用4機)搭載
最大速力:12.0kt
航続距離:不明
乗員定数:324名

同型艦名(1隻)
能登呂"Notoro"

水上機母艦 能登呂について
 八八艦隊計画に応じて建造された給油艦「能登呂」型は全部で五隻が建造されたが、そのうちネームシップである「能登呂」と二番艦「知床」は後に別の用途向けに改造され給油艦ではなくなっているので、同型三番艦の名称を取って「襟裳」型とも呼ばれている(当サイトでは給油艦も「能登呂」型として記述してある)。
 海軍は「若宮」での水上機運用実績と航空機の著しい進歩などの実状により、「能登呂」を専用水上機母艦への改造を決定し大改造を行った。
 改造後の「能登呂」は水上偵察機を八機搭載可能となり満州事変などに参加したが、日華事変直前には天蓋を撤去し航空機輸送兼給油艦として使用されるようになっており、太平洋戦争では佐世保鎮守府に所属して主に南方方面への輸送任務に従事したが1943年にマカッサル海峡北にて敵潜水艦の攻撃を受け小破、修理後の同年9月にトラックにて再び敵潜水艦の雷撃を受け中破するなど大戦中期以降はほとんど修理を受けている状況であった。
 1944年6月にシンガポール沖で再び潜水艦による雷撃を受け航行不能となり、シンガポールにて修理中に敵機の爆撃を受け大破。それ以後は洋上燃料タンクとして係留使用され、航行することはなかった。生涯で三度も敵潜水艦の雷撃を受けつつも生還しており、幸運なのか不運なのか俄に判断しがたい艦である。

水上機母艦 能登呂の歴史
「能登呂」「能登呂」=岬の名称。樺太南端の西能登呂岬から取った名称
1920年 8月10日神戸川崎にて特務艦(給油艦)として竣工
1925年12月〜佐世保工廠にて水上機母艦への改造工事を行う。完了は翌年5月
1931年 9月 5日横浜港にて停泊中、ガソリンの爆発事故をおこす
1932年警備艦として上海事変に参加
1934年 6月 1日水上機母艦に類別。軍艦籍に編入
1937年日華事変(日中戦争)に参加
1939年特定修理を行い、給油艦能力を向上させる
1941年 7月搭載水上機を降ろし、母艦任務から退く
      12月〜太平洋戦争勃発。佐世保鎮守府に所属し各種輸送任務に従事
1943年 1月 9日マカッサル海峡北にて米潜「ガー」の雷撃を受け小破
       9月20日トラック島沖にて米潜「ハドック」の雷撃を受け中破
1944年 6月29日シンガポール沖にて米潜「フラッシャー」の雷撃を受け航行不能となる
      11月 5日シンガポールにて修理中に敵機の爆撃を受け大破
1945年 8月15日シンガポールにて係留されたまま終戦を迎える
      11月英軍に接収される
1947年 1月12日英軍により海没処分される
       5月 3日除籍


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,07(First Up 1999,08,04)