第1号型(一等)輸送艦

"No.1" Class (First Class) Amphibious Transports


第1号輸送艦
第1号輸送艦(1944年)
スペックデータ
排水量:(公)1,800t ボイラー:ホ号艦本式罐・重油専焼×2基 燃料搭載量:重油 415t
全長:89.00m
全幅:10.20m 主機:艦本式オールギヤードタービン×1基、1軸推進
吃水:3.60m
出力:9,500hp
武装:
40口径12.7cm連装高角砲1基、25mm3連装機銃2基、
25mm連装機銃1基、25mm単装機銃4基
最大速力:22.0kt
航続距離:18ktで3700浬
乗員定数:148名

同型艦名(22隻)
第1号"No.1"第2号"No.2"第3号"No.3"第4号"No.4"第5号"No.5"
第6号"No.6"第7号"No.7"第8号"No.8"第9号"No.9"第10号"No.10"
第11号"No.11"第12号"No.12"第13号"No.13"第14号"No.14"第15号"No.15"
第16号"No.16"第17号"No.17"第18号"No.18"第19号"No.19"第20号"No.20"
第21号"No.21"第22号"No.22"   

第1号型一等輸送艦について
 太平洋戦争中期、連合軍と日本軍との間にガダルカナル島をめぐる激しい争奪戦が繰り広げられた。
 このとき強行輸送船舶の不足に悩んだ日本海軍は昭和18年(1943年)に2種類の輸送船舶の建造を計画し、そのうち「特々」(特務艦特型の略)と呼称された高速輸送艦がこの「第1号」型である。
 駆逐艦を利用して細々と続けられたガ島への輸送作戦へ投入し敵の制空権下を突破、第一線へ強行輸送を行うことを前提に設計されたため、対空兵装が充実(といっても当時の他輸送艦に比べての話で、お世辞にも必要充分とは言えない)しており、艦後部へ向けてスロープ状になった甲板に水陸両用戦車または大発艇四隻と中発一隻を搭載、艦尾よりそれらを水面上へ降ろし発進させる仕組みとなっている。
 大戦末期には若干改造され甲標的・回天の輸送艦やスロープを利用した機雷敷設艦としても使用されたが、激烈な戦場で強行輸送作戦に従事したため終戦まで生き残った艦は少ない。
 なお、終戦後に生き残っていた艦の一部は特別輸送艦として復員輸送に従事したている。また甲板形状が狩った鯨を引き揚げるのに便利なことから捕鯨船として利用された艦もあり、終戦直後の食糧不足時に貴重な動物性タンパク源供給へ一役買っている。

注意!「この型は同型艦が多いため他のページとは年表の形が異なります。年月日は総て西暦表示です。」
 第1号型一等輸送艦の歴史
艦番竣工沈没場所・沈没原因除籍備考
'44. 5.10'44. 7.27パラオ諸島にて敵艦の砲撃を受け沈没'44. 9.10 
'44. 6.25'44. 8. 5父島にて荒天のため座礁沈没'44.10.10 
'44. 6.29'44. 9.15ミンダナオ島南方にて米潜水艦の雷撃を受け沈没'44.11.10 
'44. 6.15'44. 8. 4父島にて沈没'44.11.10 
'44. 8. 5'44. 9.14ミンダナオ島ダバオにて敵機の攻撃を受け沈没'44.11.10 
'44. 8.19'44.11.25マリンドゥケ島にて敵機の攻撃を受け沈没'45. 1.10 
'44. 8.10'44.12.27硫黄島東方にて米駆逐艦の砲撃を受け沈没'45. 3.10 
'44. 9.13'44.12.24父島南南西にて米駆逐艦の砲撃を受け沈没'45. 2.10 
'44. 9.20  '45. 9.15'45.10〜復員輸送に従事
'47年戦時賠償艦として米国
へ引き渡しするも、捕鯨船
として貸出される
'48. 6解体処分
10'44. 9.25'44.11.25マリンドゥケ島にて敵機の攻撃を受け沈没'45. 1.10 
11'44.11. 5'44.12. 7レイテ島オルモックにて敵機の攻撃を受け大破'47. 5. 3 
12'44.11.11'44.12.13東沙島東方にて米潜水艦の雷撃を受け沈没'45. 2.10 
13'44.11. 1  '45.11.20'45年復員輸送に従事
'47年捕鯨船として使用される
'47. 8. 8戦時賠償艦として
ソ連へ引き渡し
14'44.12.18'45. 1.15台湾高雄近海にて敵機の攻撃を受け沈没'45. 3.10 
15'44.12.20'45. 1.17鹿児島県開聞崎南方にて米潜水艦「タウトグ」
雷撃を受け沈没
'45. 3.10 
16'44.12.31  '45. 9.15'45年復員輸送に従事
'47年捕鯨船として使用される
'47. 8.29戦時賠償艦として
中国へ引き渡し。艦名を
「武夷(ウー・イー)」と改名
'54年台湾海軍除籍
17'45. 2. 8'45. 4. 2奄美大島にて敵機の攻撃を受け沈没'45. 5.10 
18'45. 2.12'45. 3.18名護湾沖にて米潜「スプリンガー」の雷撃を受け沈没'45. 5.10 
19'45. 5.16  '45.10 .5'45年復員輸送に従事
'46年捕鯨船として使用される
'47.11.20戦時賠償艦として
英国へ引き渡し。解体
20'45. 4.23  '45.10. 5'45年復員輸送に従事
'46.9.25澎湖島にて座礁
後に解体処分
21'45. 7.15'45. 8.10愛媛県津和地島にて座礁沈没'45. 9.15 
22    '45.6.23工程約8割の時点で
工事中止。後に解体
第21号輸送艦の沈没場所・原因については同艦に乗り組まれていた川内様から情報を頂きました。(2002,08,10)


検索画面に戻るときはブラウザの「戻る」等の機能を使用してください。 LAST UPDATE 2015,09,27(First Up 1999,09,16)